<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 02日

承前(その3)~『世相を斬る』≪ドイツ編≫

 グスタフ・フォスといふ名前を記憶していらつしやる方は今の時代にどれ程ゐるだらうか。私と同じ団塊の世代までだらうか。神奈川の栄光学園の初代校長で後に理事長を務めたドイツ人であり、栄光学園を育てた教育者、神父である。1933年に来日し、一度米国に留学、戦後再び来日(1990年逝去)。

 そのフォス神父と教育評論家の鈴木重信と恆存との鼎談「日本の教育・七不思議」も是非、現代の親たちに読んで欲しくて『世相を斬る』に収録した。これなど、文字通りそのまま現在の教育論、親論になる。例によつて引用を中心に記しておく。主にフォス神父の言葉であるが。

 ≪教育は明治の時代から政治のために利用され、場合によっては悪用されてきた。物質的に考えれば、その結果日本は近代化に成功しました。わずか百年の間に、あれほどの成績をあげたというのは、やはり人類の歴史上初めてだったと思います。しかし日本人はそこでずっと背伸びしてきたわけですから、例えばヨーロッパ文明の裏にある精神的なものを考える余裕がなかったのと同時に、日本の伝統的な文化に対しても関心を持たなくなってしまった。戦前は伝統的な価値がまだあったけれど、戦後になりますと、修身もダメ、教育勅語もダメということで、近代化に役立った物質的な考え方だけが残ったわけです。そういうところに入ってきた米国の民主主義は、あたかも一つの道徳、あるいは贋(にせ)宗教であるかのように信じられたということではないでしょうか。≫

 これに応じて、少し先で恆存が、「戦後教育では、国家意識を否定しなければ西洋流にならないというふうに思ったことは事実でしょう。国家を戦前の軍国主義と混同してしまって、国家という概念は古くて危険なものだというわけです」と応へる。昭和54年の鼎談だが、うんざりするほど、現代の発言だとしてもをかしくない。爾来30年余り、日本の伝統的文化は衰滅の一途を辿つて来たことは誰の目にも明らかだらう。

 この国では未だに国歌斉唱や国旗掲揚に纏はる議論が喧しいが、フォス神父に言はせれば、「私は今までいろんな国を歩きまわったけれど、国旗掲揚しない国は一つもない。ソ連だって当たり前のこととして揚げます。それとおかしいのは、例えば今、日本の高校の教科課程をみますと、国史という科目は自由選択です。取らなくてもよろしい。こんなことがあっていいのでしょうか(中略)米国なんか、私はカリフォルニアにいましたが、米国史を教え、またその州の歴史も教えます」と、つまり、自国の歴史は強制的にたたきこんで当然だといふわけだ(もちろん、自虐史観ではなく。私なんぞ、自分の国の歴史は思い切り美化してよいと思つてゐる!)。

 この国旗掲揚の話は、フォス神父が初代校長だつた昭和24年に高松宮殿下が栄光学園をお訪ねになられた時のエピソードとして語られるのだが、そのいきさつを鈴木氏が少し詳しく説明してゐる。

 ≪国旗を掲揚する、「君が代」を歌わせるということをフォス校長が言われたとき、職員会議で日本人の職員が難色を示した。占領下の今そんなことをすれば問題が起るというわけです。するとドイツ人である校長が、日本人の教育をやるのに国旗を揚げ国家を歌って何が悪いかと言って、非常な勇断をもっておやりになった。ところが、高松宮がみえるというので臨席していたデッカーという、横須賀に駐在していたアメリカの海軍司令官が、今の妙なる調べは何だという質問をしたわけです。あれが「君が代」という日本の国歌だと言うと、実に荘厳な立派な音楽だといって賞賛した。そして沢山の列席者の中で戦後久しく聞かなかった「君が代」を聞き、日の丸を見て一番感動して泣いたのが日本人の父親たちだった。日本人がやるべきことをドイツ人のフォスさんがやって、日本人が泣き、アメリカ人が感激した。これは象徴的な出来事ですよ。国家とか国旗とか言うと何か犯罪であるかのような意識が戦後ずっと、あったけれど、国歌を考えないところに一体民主主義はあり得るのだろうか。≫

 さう、今でも国歌や国旗が犯罪だとでも言はんばかりの言説が巷に流布され、大きな声で「君が代」を歌へる日本人は殆どゐない。爽快ですぞ、高らかに「君が代」を斉唱すると……。

 サッカー選手が君が代を歌つたとかなんとか言ふが、私に言はせれば、あの連中、まるで腰が引けてゐる。恰も正に罪悪ででもあるかのやうに、心もとない顔で口をもごもごさせてゐるだけ。その気が引ける分を誤魔化すのだらうか、左胸の日の丸(のつもりか)、あるいは日本サッカー協会のシンボル・マーク、八咫烏(やたがらす)のワッペンに敬意を表したやうな恰好で、左胸に手を当てたりシャツを掴んだり。実にすつきりしない。スポーツ選手だらうが、もつと正々堂々としろぃ、と言ひながら私はテレビでサッカー観戦をしてゐる。

 ついでに、大相撲の優勝力士、5年ばかり日本人が出てゐないのだから仕方がないが、日本人が優勝した時にはマイクから聞こえるくらゐの声で君が代を歌へ、お前の優勝を寿いでゐるのだぞ、国技の勝者よ。さもなくば、そろそろ国技の看板を下ろしたがよからう。と、言葉も荒く苛立つたところで、少々恥ぢながら(?)フォス神父の言葉に戻る。

 ≪言葉というのは心を育てるのです。ですから国語を軽んじれば、やはり日本の心というのは死んでしまうのです。≫

 心にしみる言葉だとは思ひませぬか。このフォス神父の言葉は国を守るといふ文脈で語られるが、前後の出席者の発言を並べる。「伝統を尊重することこそ、国民の教育として大事」「自分の国を尊重することができない人間に、よその国を尊敬したり尊重したりできるか」「自分は日本人だから日本が好きなのだという素朴な気持ちにどうしてなれないのか」「愛国心というのは結局自国の言葉を愛すること」等々。

 これらのことを自明のことと思へぬ人間が政治の世界にゐることが私には理解できない。教養とか知性とか、そんな大げさな理窟ではなく、素朴な市井の人間の感覚こそかくあるべきでもあらうし、逆説的に言へば、市井の人々にこそ知性も教養も備わつてゐるのだと私は思ひたい。それを破壊したのが戦後教育であり、国語政策であり、その結果、鈴木氏に「4、50年前の文学作品を読めないような国語教育をどこの国がやっているだろうか」と言はしめる。

 最後に鼎談の締めくくりになるフォス神父の言葉を引用する。

 ≪……子供の権利だ、権利だと騒がれるけれど、一般に日本では一つだけ権利が守られていない。それは子供には叱られる権利があるということです。≫

 この重み、如何ですか。フォス神父の著書「日本の父へ」は今や絶版ではあるが、ネットで古本を入手できる。子育てに悩む親世代に是非読んで頂きたい良書である。良書といふより、道標にすらなるのではないか、新潮文庫だつたと思ふが復刊を望む。
[PR]

by dokudankoji | 2012-02-02 18:42 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 01日

承前(その2)~『世相を斬る』から―大韓民国編

 昭和56年12月号の「Voice」に掲載された対談だが、相手は国会議員、申相楚(シン ソウソ)。ちなみに対談のタイトルは「日韓両国民への直言――相互嫌悪をどう越えるか」。当時のかの国の人々は皆、日本語はぺらぺら、そして複雑な気持ちを抱きつつも、私の付き合つたかぎり大の親日家が多かつた。申氏とは会ひ損なひましたが、氏も親日家の筆頭と思はれます。今からおよそ30年前、敗戦からおよそ35年後の言葉として噛みしめて下さい。

 申氏の言葉。≪私が痛感するのは、現在の日本があまりに平和に慣れすぎて国家の体をなしていないということです。「これでも国家だろうか」と私はしばしば思うんです。先年日本へまいりました時、京都産業大学を訪れたところ、学長がおっしゃったのですよ。「うちの大学は、祝日には日の丸を公然と掲げることを誇りにしております」とね。そんなこと、あたりまえじゃないでしょうか。わが国では、国旗はどこの学校でも毎日掲揚しております。教室の中にも、黒板の上に国旗があります。日本の国旗を日本の大学で掲揚する、そのあまりにもあたりまえな事をやるのが、どうして「誇り」なんでしょうか。国家のシンボルとしては、国旗のほかにもう一つ国歌がありますが、日本人は国歌を歌わないようですね、戦争アレルギーの一つなんでしょうが、全く不可解ですね。≫

 いかがですか、ただ「耳が痛い」といふ外ないとは思ひませんか? 今もつて何も変つていない。さらに氏は続けてかうおつしやる。

 ≪もう一つ不思議なのは、現代の国家は、要するに武力を独占している集団でしょう、ところが、日本は実際に武力を持っていながら、持っていないということになっている。日本国の憲法を見れば「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し」と書いてあって、それが国家成立の前提になっていますが、目下地球上には、公正と信義を信じられるような国家よりも、そうでない国家のほうが多いんだから、国家成立の前提自体がなっておらないと思う。少なくとも、武装しているということを公然と言えないような国家は国家ではない、と思いますね。≫

 耳が痛いのを通り越して、屈辱すら覚えませんか? しかも、30年後の今も何一つ状況は変化してゐない。

 昨日ブログで紹介したアメリカの記者にしても、この韓国の国会議員にしても、我々日本人よりも遥かに日本のことが好きなのではないかとすら思へるのです。好きだからゆゑの苦言直言ではないでせうか。そしてこれが正論でせう。否定、反論のしようがない。

 申氏の言葉を続けます。恆存が、日本ではソ連は脅威なりや否やの議論をしてゐるが、韓国では「北朝鮮は脅威か否かなんて議論やっていないでしょう」と水を向けたのに対して――

 ≪いやあ、ああいうバカな議論はやらんですな。あす攻めてくるか、あさって攻めてくるか、それが問題なのですから、脅威か脅威でないかなどということは誰も問題にしておりません。ところが日本は、平和に慣れすぎているために、そんな空疎な議論をやっているんじゃないでしょうか。ソ連軍に北海道ぐらい占領されたら、目が覚めるのでしょうが、そういうことがない限りは、まず駄目ではないかと思いますね。≫

 溜息が出ます。外国の人にここまで言はせてしまふ我が国はなんなのでせう。いや、これは昔の話で今は違ふとは言へないのが更に情けない、さうは思ひませんか? 尖閣問題・竹島・北方領土……全て奪はれても何も言へない、何も出来ないのがこの国なのです。北海道を奪はれ、沖縄までシナに食指を伸ばされても、恐らく「目が覚める」ことはないのでせう。

 ついでに更に辛い申氏の発言。≪……福田信之さんは西ドイツの例をひいて、「西ドイツの成長率がいまや鈍っているのは、西ドイツ人が勤勉に働かなくなってしまったためだ」とおっしゃったのですが、日本人だって今後もずっと勤勉でありつづける保証はどこにもない。生活水準が現在以上に上がって怠慢になってしまう、そういうことも考えられるでしょう。≫

 ここまで言はれると、かへつて清々しい。バブルに呆け、その後の20年余りも呆けに呆け、自堕落な歴史を刻んだ私達には申氏に返す言葉もありません。予言などといふものではない、まさに申氏は日本人をよく見抜いてゐたのでせう。この言葉に応へて、恆存がかう言つてゐます、≪日本人はね、これまでのような高度成長はできないとしても、経済的繁栄はこのまま永久につづくと思い込んでいるんですよ。≫

 自戒の念を込めて、わたしはこれらの言葉が当時30代の私に向けられてゐたのだと、今はさう思ひ、いや、今はそれがよく分かるのです。私たち団塊の世代の責任は大きい。戦後の「明るい」青春を謳歌したのも、少子高齢化社会を招いたのも、結局は国家と時代の歴史の必然かもしれませんが、今60代半ばになる団塊の世代こそ、その歴史を刻むのに最も手を貸したのではないでせうか。「友愛」とか「市民」などという、「美しい」言葉に踊つた人々ではないでせうか。

 最後に恆存の発言を一つ。≪申さんたちの世代が日本語を話すのは、日本が昔、それを強制したからですね。申さんたちの世代の責任じゃないんだ、それは。けれども、さっきおっしゃったように、日本語を話せる世代には知恵がありますよ。日本の悪い面もよい面もよく知っているはずだ。その知恵や知識を活用するのは、韓国にとってよいことじゃないですか。若い連中があまり偏狭なナショナリズムにとらわれていると、韓国のためを思って何かしようと思っている日本人までが愛想づかしをしてしまう。そういう話を私は最近あちこちで聞くんですよ。これは困ったことだと思いますね。
申 それはもう、私もよく分かっております。
福田 日本人の全てが悪人であるはずもないし、韓国人のすべてがいい人間であるはずもない……≫

 私は申氏の世代とも、さらに若い世代とも30年のスパンで演劇交流をしました。ノスタルジーに過ぎませんが、日本語を「強制された」世代の方たちとの交流がどれほど暖かみがあつたことか。日本への愛着、信頼、私個人への友情、仕事が終つて帰国時の別れともなると、彼らのやさしさに涙の出る思ひでした。それを、現代に引き継げなかつたのは、それを演劇の世界から外に広げられなかつたのは、やはり、これも時代と歴史の必然なのでせうか。古き良き時代を思ひ返しては、時に暗澹たる思ひに浸る今日この頃です。
[PR]

by dokudankoji | 2012-02-01 18:44 | 雑感 | Trackback | Comments(0)