<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 20日

出世払ひ

 知人から面白い(深刻な?)話を聞いた。余り具体的に話すと個人名が特定され、背景も見えてしまふので、A氏としておく。氏は若者を集めて「育て」てることに熱心な人である。先週末の一夜、奥方共々愉快な酒を飲んだが、話が「今時の若者」の話題に及んだ。

 言葉に対する鈍感さやら慣用表現が伝はつてゐないといふ話題になり、私が大学生の多くが「歯に衣着せず」とか「奥歯に物の挟まつた」といつた言ひ回しを既に知らないと話したら、A氏が笑ひながら、「うちの若い連中には食つて行けない奴もゐるわけですよ、で、金を貸してやる、さもないと飢え死にしかねない―千万を超えた奴もゐる。勿論、貸す時に『出世払ひだぞ』といふんだけどねぇ。すると相手が眼を輝かしてありがたうございますつて、安心したやうな顔をするんだよ」――

 そこまで言つて奥方と吹き出して笑つてゐる。何なんです、と私に尋ねられて、氏の曰く――「『出世払ひ』を勘違ひしてゐるンでね、自分が出世して偉くなることが、借金を返した事になるんだと思つてるんだよぉ、参つたね、これには」――私も釣られて大笑ひしたが、さて、このブログの読者の何割が、笑つてくれたか。何割が密かに辞書を引いたか……。

 読書量。それもあらうが、原因はそれだけではあるまい。たとへば出世払ひの例など、落語を聴くか聴かぬか、それだけで理解が違つてくるはずだ。パソコンや携帯でのメールへの依存。これも原因の一つになり得る。昨日だつたかネット上で、携帯がもはや「電話」ではなくなつたといふ記事を読んだ。多くの人、ことに若者が携帯をメールの手段として使ひ、殆ど電話はしないといふ。かういふ形での会話の減少も原因の一つではあらう。日本語が音を立てて壊れてゆく。

 会話の減少と書いたが、メールへの依存はただ単に言葉の減少を意味するには止まらない。メールに依存するといふ事は、本当の意味での言葉を、つまり文章を操る術を失ふことに繋がる。短い単語の羅列に過ぎぬメール、推敲といふことに縁のない単語の掃き溜めの如きメールを幾ら遣り取りしても、言葉の感覚は磨かれない。人間が人間である根つこに存在するはずの言葉を失ひ始めてゐる。日本人が日本語を失へば、日本人ではなくなる――つまり、何人でもなくなる、つまり、人ではなくなる……。

 当然知つてゐてよい言ひ回しを知らない原因は他にもある、もはや解決不能な原因が。昭和の後半から始まつた核家族化。さらにそれを越えて、現今の非婚等による孤立化(敢て一人暮らしとは呼ばない)がある。言葉は祖父母から孫へと伝へられて初めて過去に繋がると言つてもよい。大正生まれの祖父母と同居でき、その言葉を耳にして育つた人間は明治の言葉を聞いて育つことになる。

 明治十六年生まれの祖母と二十代まで共に暮らした私は江戸時代の曽祖父母の語彙を聞いてゐることは間違ひない。女中奉公をしてゐた祖母はどこやらのお屋敷で、客人として来た伊藤博文と言葉を「交はして」ゐる。祖母曰く「伊藤博文つて、いやらしいんだよ、お座敷であたしの手を握るんだから、やな奴」。かうして私には僅かなりと、明治はもとより江戸といふものが時間空間ともに身近なものとなる。歴史の伝達、過去の伝承、それらは案外この程度の些事から始まるのではあるまいか。

 出世払ひの「小噺」で笑へなかつた方は、江戸とはいはぬ、せめて明治大正、あるいは昭和前期の書物と付き合つて、慣用表現や語彙を増やすことをお奨めする。と、偉さうに書いてゐる私自身、必死でさうしてきたし、今や、恐るべきことに知つてゐたはずの言ひ回しを忘れまいと冷や汗物の毎日である。ブログを書きながらも、どこかにあるに違ひない、自分自身の言葉の誤用や思ひ違ひに戦戦兢兢としてゐるのだが。
[PR]

by dokudankoji | 2007-07-20 22:02 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(6)
2007年 07月 01日

お報せ

 前掲の記事「日本の文化人宣言」に関する事後報告のブログが「期間限定」で開設されました。
 
 日本からの宣言

 当分の間、随時更新と思はれます、ご覧下さい。
[PR]

by dokudankoji | 2007-07-01 00:58 | 雑感 | Trackback | Comments(1)