福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 31日

国宝――その1

 十月半ば、僅かの時間を見つけて上野の博物館へ行つた。勿論、目当ては菩薩半跏像。普段、なかなか美術館博物館の類に足を運ばぬ怠け者の私だが、この木像展、最初にその開催を知り、この菩薩像の写真を観た時から何があらうと行くと決めてしまつた。いはば一目惚れ。

 この半跏像、すでにご覧になつた方も多からうが、四囲のどこからでも見られるように周囲に十分の余地を作つて展示してある。おかげで正面、背後、左右とあちこち移動して見ることが出来る。そして、どこから見ても美しい。柔らかい。静謐で穏やかな面持ち、衣の掛かり方、全体の描く曲線、各々の部分が相互に生み出す角度、何を取つても美しいの一語に尽きる。

 自分がこの像の周りを何周したか、数へもしなかつたが、回れば回るだけ、新しいものが目に入つて来る。その間、この像との交流が出来たのかどうか、私には分からない。ただ、そこに生ずる一種の「交流」のみが文化財と付きあふことであり、その交流そのものを私は文化だと考へてゐる(人と人との交流も同じだと考へてゐる)。文化とはさういふものだらう、日常の行動形態そのもの。その延長にこのやうな文化財との交流もあれば、文学や音楽との交流もある。

 菩薩像に戻る。その背後に掛かる衣が背中で十字に交はつてゐるが、左肩から右下に流れる線は胴体から前方へ、右肩から流れる衣は左の腕に掛かり、背中の真ん中でのきりつとした袈裟懸けの交はり方と、バランスを少し崩したその流し方も見事なら、驚くべきことはその後姿から正面の姿が窺ひ知れるところだ。像の背後など大方はただの背中に過ぎず、正面との繋がり、一体感などなかなか窺へるものではない。が、この像はまさに生きてゐる。息をしている。背中を見ただけで、その精神が伝はつてくる。何度背後から正面の神々しい面立ちを眺めたか知れない。肩の線、首の線が表情を見せてくれるとしか言ひやうがない。

 像全体の統一感のためだらう。精神性、親和感、見る人を柔らかく受け止め受け入れる力まぬ強さがある。私は仏像はおろか、美術については全くの素人である。正直に言つて、私にはこの像の何が優れてゐるかを表現する言葉がない、能力がない。十一月五日の展示替までに是非ご覧になることをお勧めするしかない。必見といふ言葉を超えてゐるとだけ申し上げておきたい。

 追記
 ある方から教へて頂いた次のサイトで写真が観られます。
http://event.yomiuri.co.jp/2006/butsuzo/win/05.htm
[PR]

by dokudankoji | 2006-10-31 18:54 | 雑感
2006年 10月 22日

我は海の子・再説

 先日「我は海の子」を書いてから、気になつてゐることがある。七番までに出てくる漢字の幾つかを正確に読めない若者がかなりゐるのではないか。

 二番の「浴して」はまづ間違ひなく「ゆあみして」と読むだらう。それは、さう歌つて記憶したからさう読めるといふことだらう。

 となると、私のエントリーを読んだ方の中に、学校で歌はされなかつた四番の「百尋千尋」を「ひゃくじんせんじん」と読み、五番の「幾年」を「いくとし」、「赤銅」を「あかどう・せきどう」と読んだ方もあり得るといふことだ(ちなみに、「箱根の山=箱根八里」の「せんじんの谷」は「千仞」と書くのが普通)。

 もしも、小学校で、この唱歌を取り上げ最後まで教へてゐれば、さういふ誤まりはなくなるどころか、言葉の教育にもなるではないか。情操は言葉を通して育まれる。文語体にも親しめる。この歌が気宇壮大で、若者の大志を抱くことの清々しさを感じさせてくれるのは、歌詞が文語体であることに負ふこと大であらう。この唱歌を教へぬことで文科省は若者たちからどれだけのものを奪ひ去つてゐるのか。この喪失は人を人たらしめぬことにすら繋がるものではあるまいか。

 一番の「とまや」も苫屋となつてゐたら、「あ、さういふ字だつたのか」といふことにもならうし、教師が苫屋の意味を教へてやる機会にもなる。四番冒頭の「丈余」も授業で意味を説明してやれば、国語教育にもなる。「ろかい」は「櫓櫂」であることを知れば、歌舞伎に親しむ機会に恵まれた時、きつと役立つ。文語体に親しむ機会が子供の頃から少しでもあれば、歌舞伎や人形浄瑠璃どころか鷗外・漱石にも親しみやすくなる。

 しつこく書いておく。現代のダラケタ文体ではなく、文語体に、しかも美しい詩句に子供の頃から多く接する機会を作つてやるのは大人の義務と思ふ。それが人となりを形作り情操を豊かにし人間性を富ましめる。母語は民族の、個々人の背骨である。二千年の歴史を有するこの国の言葉の山脈(やまなみ)に触れさせることが、日本人を日本人たらしめる。

 唱歌をたかが一曲の歌と侮つてはいけない。音楽の授業を主要科目ではない、受験に役立たないなどと馬鹿にしてはいけない。音楽や数学が情操を富ましめること国語に決して引けを取らない。が、国語教育が情操教育であるといふ認識を国語教師のどれほどが持つてゐることか、大いなる疑念無しとしない。
[PR]

by dokudankoji | 2006-10-22 18:11 | 雑感
2006年 10月 18日

我は海の子

 今朝の産経新聞正論欄に文芸評論家の新保祐司氏が「蛍の光」の、戦後は歌はれなくなつた三番四番の歌詞に触れて、戦後日本がここでも歴史を喪失してゐることを難じてゐる。

 その歌詞は、
 三 つくしのきはみ、みちのおく   四 千島のおくも、おきなはも
    うみやまとほく、へだつとも      やしまのうちの、まもりなり
    そのまごころは、へだてなく      いたらんくにに、いさをしく
    ひとつにつくせ、くにのため       つとめよわがせ、つゝがなく
といふものである。

 これを軍国的とか戦争賛美とかいふ連中なぞと、私は付き合ふつもりもない。もちろん、この歌詞も明治の富国強兵策を鼓舞せんとしたものかもしれないが、我々が知つてゐる一番から続けて、あの曲に載せて歌つてみたらよい。アイルランドの哀愁を帯びた旋律と相俟つて国を愛することが美しき行為に見えて来よう。

 新保氏は「この形で歌われ続けていれば、北方領土の問題も、日本人の意識にもっと深く存在し得たであろう」と書いてゐる。先般のロシアによる我が国の漁船拿捕と乗員射殺についても、我々は遥かに深刻な事態として受け止めてゐたに相違ない。北鮮による拉致被害者の場合と同様に感じてもをかしくはないはずだ。既に世間もマスコミも(政府も?)あのロシアの横暴を忘れ去り、存在すらしなかつたことにしてしまつたかのやうに思へる。竹島然り、尖閣諸島もまた。

 ところで、同じく文部省唱歌「我は海の子」もまた、戦後後半部が歌はれなくなつてゐるのはご存じだらうか。本来は歌詞が七番まである。

 一番から挙げておく。
 一
 我は海の子白浪の さわぐいそべの松原に
 煙たなびくとまやこそ 我がなつかしき住家なれ
 二
 生れてしほに浴して 浪を子守の歌と聞き
 千里寄せくる海の気を 吸ひてわらべとなりにけり
 三
 高く鼻つくいその香に 不断の花のかをりあり
 なぎさの松に吹く風を いみじき楽と我は聞く
 四
 丈余のろかい操りて 行手定めぬ浪まくら
 百尋千尋海の底 遊びなれたる庭広し
 五
 幾年ここにきたえたる 鉄より堅きかひなあり
 吹く塩風に黒みたる はだは赤銅さながらに
 六
 浪にただよう氷山も 来らば来れ恐れんや
 海まき上ぐるたつまきも 起らば起れ驚かじ
 七
 いで大船を乗出して 我は拾はん海の富
 いで軍艦に乗組みて 我は護らん海の国

 この歌が歌はれなくなつたのも、「軍国主義的」な(!)最後のたつた一行ゆゑなのか。文部省唱歌の中でも私の好きな歌の一つだが、一番からその歌詞をよく読んでみてほしい。なんとも勇壮な、気宇壮大なそしておおらかな歌であることは誰の目にも明らかだらう。「我は海の子」といふ題と、一番や二番の歌詞だけでは、海辺で育つた子供の懐古的な歌に堕する恐れさへあるが、歌詞が進むに従つて少年が青年に、青年が国を背負ふ立派な大人へと逞しく成長する姿が雄々しく美しく表現されてゐるではないか。

 国民が自国を守ろうといふ気概を示した僅か一行の歌詞があるからといふ理由だけで、この歌の全体像を知らされず、新保氏流にいへば、それゆゑに我々は歴史を喪失し、雄々しさも逞しさも喪失し、海に囲まれた海洋国家の宿命すらも、そしてその宿命を背負ふ覚悟をも忘却しかねないのではあるまいか。
[PR]

by dokudankoji | 2006-10-18 23:25 | 雑感
2006年 10月 15日

『源氏十二段』――岡崎の素浄瑠璃

 牛若丸が奥州への徒次、岡崎に投宿した折り契りを結んだ浄瑠璃姫との悲恋の物語が、その後街道筋で語られたのが、そもそもの浄瑠璃物語の始まりで、それに人形が付いたのが今の人形浄瑠璃だといふ。つまり「浄瑠璃」といふ言葉の由来はこの姫の名から、そして姫の名は経典の文字に由来するさうだ。

 その悲恋物語が『源氏十二段』といふ名で残り、それを近松が五段ものにしたといはれてゐる。真偽のところは更なる研究を俟たねばなるまいが、竹本住大夫と三味線の野澤錦糸が数年がかりでこれを復刻した。これには岡崎市の呉服組合を始めとする多くの人々の努力があつてのことである。

 昨十四日、その素浄瑠璃の復刻上演を岡崎に聴きに行つた。作品そのものは素朴で骨太、良くも悪くも、時代を経るうちの改作による練りに練つた結果の洗練度には欠ける。クドキとかチャリ場もない。

 一昨年復刻された三段目が牛若と浄瑠璃姫の出逢ひと契りまで。今回の四段目が悪党籐太による姫への横恋慕と殺害の場、そして五段目の奥州から戻つた牛若の悲しみと姫の墓前で祈る牛若の前で墓石が割れて姫が姿を現し、薬師如来の化身であると明かして、牛若に平家を滅ぼして太平の世をなせと命じ姿を消して終る。

 しかし驚いたのは、錦糸の作曲も住大夫の語りも見事に古典の作品となつてゐることだ。住大夫の弟子の文字久大夫も、しきりにそのことを言つてゐた。「自分は(四段目の冒頭十分ほどを語るのだが、)どうしてもさらさら滑つてしまふ」と。確かに気の毒ながら、聴いてゐても捉へどころなく薄味なのである。(ただし、文字久大夫の名誉の為に付け加えるが、中堅の大夫でまともに真面目に芸と向き合つてゐる大夫はさうはゐない。いつも爽やかな語りを聞かせてくれる。これは人柄のしからしむる所と、私は睨んでゐる。大成を望む。)

 それが住大夫に代わつた途端、まるで別の作品を聴いてゐるやうな心持になる。上演後の呉服組合のパーティで住大夫師匠にそのことを話すと、自分ではまるで駄目だつたとのたまふ。演じた当人の気持ちはその通りであらう。他の古典と違ひ、一度も客の前で語つた事もなければ、十分な稽古が出来たと安易に満足する人柄でもない。錦糸の作曲が如何に素晴らしくとも、あらゆる意味で、いはば新作物を初めて客の前で人形もなく語るわけだ。

 いかな名人とて不安を感じぬわけがない。語りながら、おそらくは駄目だ駄目だと思ひ続けてゐたのではあるまいか。ご本人は新作物に聴こえてしまはなかつたか、随分気にしてゐたが、新作どころの話しではない。師が常々口にすることだが、「基本に忠実に」、ただそれだけを心掛けて語つてゐたに相違ない。結果は、古典も古典、浄瑠璃作品の新たな復活を見事に成し遂げてゐる。おそらく十年前、二十年前の住大夫ではここまで到達しなかつたのではないか。

 であるからこそ、今、五十代六十代七十代の大夫達に、私は歯がゆさと絶望を感じながらも頑張れと声を掛けたくなる。住大夫師は八十を越えて現在なほも進化形なのだ。どこまでも、一公演ごとに深みを増してゆく。人形遣ひの亡き玉男師匠のこともある、後輩達はこの先達の元気なうちに、その真摯な芸への精進に見習ひ、教へを乞ひ、少しでも上達したいと、どうして思はないのか。

 ともあれ、今は住大夫師の健勝を祈るばかりである。師匠は今月二十八日、国立劇場で「寺子屋」を語る。一時間半になんなんとする大作に、住大夫師匠は私の顔を見るたびに「しんどいでつせ、最後まで勤まるか不安で…」と美しい大阪弁で仰る。この不安を乗越えようとする住大夫に挑む大夫は出てこないのか。

 「寺子屋」は確かに山場だらけの、しかもその山がそれぞれに異なり、芝居の流れの緩急も激しく変化していく大作中の大作である。歌舞伎役者が一人で一つの役をやつても、少なくとも松王丸と源蔵の二役だけでも相当の体力を消耗するはずだ。それを一人でその他の役から地の文まで含めて一時間半近く語り続けるのだから、並大抵のことではない。いかにも不安さうに「しんどいでつせ」といふ住大夫の心中察するに余りあるが、私は二週間後を楽しみに指折り数えてゐる。多くの方に聴いて頂きたいと思ふが、座席は発売当日即日完売だつたといふ。住大夫への期待の大きさが分かるといふものだ。

 蛇足ながら、『源氏十二段』を改作し人形もつけ、三業一体の復活を楽しみにしてゐるが、それには住大夫に後十年は現役でゐてもらはねばなるまい……。
[PR]

by dokudankoji | 2006-10-15 10:42 | 雑感


    


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項