<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 28日

A級戦犯は永久戦犯!?

 私は戦後史、法律、政治、どれをとつても門外漢だが敢へて書く。
 小泉首相の靖国参拝「内政干渉」発言以来、武部幹事長の発言もあつて、再びA級戦犯合祀問題が騒がしくなつてきてゐる。

 朝日新聞(ばかりではないが)の報道によると、森岡正宏厚生労働政務官が26日、自民党代議士会で、「極東軍事裁判は、平和や人道に対する罪だとかを占領軍が勝手に作った一方的裁判だ。A級戦犯の遺族には年金をもらっていただいており、日本国内ではその人たち(A級戦犯)はもう罪人ではない」との考へを披瀝したとのこと、さらに、「中国に気遣いして、A級戦犯がいかにも悪い存在だという処理のされ方をしているのは残念だ。日中、日韓関係が大事というだけで、靖国神社にA級戦犯がまつられているのが悪いがごとく言う。こういう片付け方をするのは後世に禍根を残す」とも指摘したといふ(5月27日朝刊)。
 朝日新聞は、さも問題発言と言ひたげである。しかし、政務官の発言は、もつともな発言、余りにもまつたうな発言に過ぎぬではないか。それどころか、既に散々「禍根を残して」来たではないか。

 さらに、朝日は早速、牽制球を奥田経団連会長に投げさせてゐる。いはく、靖国神社に「A級戦犯が入っているか入っていないかということについて、改めて日本として考えなければならない」、続けて、合祀問題検討の必要ありと表明したとか。要はトヨタの車が売れればいいのだらう、さう言ひたくなる。

 そもそも、東京裁判は戦勝国の見せしめ・報復裁判であつて、①事後法に基づき、②いはゆる戦犯も国内法によつて裁かれたのではなく、③裁判の受諾は刑執行の受諾に過ぎない。これらのことは今まで再三言はれてきた。
 それよりもさらに重要なことは、これまた再三言はれてきたことかもしれぬが、主権回復がなつた後、昭和27年から30年の国会において、再三にわたる論議の末、国民大多数の強い後押しもあつて(署名約4000万)、生存せる「戦犯」の釈放を決議し、A級戦犯として処刑された7名も含めて全刑死者を全会一致で「公務死」と認定してゐる。
 
 要するに、敗戦国であれ、万が一に日本国が単なる侵略的帝国主義国家であつたとしても(そんなことは絶対にありえないが)、独立回復後、我々の先達は自らの手でいはゆる「戦犯」の名誉回復を立派に挙行したのだ。ついでに言へば、A・B・C級戦犯の釈放については、サンフランシスコ講和条約(の押付け)11条に従つて、戦勝国の許可(赦免)があつた上でのことですらある。
 
 我が国の歴史として考へようではないか。かの大戦において、我が国に何の瑕疵もないとは言はぬ。だが、極東軍事裁判を受け入れ、処理する苦難の道は遥か昔、高度経済成長の前に乗り越へてゐるのだ。刑死した軍人・政治家達は刑の執行を以つて、(もし罪ありとせば)その罪をあがなつてゐるのだ。
 墓を暴くやうな、あるいは安らかに眠れる御霊に鞭するやうな行為を、苦しみぬいた父祖に向つてすることが許されるとでもいふのか。後から生まれた人間に、さういふ傲慢な行為が許されるとでもいふのか。それ程尊大になれる程、我々は崇高な存在か。現今の我が国の道徳的退廃、秩序の崩壊、知性の喪失、どこから考へても我々は恥を知るべきだ(勿論、他国に対してではない、国を思つて戦ひ散華した父祖の世代に、である)。
  
 ところで、先に述べた戦勝国には、中華人民共和国は絶対に入つてゐないわけだ。何を今更一体何の「権利」があつて他国の教科書や靖国参拝に口出しするのか。口出しをして、小泉の「内政干渉」発言に呉儀副首相を帰国させ、一方で王毅駐日大使が収集に躍起になつてゐる。すると、日本政府もそれに応じて穏やかにならうとする。
 面白いのは、この両政府なれあひのやうなマッチポンプ。強気の発言をしては「友好が大事」と慌てて穏やかになる。
 
 どうして、我が政府は強気で押せぬのか? 前にも書いたが、サッカー以来、あちらは失点だらけなのだ。ドタキャン帰国など、国交断絶ものであらうが。騒いでゐるのはあちらの政府と朝日新聞とNHKを筆頭としたマスコミだけである。かの国の一般国民は何も知らされてゐはしない。胡錦濤主席は未だ軍を完全には把握していないらしい。

 としたら、なほのこと我が国にとつては先手必勝のまたとない機会であらう。強気に出ること。大使館を破壊し日本人を襲ふ暴動のある国などに財界は投資せぬこと、新幹線の技術など教へてやらぬ、ビザは万博の終るまでで打ち切る、オリンピックの返上を進言して差し上げる、国連など何の力もありはしないのだから、常任理事国入りもしなければ金も出さぬ、その位の心持で対すれば、あちらの態度は必ず変はる。それが力学といふものだ。その代わり我が国民も経済的に何がしかの我慢をする必要は出て来やう。それに耐へる程度の気概は持ちたいものだ。

 それが出来ぬ、この、敗戦以来のトラウマとなつてしまつた弱気・弱腰こそ、昨今の日本崩壊の元凶に他なるまい。歴史問題・靖国問題・教科書問題・・・・・・全てはそこに根つ子がある。A級戦犯合祀は許せぬなどと支那・韓国に言はれると、直ぐに迎合するマスコミ・政治家・財界人。これは売国奴としか呼びやうがない。ひよつとして国家転覆でも考へてゐるのか。いやいや、そんな豪胆な者など一人もゐやしない。

 未来志向の国交といふなら、60年も昔のことを、しかも上記の如く我が国では既に決着してゐることなのだ、その事実を堂々と海外に発信すればよい。それだけのことではないか。きちんと諸外国に説明する。しないのは政治家の怠慢とマスコミの底意ある作意である。懸案となつてゐる教科書問題、南京問題、靖国参拝問題、全て、きちんと外務省が全世界に説明すべきなのだ。さうすれば、A級戦犯合祀問題も、永久に葬り去られること必定であらうが。

(なほ、戦犯の名誉回復については、遠藤浩一氏のブログ「覚書」に詳しい。是非そちらをお読み頂きたい。)
[PR]

by dokudankoji | 2005-05-28 00:50 | 雑感
2005年 05月 27日

朝日新聞愛読者の一人として

 最近幾つかのブログを拝見してゐて、ふと考へた。実に多くのブログが朝日の否定的「愛読者」なのである。といふことはだ、ブログを開設してゐない方の中にも、相当数のアンチ朝日でありながらウォッチングのために購読してゐる方達がいらつしやると考へて良いのではないか。とすると、公称何百万部か知らぬが、朝日新聞購読者のうち、ン十万人、ひょっとすると百万くらいのウォッチング読者がゐるかも知れないではないか。

 ことに「朝日 vs. NHK」問題以来さういふ読者の割合は増へこそすれ減つてゐるはずはない。朝日新聞も、公称(自称)の部数を少し割り引いて考へたら如何か。そして、その現実を座視することが朝日の「死に到る病」たり得ることも。

 「新しい教科書をつくる会」のシンポジウムで古森義久氏が凡そ以下のやうな発言をしてゐた、「朝日新聞は有難い存在で、朝日が書くことの逆を考へれば、大体正しい意見になる」と。大賛成である。私も何十年もさうやつて読んでゐる。いつでも殆どその通りだつたと断言して間違ひない。
 ただし、テレビの番組欄、スポーツ欄、日の出日の入りの時間あたりは信じても間違ひなからうが・・・。
[PR]

by dokudankoji | 2005-05-27 03:38 | 雑感
2005年 05月 25日

案の定

 前の記事で、支那は我が国を重要視してゐると書いた。案の定ではないか。呉儀副首相は、国際儀礼もものかは、あはてて逃げ帰つた。推測するに、小泉首相との会見で下手なことは言へぬ、そこで本国から急遽ドタキャン帰国を命ぜられたのであらう。
 そりや、さうだ、会見に臨んで、「靖国参拝は困る」と発言すれば、恐らく小泉は「干渉してほしくない」と言はざるを得なかつただらう。さう出られたら呉副首相はどう答へていいか大いに悩んだはずだ。
少なくとも、さういふ状況に陥る可能性は十分あつた。その危険を避けるために逃げ帰つたとしか思へない。我が国を侮辱したことはさておき、彼の国が相当慌てだしてゐるやうに、私の目には見へるのだが、間違つてゐるだらうか。あちらは事を荒立てたくないと思ひ、あはてて帰国したのだらうが、そのことが、どれ程国際的な信用を失ふ行為であるかにさへ、思ひを致す暇がなかつたと思はれる。
 日本とのサッカー試合の不祥事以来、支那は失点続きではないか。反日デモ(テロ)といひ、海外に与へた、異様な国家(共産党一党独裁国家)であるといふイメージダウンには計り知れないものがある。
[PR]

by dokudankoji | 2005-05-25 02:51 | 雑感
2005年 05月 22日

朝日新聞に借問する

 朝日新聞が5月18日の社説で小泉首相の靖国参拝発言を取り上げてゐた。首相の「どの国でも戦没者への追悼を行う気持ちを持っている。どのような追悼の仕方がいいかは、他の国が干渉すべきでない」「A級戦犯の話がたびたび論じられるが、『罪を憎んで人を憎まず』は中国の孔子の言葉だ」といふ衆院予算委での発言に噛みついた(つもりらしい)。
 朝日の言説に従へば、中国や韓国は「A級戦犯がまつられている靖国神社への参拝は絶対にしないようにしてほしい」と繰り返し求めてきた、のださうだ。さらに読み進むと、「欧米のマスメディアからも疑問の声が出ている」らしい。

 今更の言辞を弄すると言はれさうだが、今更ながらにしても一度は言つておきたい。A級戦犯を分祀すれば、支那と韓国は黙るか? 二度と靖国問題を「歴史カード」として使はぬ保証でもあるのか? 朝日新聞が保証してくれるのか。当該二国が保証するとでも、裏でこつそりチョーニチ新聞に囁いたか。
 
 万が一、分祀などしてみるがいい、次にはB級C級と止め処なく際限なく言ひ募り、彼らは永遠に「歴史カード」を切つてくる。「従軍慰安婦」にせよ「強制連行」にせよ、我が国が「お詫びと反省」を続ける限り、彼らはこちらから差し上げた切り札を切り続ける。これらを切り札に出来るといふルールを作つてしまつたのは我が国なのだから。
 いや、もつと言へば、朝日やNHKが近隣諸国に御注進に及び、御注進されてしまつては抛つて置くわけにも行かなくなつた支那・韓国が、ある日これはいい手だと気が付いて、以来「歴史カード」が始まつた。そもそもルール作りに精を出したのは日本のマスコミ。
 いづれにしてもルールは出来てしまつた。支那としても恐らく本音ぢや余り切りたくない切り札に相違なく、それが証拠に、今回の官製反日デモのお見事なまでの収束振り。彼の国が我が国を重要視してゐる証拠ではないか。

 ついでながら、そこまで考へて小泉は上の言葉を吐いたのだらうか。それなら小泉も見上げたものだ。一時の苛立ちからだとしたら、これも何をかいはんやである。そこまでまともな首相であれば、はなから8月15日参拝の公約を破りはすまい。13日への前倒し、4月の例大祭、元旦と、年を追ふに従つて曖昧になる参拝をされては、何を今更の感がする。最初に公約通りに参拝し、支那や韓国がクレームをつけたら、すかさず「内政干渉だ」と言ふべきだつた。
 教科書問題も然り。領海侵犯があつたら正式に抗議をし、北鮮にいい加減な遺骨を渡されたら即刻経済制裁をすればいいのだ。矜持を示す、いざとなれば毅然として我が国の意志を「行動」に移す、それで事はすむ。人間といふものはさういふものだ。国家と国家も同じ事。
 「言葉を行動で示す番だ」と支那のお方も言つたぢやないか。今や、沖ノ鳥島へ行つて日の丸を振つた石原都知事の行動は、支那では日本の稀有なる英雄として賞賛・尊敬の的に違ひない。

 話しを朝日新聞に戻す。今回の社説は、どうみても新たな御注進だらう。あるいは、提灯記事。よほど支那に媚びたいのだらう、こんなことも書いてゐる。(小泉首相自身が金大中大統領に靖国の代替施設建設の検討を約束したが)、「結局、自民党や靖国神社、遺族らの反対で…頓挫した。だからといって中国や韓国の人々の理解を得ようとする努力をやめていいはずがない」と。
 冗談言つてはいけない。我が国が何をし、どう語れば彼らは満足な「理解」とやらをしてくれるといふのか。そこを説明してもらいたい。そもそも私の考へを理解せぬ人間は我が国にすらゴマンとゐやう。まして国家間の理解などさうは簡単に成立するものではない。(テレビ朝日の愚劣きわまる「朝ナマ」のだらけた言説の垂れ流し――議論と呼ぶに値せぬ言葉の浪費をみれば、「理解」が如何に難しいことかは明白であらう)

 相互に「理解」出来ると思ふ傲慢が(欺瞞が)「歴史認識の共有」などといふ愚かな言葉を生み出すのだ。賭けても良い、いかなる国家間においても、「歴史認識の共有」など絶対に出来ない。出来るのは「歴史に対する認識の違ひ」の認識である。さらに言へば、私は歴史を認識の対象と考へた事は一度もない。歴史が私を認識するかしないかは、あるだらう。私に出来るのは歴史に学ぶこと、それだけである。歴史が人間を型造るのであつて、人間が歴史を創るのではない、まして認識するのではない。歴史が我々を育むのだ。

 しかし、どうやら朝日新聞は歴史に学んでゐないらしい。教科書問題の発端となつた1982年の「侵略を進出と書き換へた」教科書ありといふ誤報に関する頬被りやサンゴ礁の捏造記事などといふ古い話しまで持ち出すまでもなく、ホンの三月余り前の「NHK番組改変問題に関する虚偽報道問題」、あの悲しくも恥ずかしき「虚勢報道」といふ「歴史」すら健忘症的に忘却の彼方に投げ捨て、恬として恥じないのだから。(これは勿論NHKにも言へる事であらうが)
 裁判沙汰にするとまで息巻いた、朝日のあの時の興奮はどこへ行つてしまつたのか。私は裁判の始まるのを今か今かと楽しみにしてゐる。

 くだんの社説は、以下のやうに結ばれて終はる。「首相の言葉は威勢がいい。しかし参拝を続けることで失われる国益については何も語っていない。『過って改めざる、是を過ちと謂う』。孔子はこういっている。」ならば、朝日のこよなき愛読者としてはかう申し上げておかう――いつも朝日は威勢がいい。しかし虚偽報道に頬被りを続けることで失はれたマスコミの信用失墜については何も語らうとしない。「過つて改めざる、是を過ちと謂ふ」。孔子はかう言つてゐる――と。ちなみに社説の見出しは「孔子が嘆いていないか」となつてゐた。
[PR]

by dokudankoji | 2005-05-22 02:04 | 雑感
2005年 05月 12日

「つくる会」の歴史教科書

 暫くのご無沙汰、申し訳ない。連休中ずつと仕事に追はれてゐた。一つは、「新しい歴史教科書をつくる会」のシンポジウムに向けて、教科書問題あるいは中韓の反日騒動に関する海外(英米)の報道振りを調べてゐたのだ。
 勿論、それらがあまりに酷いものだといふことは周知のことだらう。多くは事実に則した報道に違ひないが、こと「従軍慰安婦」「強制連行」「大虐殺」となると、殆ど全ての報道が、それらが存在したといふ前提(思ひ込み)に立つて記事を書いてゐるのである。

 これについては、既に国内では多くの研究がなされ、事実誤認であつたり、伝聞に過ぎなかつたり、時には捏造ですらあつたことがこの十年ほどの間に、かなり証明されてきてゐる。最近では東中野修道氏の「南京事件―証拠写真を検証する」が、見事な説得力を持つて、今まで証拠とされて来た写真に証拠としての信憑性が全くないことを見事に「証明」してゐる。

 上記、海外報道がいかなるものかは、いつか時間を見つけて、この備忘録にも書けたらとは思つてゐる。しかし、いい加減なことは書きたくないので、いつとはお約束できない、あしからず。

 ところで、前記事(樋口中将)で触れた扶桑社の歴史教科書中の近現代の英訳版だが、10日に「つくる会」の申し入れで外国特派員協会で記者会見が行はれ、そこで海外の特派員を中心に配布された。会見の内容が下記のHPで動画によつて見られるので(約45分)、是非ご覧頂きたい。「つくる会」がいかにまともな会であるかお分かり頂けよう。

http://www.videonews.com/

 今日は、取り敢へずここまで。14日、金沢でのシンポジウムの準備が残つてゐる。また、近々チャンネル桜の遠藤浩一氏のコーナーで、教科書検定、海外報道、樋口中将などの話をすることになつてゐる。 シンポジウムと大体同じ内容になる予定。
[PR]

by dokudankoji | 2005-05-12 02:52 | 雑感
2005年 05月 01日

畏怖すべき愛すべき歴史

 福田の家の墓は大磯の妙大寺といふ日蓮宗の寺にある。隣に(といつても失礼なことに我が家の墓がお尻を向けた格好で隣り合はせなのだが)高校以来の畏友T君の母方の実家の墓が並んでゐる。樋口家之墓。
 T君のご母堂は去る三月に急逝、咲き始めた春の花を待つてゐたかのやうに天寿を全うされた。高校から大学時代まで、よく遊びに伺つてはご迷惑ばかり掛けてゐたのだが、何時も我々悪餓鬼共をやさしい笑顔で迎へて下さつた。もう一度お会ひしておけばよかつた、最近人が逝く度に後悔してゐるが、T君のご母堂についてはその思ひが一入である。

 そのご母堂のお父君は、樋口季一郎中将。今やその名は殆ど忘れ去られてゐよう。
 杉原千畝の名なら、知つてゐる方も、あるいはどこかで聞いたといふ方も多いのかもしれない。さう、いはゆる日本のシンドラーと言はれた人物である。ドイツ軍に追はれたユダヤ人達がリトアニアの日本領事館に押し寄せ、シベリア、日本経由でアメリカに脱出しようとしたことがある。
 彼らを救ふため、杉原は徹夜で手書きの日本入国ビザを発給する。ためにその手は腫れ上がつたといふ。救はれたユダヤ人の総計は6,000人。1940年のことであつた。

 もう一人の、日本のシンドラーが樋口少将(当時)である。時はさらに二年前の1938年。やはりナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人難民の一団がシベリア鉄道のオトポール駅にビザを持たずに逃れてきた。日本はドイツと友好関係にあつたにも拘らず、知らせを受けた、時のハルピン特務機関長樋口季一郎少将は、これは人道問題であるとして、満鉄に依頼して救援列車を次々に出し、上海などへの彼らの逃亡を援けた。
 当然ドイツは外務省を通して抗議してくる。が、関東軍は「日本はドイツの属国にあらず」として、樋口少将の措置を認め、結果として数千人のユダヤ人が救はれたといふ。

 この種の、我々日本人が誇るべき戦時中の逸話を、戦後世代の私たちは東京裁判史観(自虐史観)=「日教組教育」ゆゑに、何一つ知らされずにきた。祖先への恥ずべき裏切り以外の何物でもない。

 戦争といふものはそもそも理不尽な、不条理な営みであることは言ふまでもない。戦争に携はつた国家は、勝者敗者の区別無く大国小国の違ひも無く、否応無しに手を汚す。残虐非道の振る舞ひもせぬわけが無い。
 が、一方、戦争ほど、人を崇高な行為へと向はしめるものもまた少ない。シェイクスピアの歴史劇でも紐解くが良い。そこには、戦時におけるありとあらゆる裏切り、不正、卑劣、残虐とともに、友情、信義、誠実といつた、あまたの崇高かつ英雄的行為も描かれてゐる、人間の最も美しい姿が描かれてゐる。

 私は軍人樋口季一郎、外交官杉原千畝に心から畏怖の念を抱く。二人の崇高かつ人間愛に溢れた行為が戦後イスラエル政府から讃へられたのは当然のこと、我々日本人はかかる偉人を祖先に持てたことを誇らなくて、どうするのか。彼らの行為ほどに美しく尊厳に溢れた行為がまたとあらうか。戦争とは時として、かくのごとく後世の人々の範ともなる逸話を残してくれるのだ。

 そして――このような逸話を事細かに掲載してゐる中学歴史教科書は扶桑社版の「新しい歴史教科書」をおいて他にあるまい。上の記述は殆ど同書の受け売りである。その他にも台湾の灌漑に力を尽くした八田與一、伊藤博文の業績・・・上げれば切がない。読み進めるうちに自づと我が国への愛着と誇りが沸いてくる。
 これが、当たり前の教科書であらうが――自国への愛情と誇り。

 支那や韓国の言ふことを鵜呑みにする欧米のマスコミ対策として、このほど同書の近現代史の部分の英訳が出来た。殆ど問題の無い見事な英訳だつたが、慎重を期するため、私と知人の米国人の二人で遺漏がないか、さらに詳細なチェックをした。お陰で私は今までにも増して、日本の歴史を誇り愛せるようになつた。一人でも多くの子供たちがこの教科書で歴史を学ぶことを切に祈る。


 話は戻るが、いつか自分もまた樋口中将と同じ寺に眠ると想像するだけでも心楽しくなる。
 樋口中将の愛娘、つまり我が友人のご母堂は晩年私家版の歌集といふか、自伝をお書きになつた。そこには、とても穏やかな気品に溢れる歌が散りばめられてゐる。私の気に入つたものの中から二首――
   安らかに逝きたる兄のかんばせは 父とも見ゆる母ともみゆる
   死の予告受けたる夫に背を向けて 嗚咽怺へし一夜忘れず

 ちなみにこの私家版自伝のタイトルは「花の下なるそぞろ歩きを」といふ洒落たものだが、これは、戦地に赴いた御夫君が比島から送つて寄こされた遺書代はりの手紙に認められた一首――
   いつ迄も忘れざらめやアカシアの 花の下なるそぞろ歩きを
から取られたといふ。恐らくは返歌のおつもりであろう次の一首で同書は締め括られてゐる――
    亡き夫と造りし庭の真盛りの 花に噎せつつけふも憩ひぬ
素晴らしいご夫婦であつたに相違ない。ここにも畏怖すべき愛すべき歴史が厳然として、ある。
[PR]

by dokudankoji | 2005-05-01 01:40 | 雑感