福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 16日

竹島が日本の領土!?

 中学社会科の新学習指導要領解説書に、竹島について「韓国との間に主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同様に我が国の領土・領域について理解を深めさせることも必要」と、何とも不得要領な表現がなされたとか。

 韓国による所謂「実効支配」は、武装警察隊によるものなら半世紀以上、有人灯台や接岸施設等の設置からでも十年以上が過ぎようとしてゐる。その間、つまり半世紀余りの間に、この国の政府がしたことは「不当支配」への「抗議」の他は、領有問題を国際司法裁判所に付託することの韓国側への提案しかしてゐない。

 そこに重ねて、今回のふやけた解説書の登場と来た。それが外交的配慮といふなら、是非教へてもらひたい。配慮した結果、何が得られるのか。成算でもあるのか。「人の嫌がることはしないものだ」と分つたやうな口を利く首相が、韓国の嫌がることはしないやうにと配慮した結果は、見ての通り、「深い失望と遺憾」と駐日大使の一時本国呼び戻しのみを相手側から引き出した。恐らく、またもや反日騒ぎが起こるだらう。大した外交力ではないか。

 領土問題を半世紀に亙つて解決できず、抗議と国際司法裁判所頼りしか手立てがないとしたら、もはや、その領土は手放したといふことだらう。外交力、経済力、武力、何を使つてもよい。それを、戦ふ時に戦はず、相手の善意のみに期待してゐるのなら、それは自ら敗北を招いたといふだけのことだらう。

 さう、この国は負け続けてゐる。北方領土で、尖閣列島で、東シナ海油田で、拉致問題で。なぜか、答は簡単明瞭。実は首相を含め政治家に何の責任もありはしない。責めを負ふべきは我々国民に他ならぬ。国民が、実は竹島などどうでもよいと思つてゐるからに他ならない。拉致被害者が帰らなくとも、どうでもよいと思つてゐるからに他ならない。

 自国の領土は武力行使してでも、そのためなら国民の命を捨ててでも守る――一方、たつた一人の国民の命でも、武力を以つて守る。独立国としての気概が国民にも国家にもなく、なんの覚悟もないなら、一日も早くアメリカ合衆国の一州に加へてもらふに如はない。このまま、腑抜けた日々を送るなら、アメリカにも見捨てられ(いや、既に三行半を突きつけられてゐはしないか)、近い将来、支那の朝貢国になり下がることは目に見えてゐる。

 所謂二百海里の排他的経済水域でいふなら、沖ノ鳥島から尖閣諸島、竹島まで含め、この日本といふ国は、地球上で第六位の広大な面積を領してゐるといふ事実を、どれだけの国民が認識してゐるのか。その広大な海域をみすみす失ふといふのは、どういふ了見なのか、私には分らない。石油の値上がりで漁に出れば出るだけ赤字だといふが、領土を失へば漁場も失ふ。水域の海中深く眠つてゐる鉱物資源も失ふ。ただでさへ、温暖化の影響か、海の生態系に異変が生じて水産資源に深刻な影響が出てゐる時に、我々は能天気に「人の嫌がることはしない」などと言つてゐる場合ではあるまい。

 洞爺湖サミットで北方領土問題に何一つ道筋を付けられぬこの国、六カ国協議ではアメリカ・支那からも相手にされず、従つて北朝鮮にも文字通り無視され続けるこの国。竹島を「固有の領土」と指導要領の解説書にも明記出来ぬこの国。すでに、この及び腰は半ば領有権放棄を表明したやうなものだ。私が韓国大統領なら、「遺憾の意」を表明する一方で、着々と実効支配をより強固なものにするだけだ、それがあと半世紀続いた時のことを考へて見るがよい。それは実効支配とは呼ばれず既成事実となり果てる。北方領土については、既に既成事実は完了形になつてゐると言へよう。

 街行く人々に聞いて見るとよい。武力に訴へてでも取り返すべきか、と。答は否であらう。ならば、北方領土は言ふまでもなく竹島も既にこの国の領土ではない。さう言つても、冗談では済ませられぬものがありはしないか。

 あきれ果てたと言ふほかない、やはりこの国は国家ではない。この国の穏和な国民には独立心も無ければ自尊心もない、国家意識など微塵もなければ、自国を守る気概も皆無である――これでは、北方領土も二島すら返還されまい。尖閣諸島もやがては支那の領土となる。拉致被害者は永遠に戻るまい。それで、本当によいのか……。
[PR]

by dokudankoji | 2008-07-16 01:33 | 雑感 | Trackback(5) | Comments(4)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/8284531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from コレ知ってる? at 2008-07-16 06:02
タイトル : 新学習指導要領解説書
過去問題集はいつから?・・・タイトルの通りなのですが、高校の赤本はいつ頃からやり始めればいいのでしょうか?ちなみに、今は苦手な理科・社会を克服するために一問一答をやったり...... more
Tracked from かいしすいの日記 at 2008-07-16 12:27
タイトル : 竹島
「竹島」福田外交に影 日中韓会談・首相訪韓、計画変更の恐れ 日本経済新聞竹島(韓...... more
Tracked from 本からの贈り物 at 2008-07-16 12:59
タイトル : 『「北方領土」上陸記』 上坂 冬子
「北方領土」上陸記(2003/10/09)上坂 冬子商品詳細を見る 「Japan is still occupied. (日本はまだ占領されている。)」 一九七九年のニューヨークタイムズに出された広告の見出しである。この広告は、「北...... more
Tracked from 本からの贈り物 at 2008-07-16 12:59
タイトル : 『日本の島々、昔と今。』 有吉 佐和子
日本の島々、昔と今。 (集英社文庫)(1984/01)有吉 佐和子商品詳細を見る もしも私が高校の社会科の先生だったら、生徒たちに、この本の一読を勧めたい。 旅行記のような読みやすい体裁であるが、日本の産業、...... more
Tracked from 博士の独り言 at 2008-07-18 05:25
タイトル : 衆院議員への意見書
  衆議院議員への意見書  この7月16日は、竹島記述への韓国の恫喝に関し、多数の意見書を書かせていただきました。小稿では、衆議院議員殿に送付した意見書簡を先に報告します。   ...... more
Commented by 風来坊 at 2008-07-16 21:27 x
お邪魔します。
言論人からこのような声があがるのをお待ちしておりました。

日本が 一切コトを荒立てなかった竹島は、国内法の精神から見ても、韓国の「取得時効」が成立したと見るのが妥当でしょうね。魚釣島に関して、「開戦も辞さない」と発言した台湾の行政院長を、日本も見習うべきです。
しかし、「武力に訴へてでも取り返すべきか」と問わたら、「否」と答える日本人が圧倒的でしょう。故に、福田康夫がいかに“ダメ人間”であろうとも、「責めを負ふべきは我々国民に他ならぬ」に違いありません。
「言論の自由とは、大ぜいと同じことをいう自由、大ぜいが罵るとき、共に罵る自由」と山本夏彦氏は喝破されました。してみると、“民主主義”の放棄が、日本にとって最善の策かもしれません。

いずれにしても、「敵を凌駕する武力を備え、それを使用できる国にするためには金も命も惜しまない。」という日本人が大勢を占めない限り、日本の自主独立はありえないでしょうね。
Commented by あび卯月 at 2008-07-18 00:48 x
御無沙汰してをります。書き込み失礼いたします。
先生の御意見は今回の竹島騒動に関する評論の中で最も的を得て最も痛快なもので、何度も頷きながら拝読しました。

なぜ日本にはサッチャーのやうに
「ニオンジャックの旗の下、祖国に助けを求める人間が、一人でも居る限り、英国は出撃する」
「ユニオンジャックの旗の下、一人でもわが国民が窮乏に喘いでいるとき 英国政府は決して彼らを見捨てる事は出来ない」
と言へる政治家が居ないのでせうか。
日本政府は日の丸の旗の下にゐた竹島の漁民も拉致被害者も北方領土の島民も見捨てたわけです。

これらの責任は政治家にあることは言ふまでもなく、福田先生が御指摘のやうに国民一人ひとりにもあり、政治家だけでなく国民にさう言へる気概がないことが最大の問題です。
こんな国が国家であらうはずがありません。
我々の世代がなんとかせねばといふ思ひを強く致しました。
Commented by 33 at 2008-07-20 15:07 x
竹島の場合は、一方的に李承晩ラインを引かれ近付いた日本漁船を
拿捕、また銃撃により44人の犠牲者が出ております。(1961年までに拿捕された日本漁船は300隻を超え、抑留された日本人は4000人、死者44人)また拿捕し拉致した漁民の開放を条件に日本の刑務所に収監されていた、在日朝鮮人や朝鮮人の重犯罪者約400人を釈放して在留の許可を与えています。
これがテロでなくってなんなんだろう?
日本はこの行為も教科書に書くべきなんだけどなあ・・・・・・・
Commented at 2008-09-22 12:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ご案内二つ      皇后陛下の御歌 >>