福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 25日

案の定

 前の記事で、支那は我が国を重要視してゐると書いた。案の定ではないか。呉儀副首相は、国際儀礼もものかは、あはてて逃げ帰つた。推測するに、小泉首相との会見で下手なことは言へぬ、そこで本国から急遽ドタキャン帰国を命ぜられたのであらう。
 そりや、さうだ、会見に臨んで、「靖国参拝は困る」と発言すれば、恐らく小泉は「干渉してほしくない」と言はざるを得なかつただらう。さう出られたら呉副首相はどう答へていいか大いに悩んだはずだ。
少なくとも、さういふ状況に陥る可能性は十分あつた。その危険を避けるために逃げ帰つたとしか思へない。我が国を侮辱したことはさておき、彼の国が相当慌てだしてゐるやうに、私の目には見へるのだが、間違つてゐるだらうか。あちらは事を荒立てたくないと思ひ、あはてて帰国したのだらうが、そのことが、どれ程国際的な信用を失ふ行為であるかにさへ、思ひを致す暇がなかつたと思はれる。
 日本とのサッカー試合の不祥事以来、支那は失点続きではないか。反日デモ(テロ)といひ、海外に与へた、異様な国家(共産党一党独裁国家)であるといふイメージダウンには計り知れないものがある。
[PR]

by dokudankoji | 2005-05-25 02:51 | 雑感


<< 朝日新聞愛読者の一人として      朝日新聞に借問する >>