2007年 10月 01日

仮名遣ひ

 大分前の事になるが、私のブログが正仮名遣ひであることに疑念を表し、あれは主義主張なのかと聞いて来た知人がゐる。主義だ主張だと、そんな大それた話でもなんでもなく、単に過てる「現代かなづかい」に苛立つ、それだけのことなのだ。

 例へば、「おめでとう」、といふ仮名遣ひに違和感を感じるだけの話なのだ。めでたいから、正月なり慶事に際して、「おめでとう」と書くのだらう。つまりめでたい=愛でたいからだらう。あるいは「珍しい」物事を「愛でたく」思ふから、その物事を大事にしたいのだらう。

 大事にしたく思ふ、愛でたく思ふ、すなはち、「めでたく」思ふから「おめでたう」と書くのだ。「たう」は「たく」のウ音便であり、といふことは「おめでとう」と書いたら、そのウ音便を元に戻すと、「おめでとく」となつてしまふではないか。めでといなぁ、なぞと言ふか。形容詞の語幹が、変つてよいものか。「おめでとう」と書いて違和感が無い方は、ついでに「めでとけ」れば、「めでとい」時と書いたらいい。この「現代かなづかい」のごまかしと矛盾が気持ち悪く無いのだらうか。

 なにも、表記上で「めでたう」と書いたから、生真面目に一字一字発音することは無い。「現代かなづかい」とやらで、「おめでとう」と書いたからといつて、「オ・メ・デ・ト・ウ」と一字一字発音してゐるわけでもない。「おめでたう」と書いて、喋る時は「オメデトー」と発音する、それが昔からの極まり事で、それに不便を感じてゐなかつた。事実、私達は漱石や鷗外を、昭和も半ば過ぎまで、何の苦もなくこの正仮名遣ひ(歴史的仮名遣ひ)で読んでゐたではないか。

 もう一つ。「嬉しく」存ずるを「うれしう」と書くのと、「うれしゅう」もしくは「うれしゅー」と書くのとどちらが自然か。「おはよう」に馴れてはゐるだらうが、「お早く」=「おはやく」を「おはやう」と書くことがそれ程、奇妙か。主義だ主張だといふ大仰な問題ではあるまい。

 ついでに、「珍しい」といふ言葉だが、上に書いた通り、貴重なもの珍重したいもの、つまり、大事に愛でたいものだから、文語の終止形なら「珍らし」と表現したわけだ。これはお分かり頂けよう。ならば、「めでたい」のダ行「で」に付き合つて「めづらしい」とダ行「づ」で表記するのが妥当だと言ふことも、お分かり頂けよう。

 ところが、「現代かなづかい」ではザ行で「めずらしい」と書かなくてはならない。これに何の矛盾も感じないのだらうか。これでは、「珍しい」ものだから「愛でたい」といふ語の関連性が無くなる。同じ語源(語感)から発した語をザ行とダ行といふ別の仮名遣ひで綴らせる「現代かなづかい」は言葉への暴力だ。

 戦後の国語政策のせゐで、我々は「現代かなづかい」を学ぶことにより、古典(古文・文語)を全く別物として学習することになつた。いはば、外国語を覚えるが如き気分の生徒もゐるらしい。なぜ、同じ仮名遣ひで古典も現代文も済んでゐたものを、二通りの仮名遣ひを覚えるといふ無駄を強ひられねばならぬのか。それが、我々から古典を奪つたことに、どうして気付かないのか。

 国語教師はこの矛盾に平然として、授業を進められるのか。それとも矛盾に気付かぬほど鈍感なのか。国語教師ばかりではない。言葉を生業とする者全て、この問題に頬被り出来ぬと思ふが、如何。

 「現代かなづかい」の矛盾や問題点をあげつらひ出したら限が無いから、取敢へずここまでにしておくが、最近出版された『旧かなづかひで書く日本語』(萩野貞樹著・幻冬舎新書)は正仮名遣ひへの入門書として、甚だ解りやすく親切である。お奨めする。
[PR]

by dokudankoji | 2007-10-01 00:53 | 雑感 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/6274348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 逸記 at 2007-10-01 11:04 x
「仮名遣ひ」の項で御指摘の点、全く同感です。
福田恆存『私の國語教室』(最近では文春文庫)は「現代かなづかい」を批判し、假名遣の原理と習得法を説いた名著ですが、難解なところもあり、たとへば高校生に薦めるには無理があります。
その点、萩野貞樹『旧かなづかひで書く日本語』(幻冬舎新書)は読みやすく、仮名遣の入門書として最適です。198頁に「昭和五十年に新潮社で文庫化されたときは、福田氏から校正をやるやうに言はれ」たとあります。昭和五十年の文庫といふと、『増補版私の國語教室』ですが、そのころ私は書店でその本をはじめて見つけたときに、嬉しくて二冊買つたことを覚えてゐます。平積みされてゐたのです。
その萩野氏が今回素晴しい本を書いた。これを読んでから福田氏の本に取組むのが順序としてはいいと思ひます。
Commented by de at 2007-10-01 20:51 x
最近福田さんのブログを知って以来、時々足を運んでをります、はじめまして。
小学生のとき、地面を”じ”めんと振るのはなぜか、疑問に感じたことを思ひ出しました。「地」の字を習った1年生が誰でも疑問に感じることだと思ひますが、その時教師に聞いてもうやむやにされてしまったやうな覚えがあります。高校生の時に「私の国語教室」を読んでやっと、解決しました。
こんな小学生の疑問に、国語教師などはどう説明してゐるのでせうね・・
Commented by dokudankoji at 2007-10-01 21:59
逸記様 さうなのです。『私の國語教室』は今や若者に難しくなつてしまひました。私が薦めるのも、どうかと思はれますし。その点、萩野氏の著書はまさに絶好の入門書です。
de様 「ぬかずく」「ひざまずく」も同じですね。両者にある「突く」の語感が失はれます。
Commented by @Random at 2007-10-02 00:46 x
『私の國語教室』の第四,五章は國語の音韻についての高度な分析と専門的な記述を含むため,確かに難しいと言へます.愚生もこの本は何度も読みましたがこの部分はよく理解できたとは思ひません.しかし他の章は,たとへ高校生でも十分理解できる内容です.そして取りあへずは,一,二,三,六章を読むだけで十分でせう.これらの章には,何とか読者に自分の言ひたいことあるいは思ひを傅へたい,といふ著者の息吹が直接感じられます.萩野貞樹氏の著書も素晴らしいですが,やはり萩野氏の著書では補へないものが『私の國語教室』にはあります.一部でもよいですから,日本人のすべてが読むべき本であると思ひます.
Commented by dokudankoji at 2007-10-02 02:06
@Random様 有難う存じます。私が、余り『私の國語教室』の宣伝をするのも気が引けます。萩野氏の著書から、『私の國語教室』へと進んでくれるとよろしいのですが。
Commented by 逸記 at 2007-10-02 10:59 x
確かに四章と五章は難解です。福田氏自身も「序」で一・二・六章をまづ読むことを勧めてゐます。私は仮名遣に特化させた、三章構成の普及版を夢見てゐます。第一章「「現代かなづかい」の不合理」・第二章「歴史的かなづかひの原理」・第三章「歴史的かなづかひ習得法」です。初出は今から四十九年も前の著述ですから、注釈が必要な箇所もありませう(なにより「現代かなづかい」が今日では「現代仮名遣い」に改変されてゐます)。難解な章を削除することによつて全体の分量も半減する、質量ともに読みやすくなるわけです。読者が増えるかもしれません。 
Commented at 2007-10-03 14:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-03 20:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-10 16:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 皆さん、お忘れでは……      取敢へず、釘を刺す >>