2007年 09月 14日

安倍辞任に思ふ

 私には訳が分からない。あれだけ安倍潰しに躍起になつてゐたメディアが、まるで、掌を返したやうに、首相の突然の辞任を「無責任」だと非難してゐる。素直ぢやない。叩いて潰して入院までさせたのだから、朝日新聞を筆頭にメディアは自らの勝利に酔い痴れて素直に欣喜雀躍すればよいものを……などと書くと、こちらの方が素直ぢやないと言はれさうだが、私はその程度の感想しか、今回の「辞任劇」に、持たなかつた、では、芸がなさ過ぎると言ふなら――

 たまたま十二日の午後一時半頃から、出先でテレビを見てゐて、二時の辞任会見やその後の永田町の右往左往、メディアの上滑りなその場しのぎの番組を、飛び飛びだが見てゐた。勿論、突然の辞任のテロップに驚きはした。前代未聞には違ひない。それでも大した事ではない、さう思つてゐる。実際、日本中探してもそれを深刻に受け止めてゐる人間は永田町以外にどれほどゐるのか。今日会つた知人の間でも、安倍さん、政治家に向いてゐなかつたんだ、で話は終わり、後は自分達の仕事のことばかり。世は全てこともなし、ではないのか。

 外交はさうではないと仰る方がゐるかも知れない。冗談ぢやあない。「政治的空白」? これも嘘だ。もしも政治的空白をいふなら、テロ特措法に反対して民主党と一緒になつて一国平和主義的籠城をする方が、よほど恐ろしい外交上の政治空白を招来する事くらゐ、実は小澤だつて分かつてゐるだらう。分かつてゐないとなれば、政治家としては安倍以上に死んでゐる。引退を勧める。

 空白をいふなら、我々は戦後六十有余年、真の意味での「政治の空白」を経験して来てゐるではないか。今の日本が独立国だと本当に言い切れるのか。専守防衛といふ言葉がつひこの間まで横行、闊歩してゐたこの国、国防はアメリカに全てをおんぶしてゐた(ゐる)この国を独立国と呼べるか。しかも、今、アメリカは有事に決してこの国を守りはしない。テロ特措法を延期できなければ、いよいよ、見捨てられる。その時、日本の仮想敵国は一に米国、二に中国、いや、前門の狼に後門の虎、どちらがどちらといへなくなる。恐らく、前にどこかで触れたが、その頃にはこの国は中国の属国になるしかなくなつてゐる。

 一国で完全な防衛体制を敷けと言ふつもりは毛頭ない。しかし、テロ特措法すら認められぬといふ、時代錯誤も甚だしい論議を持ち出す野党に参議院の過半数を制させる投票行動やメディアに、「政治の空白」を云々する資格等ありはせぬ。独立国の気概も、国を守る意志も見せぬこの国の政治家にも国民にも、無責任な安倍を非難する資格等ありはしない。同情して言ふつもりでも身方するつもりもないが、少なくとも安倍は、それを理念の上とはいへ、戦後の空白を埋め合はせやうとしたのではなかつたか。

 その安倍を「年金」「格差」「政治とカネ」の「おカネ三点セット」で潰しに掛かつたのが、メディアと、恐らくはメディアと裏でつるんだ官僚だらう。官僚の内部告発がなければ、ああまで次々と大臣がカネの問題で辞任に追ひ込まれるはずがない。小泉の構造改革で既得権益を失ふ官僚が、恨みつらみを安倍にぶつけた、恐らく、官僚の中に潜りこんだ左翼陣営がメディアに情報をリークした。これは私の憶測に過ぎないが、恐らくはそんなところだらう。

 三点セット、よく考へて欲しい。全て「カネ」の問題ではないか。参院選が、そんなケチな問題で戦はれたことに、既に「政治の空白」があることは明白だらう。首相辞任による政治の空白より、長い政治の空白を参院選前から、数ヶ月にわたつて生み出したのは、どこの誰だ。潰れた安倍は弱かつた。それは間違ひない、政治家としての再起は望むべくもない。そこに追ひ込んだ得体の知れないこの国の誰かに責任を求めるつもりも毛頭ない。ただ、六十有余年はともかく、この数ヶ月の政治の空白を生み出した連中はメディアであれ野党であれ、国家の敵であることは疑ひない。
[PR]

by dokudankoji | 2007-09-14 02:19 | 雑感 | Trackback(3) | Comments(3)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/6141776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 本からの贈り物 at 2007-09-14 13:47
タイトル : 『名歌でたどる日本の心―スサノオノミコトから昭和天皇まで..
名歌でたどる日本の心―スサノオノミコトから昭和天皇まで小柳 陽太郎 (2005/08)草思社この商品の詳細を見る 葦原やしげらばしげれおのがままとても道ある世とは思はず 安倍首相は辞任を決意されたときに、どのような心... more
Tracked from 楽天モーゲージ at 2007-09-15 01:43
タイトル : 辞任劇
安倍辞任に思ふ素直ぢやない。叩いて潰して入院までさせたのだから、朝日新聞を筆頭にメディアは自らの勝利に欣喜雀躍すればよいものを……などと書くと、こちらの方が素直ぢやないと言はれさうだが、私はその程度の感想しか、今回の「辞任劇」に、持たなかつた。 ...(続きを読む) [政治] 安倍首相辞任表明雑感今回の安倍さんの大失態の末の辞任劇は、いわば小泉さんの「任命責任が問われる」事態です。 小池元防衛大臣らは小泉さんの担ぎ出しに動いているようですが、それはとりもなおさず、自民党には総理の器たる人材が枯渇して...... more
Tracked from アフガン・イラク・北朝鮮.. at 2007-09-17 08:32
タイトル : 安倍政権は実は親中国・北朝鮮だった?
 安倍政権退陣のニュースは多くの海外メディアも競って取り上げました。余りにも無責任な退陣の仕方も含め、今までが今までだったので、メディア論調の中には辛辣な批評も少なくはありませんでした。その中で私が一際目を引いたのが、中国政府筋による意外なまでの安倍政権に肯定的な評価です。私たちの目から見たら安倍も麻生もゴリゴリの靖国派・改憲派なのですが、中国にとってはまた違うようです。麻生に対しては露骨に警戒心を示す中国が、こと安倍首相に対しては、「右翼政治家」というよりは寧ろ「小泉時代の冷え切った日中関係を立て直...... more
Commented by 風来坊 at 2007-09-14 10:31 x
安倍降ろしを企んだ陣営は安倍辞任を「欣喜雀躍すればよいものを」…同感です。
安倍氏は、その政治信条を良しとするも、如何せん“強さ”に欠けていた。信念を貫く強さがあれば、違った展開になったのでしょうが。
巷では、辞任の理由が色々と取り沙汰されていますが、私は北朝鮮問題に対するブッシュの心変わりが最大の決め手だったと思います。アジアからテロ支援国家を一つ減らしたという外交成果をあげて任期を迎えるのが、今のブッシュの目標だとか。ブッシュが心変わりしてしまった以上、強さに欠ける安倍氏は耐えられなかったのでは?

ここ数ヶ月の政治空白を生み出したメディアや野党が国家の敵であることは疑いありません。彼らに踊らされた選挙民も敵だと思いますが、その選挙民に外国人までが加わるとなると、日本の先行きはどうなるのでしょうか?
Commented by n at 2007-09-15 17:09 x
外交面で安倍さんが辭めるのはマイナスである筈ですが、日本の顏である首相の足を引張つて平氣でゐる人が多いのは困つた事だと思ひます。何うして「顏」となつたのだから盛り立てて行かうと考へる人が日本には少いのでせうか。權力鬪爭で勝つ爲に外交問題を利用したのが今囘の小澤氏ですが、困つた事です。

しかし、このやうな權力鬪爭こそが政治だと日本の政治家が信じてゐるのも、權力者は罵倒し侮辱して潰すものだと國民が信じてゐるのと淵源は同じです。どちらも理念がないのです。
日本と云ふ國の最大の問題は「日本人が一つに纏まつてゐるべき必然的な理由が存在しない」事にあります。アメリカ人が自由と民主主義を信じて纏まつてゐるのと違ひ、日本人が信ずる理念はありません。だからこそ日本人は政治に權力鬪爭以外の面を見る事が出來ず、明治以來、政治の場でひたすら鬪爭を續け、それを國民は冷やかな眼で見續けて來たのです。これは解決不可能な問題ですが、しかし「問題」として意識されるべきだと思ひます。政治の空白は戰後の半世紀のみならず、日本では極めて長期に亙つて、恐らくは有史以來ずつと續いて來た事だとすら言へます。
Commented at 2007-09-16 14:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< クローデルに顔向けできない      こちらに移します >>