福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 01日

Wikipedia

 ウィキペディアといふインターネット上の百科事典は誰でもご存じだらうし、利用した人も多いだろう。が、利用する時、それを疑つて掛かつた人はどれ程ゐるのだらうか。そもそも、誰でも手を突つ込んで書き込みが出来てしまふ、つまり、編集の責任が明確ではないといふこと、したがつて実はどこまで信頼できるか、常に疑問が付きまとふのだ。

 尤も、編集者名を明記した活字の辞典だつて、私は簡単に信じる気にはなれない。とはいへ活字出版された媒体には、ネット上のウィキペディアと違ひ、不特定の人が随時書き込み編集が出来るといふ不安定性はない。

 学生のレポートにネット利用が急増してゐる昨今、私は口を酸くして彼等に注意する、ネット上にあるものは、殆どが塵の山だと思ふこと、コピー&ペーストでレポートなど書かぬこと、ウィキペディアも軽々に信用せぬこと等々。

 暫く前、何の調査か忘れたが、不特定多数が書いてゐるウィキペディアも中々のもので、八割がた信頼できるといふ記事を見たことがある。私自身、今までにもその程度には信用しその程度の利用はしてきた。ただし、何かを調べる際、ウィキペディアに限らず、よほどの信頼性がない限り、他の辞書や辞典でダブルチェックは欠かさない。

 と、実は、ここまでは長い前置きで、最近ウィキペディアを見て吹き出したことがある。項目は、こともあらうに、私の名前である。以前(本来かういふものは本人が編集に携はるべきではないのだが)、余りの不正確さに呆れ、「謙虚」に自己申告的訂正や加筆削除を試みた。その後、放置しておいたのだが、最近身辺に異動があり、確かめるために、調べてみた。大筋では問題ないのだが、項目説明の最後に、誰かの手により、いつの間にか一行加へられてゐる。

 何が加えられたかといふと、≪ブログ「福田逸の備忘録」で「ヘタマゴ」という珍妙な言葉を使う。≫といふ一文。吹き出したといふのはここである。

 当然このブログを読みに来た人物が書き加へたことは言ふまでもないが、≪「ヘタマゴ」という珍妙な言葉≫と書いたといふことは、「へたまご」といふ言ひ回しを知らないといふことだらう。「へたをまごつく」――略して、ヘタマゴ。「ヘタマゴすれば民主党の政権が出来かねない」、などと使ふ。この言ひ回し、無意識に使ふ程度には私の頭に入つてゐる。今まで辞書で調べたこともなかつたが、小学館の日本国語大辞典(第二版)を引いたら、「下手なふるまいをする。ぐずぐずとまごつく」といふ説明を載せてゐる。

 といふわけで、ウィキペディア、どこまで信用してよいものやら、やはり余り信頼しない方がよささうだ。少なくとも、私如き吹けば飛ぶやうな存在、百科辞典に載せること自体「珍妙」と思ふ。ヘタマゴすると、今の時代Wikiscannerで、書き込んだ人物が特定されかねない、書き込んだ人は一刻も早く削除するに如くはない。つい最近、総務省、文科省、宮内庁などが、各々の項目をこつそり(?)書きなおしたり、削除したりして、不評を買つた、というふか、恥を掻いたことはネット上ではよく知られた事実だらう。

 ついでに、ここに書いておく。コメント欄で♂兎といふハンドルネームの方が私の仮名遣ひについて疑義を呈されてゐるが、一言だけ、疑義に疑義を呈しておく。私の正仮名遣ひのどこが「中途半端」か、是非御指摘いただきたい。直すべきところは喜んで直す。変換しそこなつて「現代かなづかい」になつてゐることが時にある。自分にミスがないなどとは、夢にも思つてゐない。そして、縦書きと横書き、右横書きと左横書きは、仮名遣ひの問題ではない。正直なところ、このブログも縦書きで書きたくて、可能かどうか二年余り前に調べはした。世の中捨てたものではない、縦書きブログ構築サイトを発見したのだが、定かな記憶ではないが五十万くらゐ掛かつたと思ふ。即座に諦めた。右横書き構築サイトといふのは寡聞にして知らない。

 なほ、撥音便と促音便を勘違ひされるやうでは、話にならないことも、付け加へておく。
[PR]

by dokudankoji | 2007-09-01 11:56 | 雑感


<< お報せ      お報せ >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項