2007年 08月 15日

腰の引けた自民の敗戦

 全閣僚の靖国への不参拝は不戦敗と、コメント欄の風来坊氏に応へる形で書いたが、事実さうなつたことをニュースで観てみると、さらなる感慨が湧いてきた。これは平成の敗戦だ。ここまで腰の引けた内閣は、自社さ連立の村山内閣以下ではあるまいか。自民が野党や国民に対して腰が引けてゐるといふのではない。敗戦とは中韓に対してのことを言ひたいのだ。

 たかだか参院選で惨敗を喫したからといつて、何もここまで卑屈にならなくてもよろしいではないか。なにを臆病になつてゐるのだ。さうやつて、いよいよ国民の自民離れを自ら後押ししてゐるのが分からないのか。私は、民主党の如き単なる寄り合ひ所帯には、政権など担へないと確信してゐる。また、小澤という人間は、それほど器が大きくない、もし言はれるやうな豪腕の持ち主なら、既に政権を奪取してゐたはず。新生党以来の迷走と絵に描いたやうな分かりやすい無節操を思ひ出してもらひたい。あの気の小ささは政治家には向かない。

 参院選も、民主の勝利ではなく、全得点は敵失によるものだらう。にも拘らず、選挙民が離れて行くのを怖れてのことか知らぬが、今回の、全閣僚靖国不参拝は、自民党が(中国と仲のよい公明党の軍門に下り)参院選惨敗を契機に、保守党であることを止めました、と満天下に宣言したことになりはしないか? 

 憲法九条は変へません。皇室典範は小泉大宰相の顰に倣ひ女系も視野に入れるべく考へ直します。さう、犬が尻尾を巻いて逃げ出したやうな情けない、弱々しさと私の目には映じてゐる。我が家の柴犬は花火の音に怯えて、後ろを向いてへたり込む。まるで花火など存在しませんとでも言ひたげに。

自民党も同じではないか、情けない姿を曝して……。靖国も無ければ、拉致もない。世界にテロも無ければ、民族の永劫続く憎悪もない、隙あらば付け込まうといふ悪意も渦巻いてゐない、全てこの世はこともなし、さうとでも思ひたいのか。問題に背を向ければ、目をつぶれば、問題もない事になつてくれるのなら、こんな楽なことはない。

 選挙の惨敗で、ここは静かにして、何事も波風立てぬやうになどと考へたなら大間違ひ。今安倍に出来ることは一つだけ。毅然たる態度で自分の保守本来の信念を語り、それを行動であらはすことだ。さもなければアメリカからは見放され、中韓にも見下され、北鮮はほくそえむ、いや、高笑ひだらう。

 政治家が信念より票を気にした時、その者の政治生命は絶たれてゐる。今日の自民全閣僚の不参拝は、自ら政権の座を明け渡すといふ「大英断」だ。明け渡す? 誰に? 自民が怯えてゐる民主やら民意やらなど、吹けば飛ぶやうなもの。風向きでどうにでも変はる。そんなものを恐れるなら政治家になるな。即刻退陣し、民主に組閣させてみたらいい。今にまさる混沌が生まれるだけの話だ。

今となつては、その日が一日も早からんことを祈つてゐる。さうすれば、民意の根底にあるに違ひない政界再編がやうやく起こり、保守二大政党の出現も不可能ではあるまい。今の自民や安倍に(勿論民主は言ふに及ばず)期待できるのはそのくらゐのことではあるまいか。

 ここまで書いたところで、高市内閣府特命相の靖国参拝のニュースを知つた。「参拝は難しい」と発言してゐたらしいが、警備の問題もなく急遽参拝を決めたとか。女性閣僚ただ一人。上記のこと、何ら訂正する必要を認めない。ただし、天晴れ高市さんと申上げておく。行きにくいと思ひ込んだ安倍君に頼まれたのかな、女性ならマスコミも優しくしてくれるから、につこり笑つてインタビューにも答へてきて、つて……。
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-15 20:49 | 雑感 | Trackback(4) | Comments(7)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/5975921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 風来坊の口上 at 2007-08-15 22:58
タイトル : 靖国の「きょう」
小堀桂一郎先生によれば  ▼慶応4年(1868年)、戊辰戦争の戦火に斃れた者の霊を慰めるために招魂祭を行う旨の文書が発行された。  ▼続いて出された太政官府布告には 「癸丑(きちゅう)以来の受難者の霊をまつる」 旨が書かれている。この布告により、後に、靖国神社の御祭神は 「嘉永6年以降の国事殉難者」 と定められることになった。 (「癸丑」とは嘉永6年ペリー来航の年。つまり、幕末動乱期以降に、国事のために殉難した志士たちの霊魂を合祀しているのが靖国神社なのである。)  ▼さらに、布告は合祀の対象を 「...... more
Tracked from 博士の独り言 at 2007-08-16 00:06
タイトル : 韓国「少年少女来日」一考
青少年を反日宣伝に遣わす韓国 慰安婦抗議のため訪日の学生ら、靖国神社訪問 【東京14日聯合】慰安婦問題に対する日本政府の公式謝罪と賠償を求めるため13日から日本を訪問している「平和を愛する青少年の歴史の会」所属の小中高... more
Tracked from 風来坊の口上 at 2007-08-16 12:36
タイトル : ”平成の敗戦”か?
15日には早朝から靖国神社に参拝した。 参拝の目的は二つ。  ①全員が参拝しないという閣僚になり代わって、今の日本の体たらくを靖国の英霊に詫びること  ②それでも、総理大臣がもしや?と一縷の望みを託し、その姿を確認するため 15日の靖国の空は見事に澄み渡っていた。暑さをものともせず、早朝から老若男女、参拝者が引きも切らなかった。その光景を目にして日本の未来に安堵した…雑音に右顧左眄する政治家よりも、はるかにマシだ、と。   自らの参拝は早々に済ませ、到着殿で、国会議員や閣僚の到着を待った。 車寄せに...... more
Tracked from 博士の独り言 at 2007-08-16 23:06
タイトル : 首相は魂の政治を
「次期保守政権」につなげる魂の政治を 色あせる「安倍らしさ」 首相、終戦記念日の靖国参拝見送り  安倍晋三首相は、官房長官だった昨年と同様、靖国神社に姿を見せなかった。官房副長官、自民党幹事長時代には毎年、この日... more
Commented by 風来坊 at 2007-08-15 22:57 x
福田先生 こんばんは。
午後から高市氏が参拝したようですが、取って付けたような感じで…全員不戦敗という珍記録だけは防止するためのヤラセか?

おっしゃるように、今出来ることは、毅然とした態度で語り、行動で表わすことだけなのに。惨敗したけど参拝はしなかった。その裏に、具体的な政界再編のシナリオが秘められているのなら、一縷の望みもあろうが、無いものねだり?
いずれにしても、与野党にかかわりなく、この程度の政治家を選んでしまった選挙民が懲りることしか日本再生の道はないのでしょうか?

不戦敗の閣僚になり代わり、今朝、靖国の英霊に詫びてきました。その模様をTBします。
Commented by おれんじ at 2007-08-15 23:01 x
私もしょうがないかな…と思っていたのですが千鳥が淵に参拝したのを知って呆れてしまいました。一体どうしてしまったのでしょう。以前の安倍さんとは別人です。誰かに脅迫されているのか?
自民党にも不満がありますが、とにかく毅然としたリーダーは出てこんのか!と思う毎日です。
Commented by @Random at 2007-08-16 12:40 x
安倍首相には戦ふ姿勢が見られない.慰安婦問題にせよ靖国参拝問題にせよ,始めから腰が引けてゐます.「戦後レジームからの脱却など」戦ふ気概がなければ実現などできるものではない.この敵前逃亡のやうな行動が首相の弱さから来るのか,それとも単なる戦術なのか.まだ断定はできません.愚生はこれまで後者と解釈してをりました.つまり改憲のやうな大事を前に慰安婦や靖国のやうな小事で躓くわけには行かない,といふ.しかし,それも何だか怪しくなってきました.この人は本当にだめなのかも知れない,と言ふ気がし始めてゐます.しかしまだわづかな望みをかけます.その試金石は公明党を切ることができるかどうかです.そもそも改憲など,公明党とつるんでゐたらまともにできるわけがない.一年ほど後,頃合を見て公明党との縁切りを宣言し,解散する.それが自民党の回生につながるかもしれないし,万一野党に政権を取られても,民主党が人権法案などで無茶をやりだせば党内からの離反者も出るでせううし,それが大きな政界再編成につながる可能性大です.安倍さんにそこまでやる気があるか.もし政権維持のため公明党に媚を売り,すべきでない妥協までするやうになったら・・・万事休す.
Commented by dokudankoji at 2007-08-16 18:30
皆様、コメント有難う存じます。それぞれに同意できることばかり。皆、安倍首相に最後の期待を掛けてゐたやうなところがあり、あれ、あなたの曖昧戦術は、憲法か改正といふ「大事」の前の周到な戦術ではなかつたんですか、と信じがたい思ひでゐるのですよね。片方でパル判事の遺族に会ひたいといふ、ポーズや自己満足に終はりかねない事をしてみても、何やら侘びしい。私は、でも、まだ期待を繋ぎます。
Commented by おれんじ at 2007-08-16 21:13 x
先生こんばんわ!そうなんです、あの曖昧さには周到な目論見があってのことでは?と信じていたんです。ですが…。
ただ一つだけ良い事があります。私を含め、今まで靖国神社に関心のない人たちも参拝するようになった事です。今日行って参りましたが、昨日と打って変わってガラガラでした。お参りしやすかったですけど、ちょっと拍子抜け…。
Commented by dokudankoji at 2007-08-16 21:59
靖国にお参りするなら、人のゐない時が一番です。さういふ時期をねらつて、ゆつくり境内を散策、生と死とに思ひを巡らすには静謐な、最高の場所です。
おれんじ様、ガラガラといふ表現はやめませう。映画館みたいです。すみません、些細なことに注文つけて、ご気分害さぬやう。それはそれ、十五日に沢山の方が詣でることは、やはり素敵なことだと思ひます。しかも、この酷暑の中でせう? それぞれに心に何か思ふところがあるのでせうから、善き事だと存じます。今日も暑さは尋常ではありませんでした。体調など崩されませんやうに。
Commented by おれんじ at 2007-08-18 00:03 x
先生、不適切な言葉を使ってしまい、誠に申し訳ございません。些細なことではなく、大切なことです。日頃から言葉の足らなさを痛感しております。私も気をつけて書き込みをさせていただきます。これからも適切ではない表現などございましたら、ご指摘いただければ幸いです。


<< またですか、朝日新聞      安倍首相、靖国に詣でよ >>