福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 15日

腰の引けた自民の敗戦

 全閣僚の靖国への不参拝は不戦敗と、コメント欄の風来坊氏に応へる形で書いたが、事実さうなつたことをニュースで観てみると、さらなる感慨が湧いてきた。これは平成の敗戦だ。ここまで腰の引けた内閣は、自社さ連立の村山内閣以下ではあるまいか。自民が野党や国民に対して腰が引けてゐるといふのではない。敗戦とは中韓に対してのことを言ひたいのだ。

 たかだか参院選で惨敗を喫したからといつて、何もここまで卑屈にならなくてもよろしいではないか。なにを臆病になつてゐるのだ。さうやつて、いよいよ国民の自民離れを自ら後押ししてゐるのが分からないのか。私は、民主党の如き単なる寄り合ひ所帯には、政権など担へないと確信してゐる。また、小澤という人間は、それほど器が大きくない、もし言はれるやうな豪腕の持ち主なら、既に政権を奪取してゐたはず。新生党以来の迷走と絵に描いたやうな分かりやすい無節操を思ひ出してもらひたい。あの気の小ささは政治家には向かない。

 参院選も、民主の勝利ではなく、全得点は敵失によるものだらう。にも拘らず、選挙民が離れて行くのを怖れてのことか知らぬが、今回の、全閣僚靖国不参拝は、自民党が(中国と仲のよい公明党の軍門に下り)参院選惨敗を契機に、保守党であることを止めました、と満天下に宣言したことになりはしないか? 

 憲法九条は変へません。皇室典範は小泉大宰相の顰に倣ひ女系も視野に入れるべく考へ直します。さう、犬が尻尾を巻いて逃げ出したやうな情けない、弱々しさと私の目には映じてゐる。我が家の柴犬は花火の音に怯えて、後ろを向いてへたり込む。まるで花火など存在しませんとでも言ひたげに。

自民党も同じではないか、情けない姿を曝して……。靖国も無ければ、拉致もない。世界にテロも無ければ、民族の永劫続く憎悪もない、隙あらば付け込まうといふ悪意も渦巻いてゐない、全てこの世はこともなし、さうとでも思ひたいのか。問題に背を向ければ、目をつぶれば、問題もない事になつてくれるのなら、こんな楽なことはない。

 選挙の惨敗で、ここは静かにして、何事も波風立てぬやうになどと考へたなら大間違ひ。今安倍に出来ることは一つだけ。毅然たる態度で自分の保守本来の信念を語り、それを行動であらはすことだ。さもなければアメリカからは見放され、中韓にも見下され、北鮮はほくそえむ、いや、高笑ひだらう。

 政治家が信念より票を気にした時、その者の政治生命は絶たれてゐる。今日の自民全閣僚の不参拝は、自ら政権の座を明け渡すといふ「大英断」だ。明け渡す? 誰に? 自民が怯えてゐる民主やら民意やらなど、吹けば飛ぶやうなもの。風向きでどうにでも変はる。そんなものを恐れるなら政治家になるな。即刻退陣し、民主に組閣させてみたらいい。今にまさる混沌が生まれるだけの話だ。

今となつては、その日が一日も早からんことを祈つてゐる。さうすれば、民意の根底にあるに違ひない政界再編がやうやく起こり、保守二大政党の出現も不可能ではあるまい。今の自民や安倍に(勿論民主は言ふに及ばず)期待できるのはそのくらゐのことではあるまいか。

 ここまで書いたところで、高市内閣府特命相の靖国参拝のニュースを知つた。「参拝は難しい」と発言してゐたらしいが、警備の問題もなく急遽参拝を決めたとか。女性閣僚ただ一人。上記のこと、何ら訂正する必要を認めない。ただし、天晴れ高市さんと申上げておく。行きにくいと思ひ込んだ安倍君に頼まれたのかな、女性ならマスコミも優しくしてくれるから、につこり笑つてインタビューにも答へてきて、つて……。
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-15 20:49 | 雑感


<< またですか、朝日新聞      安倍首相、靖国に詣でよ >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項