2007年 08月 14日

安倍首相、靖国に詣でよ

 十日付の産経新聞の報道が事実なら、すなはち昨年の核実験後、金正日がブッシュ米大統領に「朝米関係を正常化し韓国以上に親密な米国のパートナーになる」といふメッセージを送つたのが事実なら、(いや、事実でなくとも)安倍首相よ、明日十五日靖国神社を公式に参拝せよ。そして、その脚で皇居に参内し、秋の例大祭への靖国御親拝を献言せよ。

 アメリカと北朝鮮が接近するなら、中国は必ず日本に擦り寄る。産経も報じてゐる通り、その可能性は高い。擦り寄る振りをして日本を支配下に取り込まうとする。あるいは逆に日本が何をやつても、いちやもんを付け、相も変はらず南京だ慰安婦だと騒ぐかもしれぬ。が、巷間いはれるごとく、オリンピックと万博を控へた中国は、この前のやうに反日暴動を組織するわけには行かない。

 産経の報道は恐らく事実だらう。とすると、今年こそ、最も「騒がれずに」靖国参拝できる最良の条件が揃ひ、機が熟したといふことになる、それにお気づきだらうか。今こそ、安倍首相よ、あなたの信念に従つて参拝し、日本の未来を信じて家族や国家の安寧を願つて散つた英霊に額づけ。もし、あなたにそれが出来たら、局面はがらりと変はる。参院選の大敗北も一挙に挽回する可能性すらある。

 国の為に命を捨てた兵士を祀る靖国に、一国の代表が詣でて何が悪い、マスコミがうるさかつたら、さう応じて、後は何も言ふことはない。中国と韓国が騒いだら、これも一言、本気で怒ればよい、「内政干渉は許さぬ」と。

 後は、じつくりと公明を切り捨てる時期を見定めることと、さらに民主党内の正当保守人士に根回ししておくこと。そして小泉の負の遺産から脱却することだ。郵政民営化造反議員を必死で止めたあなただらう。今なすべきことは、前倒し参拝でもなく、「行つたとも行かないとも言はない」でもなく、小泉にも出来なかつた形の参拝をすること、(ポケットから小銭は出すな)、さう、小泉の影から脱却することこそ、あなたの生きる道だらう。それ以外に生き延びる道はなからうに。
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-14 10:17 | 雑感 | Trackback(3) | Comments(4)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/5968737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 八田修一・奇跡の言霊ブロ.. at 2007-08-14 17:37
タイトル : 灼熱の季節に思いを馳せて・・・尊き“千の風”へ感謝の祈りを
その日は、今年も晴れだった。気温は34℃。朝は家の仏壇に参り、水を入れかえ先祖に手を合わせる。近所のスーパーでアクエリアスのペットボトルを2本購入し、いざ総武線で飯田橋へ。快速の車両では、インド系と思われる外国人一家が大きなトランクと共に優先席に陣取っていた。どんな目的で来日したのだろうか。御茶ノ水を過ぎると、窓の向こうではカップルらしき男女が楽しそうにボートを漕いでいた。日本国は今日も、天国に比肩する平和の酩酊にある。... more
Tracked from 本からの贈り物 at 2007-08-15 08:22
タイトル : 『おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状』 中..
おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状中条 高徳 (2002/08)小学館この商品の詳細を見る 昨年の終戦記念日に採り上げた一冊ですが、多くの方々、特に夏休み中の学生さんなど若い人たちに読んでいただきたいと思い、今年... more
Tracked from 東国原式。ひがしこくばる.. at 2007-08-15 23:03
タイトル : 【動画】宮崎県でも安倍批判の嵐「これはもう非常事態」
●このガチガチの宮崎の保守王国の自民党選出の方たちが、(安倍首相は)「辞めるべきだ」と。これはもう異常事態だなと私は思いましたね/東国原知事●自分をとるか小沢さんをとるかと言った以上、責任を取るべきですよ/自民党 中山成彬議員●これだけの敗北を喫して、総大将が辞めない。とうてい私には理解できない/自民党 江藤拓議員東国原知事は「これはもう、異常事態」先の参院選の敗因について、小池百合子防衛相は「年金とか、ばんそうこうで反感を買ってしまい、修復できないまま終わってしまった」と語...... more
Commented by 風来坊 at 2007-08-14 17:14 x
福田先生 はじめまして。
いつも冷静沈着なご意見、感銘しつつ拝見しております。

>米朝が接近するなら、中国は必ず日本に擦り寄る
>今年こそ、最も騒がれずに靖国参拝できる
>それ以外に生き延びる道はなかろうに…
すべて、おっしゃるとおりです。

安倍政治が目指す方向は正しかった。安倍政治で生きる道を断たれる勢力が参院選で猛反発したことがそれを物語っている。

参院選の結果で、反安倍陣営が活気づくのはわかるが、首相の狼狽振りは親安倍陣営までをも敵に回してしまっている。
それを断ち切るのが靖国参拝。「国のために命を捧げた兵隊さんありがとう」の気持を見せつけることこそが国民を感動させることなのに。

憲法も、教育も、何もかも、首相が信念を力強く語り、力強く実行することがすべて。「美しい国」などの空ろな言葉も要らなければ、再生会議も有識者会議も要らない。
必要なのは、信念がほとばしる言葉と実行力だけだと思います。

15日は、全閣僚が参拝しないらしい。明日は閣僚の代わりに参拝して、戦死した父に詫びてきます。
Commented by dokudankoji at 2007-08-14 17:24
 全閣僚、不参拝は不戦敗です。これで安倍も終はりでせう、残念ながら。毅然たる態度のみが人を説得できるといふ単純なことがどうして分からないのでせう。首相の若さでせうか。
 さうですね、私も靖国に行くといつも詫びてゐる、情けない変な話です。
Commented by sesiria at 2007-08-15 16:26 x
私も安倍さんの方針に謝りはないと思っていましたが
もはやこれまで・・・という所ですね・・・。安倍晋三の晋は
高杉晋作の晋からとったとか・・・ならばその名に恥じない信念の政治家になってほしかったのですが・・・。残念でなりません。
Commented by sesiria at 2007-08-15 16:27 x
謝り→誤り 
間違えました。すみません。


<< 腰の引けた自民の敗戦      市町村合併と町名変更 >>