福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 13日

市町村合併と町名変更

 今さら、町名変更の愚を言ひ立てる気も起こらぬが、南アルプス市だとか伊豆の国市など、呆れる以前に、そんな名前を付けて恥づかしくないのかと思ふ。決めた方々の感覚と私のそれとは未来永劫絶対に相容れないであらう。知性と感性、共に疑ふ。

 たしか、愛知の方で何とかセントレア市といふのが出来かかつて、流石にそこまではと、まともな感覚の方々が反対してつぶれたと思ふが、つぶれなかつたら、今頃は日本中の笑ひものだらう。

 伊豆の国市がなぜをかしいかといふと、国といふものは市より大きなものであることが一つ、そして第二に、伊豆の国と言つたら、普通は伊豆半島全体をイメージする。合併前の韮山町・大仁町・長岡町以外だつて伊豆だ。他の町から文句は出なかつたのだらうか。伊豆の国を占有されて構はぬのか。

 南アルプス市に違和感があるのは、カタカナ町名といふ事だけではなく、恐らくかういふ事だらう。ヨーロッパの美しい峰々がアルプスと呼ばれてゐる。それに倣つて、日本の美しい高峰の連なりを「日本アルプス」と呼び、それを三つに分けて北・中央・南のアルプスと言ひ分けた。つまり南アルプスは「日本アルプス」内の南に位置する山脈を意味する。

 といふことは、「南」と呼称する場合、「北」や「中央」の存在を前提としてゐる。つまり北アルプス市か中央アルプス市が前提に無くてはをかしいのだ。いや、もつと単純にアルプス市といふものが前提にあるべきだ。

 いずれにせよ、白根町の人々よ、あなた方は白根三山を誇りとし敬ふ気持ちはないのか。櫛形町の方々、櫛形山との連続性を失ふことを諒とせらるるか。韮山反射鏡は南アルプス反射鏡とでも呼ばうか。

 我が大磯町は、近隣の市二つと合併して湘南市となる愚案を退け、町のまま少ない歳入に喘ぐ道を選んだ。愚かと呼ぶなら呼ぶがいい。湘南市になりそこなつた平塚市は駅名を湘南平塚駅にしようとしたといふ噂もあつたが、その後どうなつたのか、今のところ平塚のままである。我が母校は平塚江南高校といふが、これなぞ駅名につき合はされたら湘南平塚江南高校となるのか。

 ところで、こんな記事を書いたのは、今朝の産経新聞、産経歌壇の佳作に選ばれてゐた歌に感心したからである。さいたま市の方々は、いかがお考へか、是非感想を知りたいものだ。その歌は――胃と腸が途切れる如し梅雨寒の埼玉県庁さいたま市にあり――といふ。私の駄文など、この三十一文字の足元にも及ばない。
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-13 00:11 | 雑感


<< 安倍首相、靖国に詣でよ      南半球でも >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項