2007年 08月 09日

前記事補足

 ある方から非公開で親切なコメントを頂いた。前の記事で、「戦後何もかもアメリカ基準で、尺貫法を捨て…」といつたニュアンスで書いてゐるが、尺貫法を捨ててアメリカ盲従したなら、ヤード・ポンド法になつてゐたはず、そして日本は既にそれ以前にメートル法になつてゐたとのご指摘。まさにその通り、筆が、いや指先が滑つた。

 明治以来の、そして戦後の西洋崇拝、ことにアメリカ盲従に疑義を呈するつもりで、次から次へと廃止され、捨て去られた我が国古来の文物を代表させるのに、尺貫法と和服を挙げた。ここは原文を直さないで、こちらに補足を書くことにした。

 メートル法がフランスで制定されたのは一七九九年、一八七五年のメートル法条約の締結に従い国際度量衡制として採用され、多くの国がこれを採用。我が国は十年後の一八八五年(明治十八年)に同条約に加入、一九二一年(大正十年)にメートル法の専用を決定してゐる。

 ただ、尺貫法は、私もそれで育つたくらゐで、生活習慣ではメートル法と並存してゐた。これが消えて行くのが昭和三四年(一九五九年)に尺貫法が廃されてからと思はれる。度量衡法は、昭和二七年(一九五二年)に計量法に移行し、以来数次にわたり改変されてゐるとのこと。尺貫法が取引や証明の計量には用ゐられないとされたのが、昭和四一年(一九六六年)だといふ。以上、主として日本国語大辞典と日本大百科事典(いづれも小学館)に依つた。

 少々横道にそれるやうだが、映画『オールウェイズ・三丁目の夕日』の昭和三十年代にノスタルジーを感じるのは、尺貫法へのノスタルジー、日本がまだ江戸に繋がつてゐた、その感覚へのノスタルジーなのかと考へたりしてゐる。昭和の前半はまちがひなく、大正へ明治へ、それらを通して江戸へ道が通じてゐた。そこから外れて行くのが西洋化であり、戦後のアメリカナイゼイションだらう。

 といふ訳で、日本が日本ではなくなつて行く姿を書かうとして。西洋化とアメリカ化を、日本の文物の廃棄の観点から書いてゐるうちに、上記のやうな誤解を招く書き方をした。論旨には何ら変りはないが、米英はヤード・ポンド法である。

 ところで、目下拙宅は改築を済ませたばかりだが、建築家の設計図は全てコンピュータから出力され、その図面の寸法はミリメートルで表されてゐる。ところが、その建築家を含め、工務店も大工も私も、坪・畳・間・尺寸で会話を交はし理解してゐる。何の不都合もなかつた。西暦と元号、メートル法と尺貫法、どれも両建てで行けばよいではないか。

 最後になるが、私の誤解を生じかねない書き方に、非公開コメントによる指摘を下さつたM氏に感謝してゐる。私を含め、かういふ時、得てして、したり顔の公開コメントをしてしまふものだが、M氏の紳士的謙虚さに感じ入つた次第。多謝。
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-09 01:24 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/5941316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 本からの贈り物 at 2007-08-09 09:10
タイトル : 『昭和恋々―あのころ、こんな暮らしがあった』 山本 夏彦..
昭和恋々―あのころ、こんな暮らしがあった (文春文庫)山本 夏彦、久世 光彦 他 (2002/06)文藝春秋この商品の詳細を見る 祖父の世代の山本夏彦氏と父の世代の久世光彦氏が、懐かしい昭和の情景を切り取った随筆を書き、それぞ... more
Commented by おれんじ at 2007-08-09 18:50 x
福田先生こんばんわ。

そうなんです!私も以前、舞台関係のお仕事をしていましたが、舞台の設計や幕の作成などは全て尺貫法を使用していましたのでメートルしか知らない私は面食らうことばかりでした(でも何か嬉しさも感じました)。
両建てでいけば奥行きのある文化が保たれるのではないかと。

お邪魔致しました。
Commented by dokudankoji at 2007-08-09 22:08
おれんじ様 確かに日本の舞台用語は伝統芸能から来てゐるため、尺貫に関らず、付帳・八百屋などの言葉も味のある言葉、時に意味不明の言葉に出くはしますね。メートル法しか知らぬ世代だけになつた時、この日本から従来の日本家屋を建てられる大工が消滅するのでせうね、そのことは昨年の1月の記事、「文化の消滅」をお読み下さい。
Commented by おれんじ at 2007-08-10 19:08 x
お返事ありがとうございます。そうなんです!尺貫だけでなくその他の言葉にも伝統的で味わい深いものがありました。

紹介の記事、早速拝見します。
Commented by おれんじ at 2007-08-10 19:09 x
急いで書き込みましたので失礼な表現があったかもしれません。ご容赦くださいませ(汗)。
Commented by おれんじ at 2007-08-13 00:18 x
度々失礼いたします。2007年1月の記事を拝読いたしました。

milestaさんもご紹介されていた「千年働いてきました-老舗企業大国ニッポン」を先程読み終えたのですが、その中で世界最古の建築会社「金剛組」が紹介されていました。

金剛組の宮大工の方々によると、伝統的な寺社建築の方法はすでに飛鳥時代に完成しており、むしろその時代に立てられたものの方がよっぽど素晴らしい、相撲で言えば横綱級の建物なのだそうです。

NHKで同様の内容の番組をやっていましたが、金剛組で働く若い宮大工さんたちは自分達が伝統の担い手になるのだという気概にあふれており、会社倒産の危機にも職場を去るものは一人もいなかったとのこと。一般住宅ではまさに危機感を感じる状況ですが、少し救われた気がしました。


<< 南半球でも      一つのアナロジー >>