2007年 08月 05日

一つのアナロジー

 もう二週間ほどにもならうか、NHKでインカ・マヤの遺跡を空中撮影したドキュメンタリーを放映してゐた。その番組でも触れてゐたが、なぜインカ文明(民族)は滅びたかといふと、攻め込んだスペインが齎した疫病が蔓延して滅亡したのだといふ。さういへば、この話は以前、何かで読んだか、あるいは同じやうなテレビ番組で聴いたかした記憶がある。

 番組を見てゐた時には、ああ、さうだつたと思つただけだつたが、数日後、脳裏にそのナレーションがフラッシュバックした。途端に、背筋が寒くなると言つたら大袈裟だが、一人で勝手にかなりの衝撃を感じてゐた。見事なアナロジー、さう思へて仕方がなかつた。これは日本のことを言つてゐる、さう、比喩としても出来すぎてゐる。

 江戸時代まで、日本は四囲の海と鎖国政策によつて守られ、この小さな島国の中に見事なそして高度の文化文明を育んできた。開国後も、明治の先人達は西洋といふヴィールスの魔力を知り、怖れながらも、一度罹つてしまつた疫病から逃れ得ぬ運命をも知り尽くし、それならと、何とかそのヴィールスを体内に取り込み、取り込むと同時に対抗する免疫力も高めようともがき苦しんだ。漱石が、鷗外が、龍之介がその煩悶を如実に体現してゐる。

 そして、大東亜戦争。敗戦。占領政策。日本人は嬉々として鬼畜米英を迎へ入れ、受け入れた、何の警戒もせず、病魔に襲はれる恐怖も感じぬままに。全ての基準はアメリカ。尺貫法から和服、あらゆる生活文化を捨て去り、コカ・コーラの味に酔い痴れた。日本文明といふ、日本文化といふ強力なる抗体を平然と打ち捨てた。

 後は一瀉千里、「西洋文化」といふ名の近代物質至上主義に染まつて行く。拝金主義に染まつて行く。自由とは口先だけで、実は「気まま」「お気楽」「自分勝手」の世界が現出する。何の抗体も持たうともせずに、次から次へと禁断の木の実を体内に摂取し続けたのが戦後の六十年ではないのか。和服がブームとなり、浴衣がファッションとして扱はれるといふことは、日本人にとつて日本自体がエキゾティシズムの対象になつたといふことであり、自我を失つたといふことだ。日本人が日本人としてではなく、外側から「和」の「文化」を眺めて弄んでゐるといふことだ。

 そして、皇室典範にまで手をつけようとし、国語の荒廃には甚だ鈍感でゐる。そのくせ悠仁親王殿下誕生と共に、一先ずは皇室も安泰とばかり多くの保守人士や保守派政治家が皇室典範の問題、つまり皇室存亡の危機を顧みない。近頃の国語ブームもまやかしだ。国民は誰も言葉の貧困を本気で考へてゐやしない。

 皇室と国語、今や日本を保守するものはこの二つしかなからうといふのに。万世一系の天皇家、一国一民族のみで純粋に培つて、記紀万葉の時代から連綿と受け継いで来た日本の言葉。この二つが壊れる時、日本は最後の抗体を失ひ、インカ・マヤと同じ運命を辿ることになりはしないか
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-05 23:05 | 雑感 | Trackback(3) | Comments(8)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/5923297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 博士の独り言 at 2007-08-06 06:31
タイトル : 今、NHKがおかしい 2
ランキング(政治)に参加中 一般企業なら、とっくに潰れている! 「NHK」不祥事の隠蔽「処分リスト」流出で発覚した「不祥事74件」の隠蔽工作 不祥事の頻発は棚に上げ、受信料不払いの義務化を画策しつつ、その値下げは頑なに拒み続... more
Tracked from 日比野庵 離れ at 2007-08-06 23:47
タイトル : 縁起のレイヤー (日比野庵 本館 7/13〜7/20 部..
1.縁起の織物 場理論というのが注目されている。レヴィンによって提唱された、ある対象を「物体」というよりはむしろ「場所」として捉えることを前提とする理論のこと。集団で考えれば、「部分としての個人の変化が、... more
Tracked from 本からの贈り物 at 2007-08-07 09:51
タイトル : 『祖国とは国語』 藤原 正彦
祖国とは国語藤原 正彦 (2005/12)新潮社この商品の詳細を見る 昨日9月8日、自民党総裁選が告示された。新しい首相には、教育改革を本格的に行って欲しい。五年前に小泉首相が所信表明演説で用いた「米百俵」の話のように、教... more
Commented at 2007-08-06 08:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-08-06 18:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by キラーT細胞 at 2007-08-06 22:42 x
 初めまして。
 仰る事は全くの正論です。所謂ネツト右翼も、皇室には関心を持つてゐますが、国語国字問題については問題の所在すら意識してゐない人達が圧倒的多数と言へます。正格と云ふ規範を追求する構へを失つた民族の将来は暗いと危惧してをります。
Commented by 日比野 at 2007-08-06 23:55 x
はじめまして。 日比野と申します。
てっくさんのブログ経由でお邪魔させていただきました。

>和服がブームとなり、浴衣がファッションとして扱はれるといふことは、日本人にとつて日本自体がエキゾティシズムの対象になつたといふことであり、自我を失つたといふことだ。日本人が日本人としてではなく、外側から「和」の「文化」を眺めて弄んでゐるといふことだ。

ここの一節に、頭をぶん殴られた思いです。

そのとおりと思います。もはや日本文化を保持している部分が皇室と国語しかない事実をもっと見つめるべきなのですね。

私は、縁起観から、文化の伝達と影響を考えたことがあり、拙文をブログに書いたことがありますが、深く問い直すべきテーマであると改めて思いました。

拙文はTBさせていただきましたが、念のためURLは下記のとおりです。
http://kotobukibune.blog105.fc2.com/blog-entry-12.html
Commented by dokudankoji at 2007-08-07 02:04
キラーT細胞様 日比野様
コメント、TBありがたう存じます。キラーT細胞様、規範意識を失ふといふことは、よりどころを失ふといふことなのでせうね。この国にかなり絶望してをりますが、自分に与へられた場所で出来ることをしてゆく、それしかありません。ただ、そんなに暗くても、僅かなりと希望は捨てません。
日比野様 実は、皇室も国語も浴衣と共に「和」のファッションになりかけてゐるのではないかと不安を覚えます。ファッションとしての「万世一系」、ファッションとしての「美しい日本語」。保守派知識人にすら、それを感じることがあります。
Commented by sesiria at 2007-08-07 09:07 x
私も「ファッションとしての国語、皇室」・・・など、そうかもしれないと思います。浴衣や着物も最近は町で若いお嬢さんが着て歩いているのを
見かけ、それはそれでいいのですがそれ自体がまるで異国への憧憬の結果の「流行」でしかないとすれば 日本民族としてはおかしな事です。
あと、国語について、昔の映画を観ていますと何気ない庶民の生活の中で実に丁寧な品の良い言葉使いが聞けます。もう、現在の普段の生活の中では聞く事が出来ないのです。それ一つをとっても、少なくとも
國語教育は戦前の方が正しかったと思われます。
日本人の根幹に関わる部分でここまで崩壊が進んでいる事について
我々、一人一人もっと真剣に受け止めるべきだと痛感した次第です。
Commented by dokudankoji at 2007-08-07 23:57 x
sesiria様 最近の浴衣の色、酷すぎます。紫色やら黄色、かつて浴衣が生活の中にしつかりと文化として定着してゐたころは今のやうなド派手な色はなく、殆どが白地が主体、男物ではねずみ色や紺もかなりありましたが、白が多かつた。模様も格子縞など抽象的でありながら、まさに日本的でした。今のことに女性の浴衣の模様は悪趣味の一言です。
 小津次郎の映画、私は必ずしも諸手を上げて評価するものではありませんが、言葉がいい。仰せの通り何気ない会話に、品といふか奥床しさ、情緒がありました。今の、特に若い女性の乱暴な言葉を聞いてゐると、同じ民族とは認められません。それが、僅かこの三十年ほどで急激に変化してゐる。戦後直ぐの三十年と、後半三十年では変化の速度が余りにも違ひます、そのことは映像で確かめられますね。
しかし、言葉も着物も、親が伝へるもの、教へてやるもの、その親が既に壊れ出してゐる。安倍総理は、そのことが分かつて教育の改革を進めやうとしてゐるのに、何ら説得力を持たない、信ずれば通ずとでも思つてゐるのでせうか。その「説明力」のなさが今回の敗因の一つでもあります。まあ、あれだけ、メディアが年金年金と騒げば何を言つても無理ですが。
Commented at 2007-08-08 14:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 前記事補足      備忘――二つの「すべし」 >>