2007年 08月 02日

備忘――二つの「すべし」

 日本相撲協会が横綱朝青龍を二場所出場停止処分にした。さらに自宅、部屋、治療の外は謹慎といふ。当然だ。朝青龍は即刻自ら廃業すべし。もしも彼が日本人なら、恥じてさうするだらう。

 米国下院が本会議で「慰安婦対日非難決議」を採択した。採択時、本会議場には議員が十人程しかゐなかつたといふ。異様だ。日本政府は即刻駐日アメリカ大使を呼んで公式に抗議すべし。もしも私が首相なら、怒つてさうするだらう。
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-02 23:00 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/5907021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-08-04 14:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-08-06 11:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by @Random at 2007-08-06 23:54 x
他のブログでもコメントさせていただきましたが,採択時本会議場にゐた議員が十名ほどであったと言ふことは,アメリカの下院議員のほとんどがこの問題から逃げてゐた,と言ふことです.人道問題だけに表立って反対はしにくい.しかし決議案の根拠が疑はしい上に,反日中国人団体から金を貰って祖先の国を貶めようとするマイク・ホンダなる議員に対して直観的に感じる如何はしさ.これらが相俟ってかかう言ふ誠にけったいな採決現場になったのであらうと思ひます.因みに,中国のダルフール問題に対する非難決議では賛成が410,反対がゼロであったさうです.これを見るとアメリカの議会にもそれなりの健全性はあるやうです.しかしもちろん可決は可決であり,看過すべきことではありませんが.
Commented by dokudankoji at 2007-08-07 02:36
@Random様 さうです。アメリカの下院議員は逃げてゐます。日本の衆議院で原爆投下非難決議をやつたらどうなるのでせうね。勿論、私は親米反米同居保守ですから、そんな不毛なことを自由主義世界の国同士がやる意味無しと考へますが。正しい史実に基づき堂々と反論し続ける以外に道はありません。


<< 一つのアナロジー      参院選に思ふ >>