福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 01日

参院選に思ふ

 二年程前、どの記事か忘れたが、小泉は自民党のみならず日本を壊すといつたことを書いた記憶がある。私には、その破壊が着実に進んでゐると思へて仕方がない。

 自民党の派閥・長老政治・族議員…善し悪しは別にして、これらはこの二年で急速に影を潜め、元気をなくし、小泉は間違ひなく自民党を「ぶつ壊し」た。さうして生まれたのはホリエモンに象徴される拝金主義であり、刹那的世界である。勿論、それらはいつの世にもいつの時代にもどこの国にもあつたには違ひない。だが、近代以降の我が国でこれ程にまで、拝金がなぜ悪いといつた「空気」が醸成され、刹那的思考がはびこつたことはあるか。

 確かに、小泉は日本を壊した。少なくとも壊す端緒を作つた。勝てばいい、ホリエモンでも国政選挙の候補にしてしまへ――国民は確かにそれを面白がり楽しんでゐた、当選しようと落選しようと、どちらでも面白がつただらう。その無節操は、いふまでもなく、ホリエモン逮捕を面白がり楽しむ国民と同じ国民なのだ。これ程の刹那的な民のありやうをどう考へればよいのか。

 「劇場型」などといふ分かつたやうな言葉で小泉政治を楽しんでゐた国民もメディアも、よく考へてみるがよい。劇場型とは大袈裟過ぎる、むしろテレビのワイドショー以下の浮かれ騒ぎだらう。現今のメディアに劇場など提供できはしない。

 しかし、怖いのは、拝金主義が瀰漫する今、一方で、例へばあれ程までに持ち上げたホリエモンの逮捕を同じ国民が面白がつてゐるといふ事実なのだ。この怨念の如き暗い情念は、私には反吐が出るほど不快だ。そして、その、情念に絡め取られたやうな行動が今回の参院選の投票行動にも現れた、私は取敢へず、今、さう考へてゐる。

 安倍首相に、あるいは安倍内閣に国民がNOを突きつけたとか、お灸をすゑたとか、今回ばかりは、さうは考へられない。今までの選挙では、時に選挙民のバランス感覚の如きものが働くのを確かに目にしてきた。しかし今回の「大敗」(あるいは民主の「大勝」)はそんなバランス感覚とは違ふ気がしてならない。

 その背後に、かつては時代の寵児とまで持ち上げたホリエモンを寄つてたかつて叩くのと同じ怨念の如きものがある、さう思へてならない。そこまでは言はぬとしても、今は取敢へず安倍を叩き自民を叩くのを面白がる、選挙民としては無責任きはまりないゲーム感覚があるといふ感じがしてならないのだ。

 安倍といへば、かつて拉致問題における毅然たる態度で人気沸騰の政治家だつたはずだ。北朝鮮が最も忌み嫌ふ首相で、その退陣を最も願つてゐたのが金正日であることは容易に想像がつかう。そして、その拉致問題はいまだ何ら解決してゐない。拉致といふ国家の存在の根幹に関る問題、つまり安全保障、教育問題等、国家のありやうに根本的に関はる問題が参議院といふ良識の府の選挙での争点から外され、年金問題や「政治とカネ」とやらのみが争点になり、言ふまでもなくメディアが作り出したそのムードのみに乗り、さあ自民を懲らしめようといふ投票行動はをかしくはないのか。

 メディアに踊らされてゐるのか、刹那的に踊りたいのか。その背後に、拝金思想に染まりながら、自らを「持たざる者」であると勝手に思ひ込み、どこかにゐる見えない誰かをねたみそねむ暗い怨念、情念が働いてゐないと断言できるだらうか。さういふ見当違ひの投票行動、さらにいへば選挙を遊んでゐる(ゲーム)いい加減さ、不真面目さはないか。街頭インタビューで「今回は民主党に入れました」とニコやかにケロッと言つてのけるOLらしき人間の顔からは、「今日の献立はオムライスにしました」といふが如き、限りなき軽さ・浮薄しか感じられない。

 もし、さうだとすれば民主主義の罠に、落とし穴に、私達日本人が揃つて嵌り落ちたのが今回の選挙だと言へるのかもしれない。要は衆愚政治。江藤淳は靖国のことを考へるにはソフォクレスの『アンチゴーヌ』を読むがよいと言つたが、その顰に倣つて、民主主義のことを考へるにはシェイクスピアの『コリオレイナス』をお奨めするとだけ言つておく。

 選挙民が――我々が、国の姿を、国のありやうを考へず、年金問題や「政治とカネ」といつた内側を向いた――つまり個人に纏はる問題のみをクローズアップする時、つまりエゴイストの自己愛ばかりを発揮する時、民主主義は死ぬ。

 安倍に義理立てする謂はれは、私には全くない。そして、安倍自身に、あるいはその閣僚に未熟さが目立ち、馬鹿馬鹿しいやうな「瑣末」な問題が次々に出来したことも事実には違ひない。しかし、安倍が首相になつてから大きな失政があつたと言へるか。他方、「大勝」するに足るだけの政治的手腕なりヴィジョンなりが民主党に僅かなりとあると言へるか。

 この選挙結果を見ていると、国民がこの国を死に体にした、私にはさうとしか見えない。ヘタマゴすれば、私達は再び失はれた十年を経験し、今度こそ経済的にも政治的にも外交においても立ち直れなくなり、恐らくは中共の一部に併呑されることだらう。今、最も喜んでゐるのは彼の国と北鮮だ。民主党は青くなつて、衆議院解散が出来る限り先であることを願つてゐるだらう。

 今回の保守層の民主党への投票といふ行動こそ、「ぶつ壊さねば」ならないものだと、恐らく安倍は思つてゐるはずだ。その欺瞞的偽善的な戦後の思考をぶつ壊すことが、憲法、安全保障、拉致といつた問題を解決に導く王道だといふことだ。「お灸をすゑる」といつたしたり顔をしてみせる、「成熟した民主主義」なる嘘つぱちをぶち壊すことが、いはゆる戦後体制イコール占領後遺症からの脱出する道だと、安倍は考へてゐるのではないか。愚直なほどの、あるいはナイーブと言つてもよいその信条は正しい。が、その正しさを国民に伝へる術を持たぬ限り、安倍はそこまでの政治家だといはれても仕方あるまい。

 拉致問題、歴史認識、教科書問題、皇室典範、東京裁判等々、どれをとつても、小泉より明確に、ものが見えてゐたのは、安倍だつたではないか。拉致を、道半ば(もしくは糸口)とはいへ、解決に一歩近づけ導いたのは小泉ではない、安倍の粘りだつたとか。安倍は「美しい国」などといふ小泉流ワンフレーズ・ポリティクスを直ちに止め、GHQ下の憲法制定や皇室典範改変、あるいは教育基本法制定を「本格的」に見直すと言明すべきだ。もつと言葉を費やせ。日本を日本たらしめたい、さう、はつきりと語れ。

 最後に、今回の選挙結果だが、もしかすると実はやはり選挙民の絶妙なバランス感覚の発露かも知れぬと、私にしても、一縷の望みを繋ぎ願つてはゐる。自民大敗が、といふより、民主の大勝が小澤の狙ひのやうな、総選挙を通しての政権奪取ではなく、(いや、その段階を経てもよいのだが)、真の形での政界再編に繋がつてくれることを祈るやうな気分でゐる。さうなるならば、今回の選挙は日本救出の一大エポックと呼べるだらう。

 ただし、私達日本に、それほど多くの時間が残されてゐるとは思へない。拉致家族のことを考へてみることだ。中共の脅威を考へてみることだ。米国のブレ方を考へてみることだ。一日も早く我が国は独立しなくてはならない……。
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-01 01:19 | 雑感


<< 備忘――二つの「すべし」      出世払ひ >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項