2007年 08月 01日

参院選に思ふ

 二年程前、どの記事か忘れたが、小泉は自民党のみならず日本を壊すといつたことを書いた記憶がある。私には、その破壊が着実に進んでゐると思へて仕方がない。

 自民党の派閥・長老政治・族議員…善し悪しは別にして、これらはこの二年で急速に影を潜め、元気をなくし、小泉は間違ひなく自民党を「ぶつ壊し」た。さうして生まれたのはホリエモンに象徴される拝金主義であり、刹那的世界である。勿論、それらはいつの世にもいつの時代にもどこの国にもあつたには違ひない。だが、近代以降の我が国でこれ程にまで、拝金がなぜ悪いといつた「空気」が醸成され、刹那的思考がはびこつたことはあるか。

 確かに、小泉は日本を壊した。少なくとも壊す端緒を作つた。勝てばいい、ホリエモンでも国政選挙の候補にしてしまへ――国民は確かにそれを面白がり楽しんでゐた、当選しようと落選しようと、どちらでも面白がつただらう。その無節操は、いふまでもなく、ホリエモン逮捕を面白がり楽しむ国民と同じ国民なのだ。これ程の刹那的な民のありやうをどう考へればよいのか。

 「劇場型」などといふ分かつたやうな言葉で小泉政治を楽しんでゐた国民もメディアも、よく考へてみるがよい。劇場型とは大袈裟過ぎる、むしろテレビのワイドショー以下の浮かれ騒ぎだらう。現今のメディアに劇場など提供できはしない。

 しかし、怖いのは、拝金主義が瀰漫する今、一方で、例へばあれ程までに持ち上げたホリエモンの逮捕を同じ国民が面白がつてゐるといふ事実なのだ。この怨念の如き暗い情念は、私には反吐が出るほど不快だ。そして、その、情念に絡め取られたやうな行動が今回の参院選の投票行動にも現れた、私は取敢へず、今、さう考へてゐる。

 安倍首相に、あるいは安倍内閣に国民がNOを突きつけたとか、お灸をすゑたとか、今回ばかりは、さうは考へられない。今までの選挙では、時に選挙民のバランス感覚の如きものが働くのを確かに目にしてきた。しかし今回の「大敗」(あるいは民主の「大勝」)はそんなバランス感覚とは違ふ気がしてならない。

 その背後に、かつては時代の寵児とまで持ち上げたホリエモンを寄つてたかつて叩くのと同じ怨念の如きものがある、さう思へてならない。そこまでは言はぬとしても、今は取敢へず安倍を叩き自民を叩くのを面白がる、選挙民としては無責任きはまりないゲーム感覚があるといふ感じがしてならないのだ。

 安倍といへば、かつて拉致問題における毅然たる態度で人気沸騰の政治家だつたはずだ。北朝鮮が最も忌み嫌ふ首相で、その退陣を最も願つてゐたのが金正日であることは容易に想像がつかう。そして、その拉致問題はいまだ何ら解決してゐない。拉致といふ国家の存在の根幹に関る問題、つまり安全保障、教育問題等、国家のありやうに根本的に関はる問題が参議院といふ良識の府の選挙での争点から外され、年金問題や「政治とカネ」とやらのみが争点になり、言ふまでもなくメディアが作り出したそのムードのみに乗り、さあ自民を懲らしめようといふ投票行動はをかしくはないのか。

 メディアに踊らされてゐるのか、刹那的に踊りたいのか。その背後に、拝金思想に染まりながら、自らを「持たざる者」であると勝手に思ひ込み、どこかにゐる見えない誰かをねたみそねむ暗い怨念、情念が働いてゐないと断言できるだらうか。さういふ見当違ひの投票行動、さらにいへば選挙を遊んでゐる(ゲーム)いい加減さ、不真面目さはないか。街頭インタビューで「今回は民主党に入れました」とニコやかにケロッと言つてのけるOLらしき人間の顔からは、「今日の献立はオムライスにしました」といふが如き、限りなき軽さ・浮薄しか感じられない。

 もし、さうだとすれば民主主義の罠に、落とし穴に、私達日本人が揃つて嵌り落ちたのが今回の選挙だと言へるのかもしれない。要は衆愚政治。江藤淳は靖国のことを考へるにはソフォクレスの『アンチゴーヌ』を読むがよいと言つたが、その顰に倣つて、民主主義のことを考へるにはシェイクスピアの『コリオレイナス』をお奨めするとだけ言つておく。

 選挙民が――我々が、国の姿を、国のありやうを考へず、年金問題や「政治とカネ」といつた内側を向いた――つまり個人に纏はる問題のみをクローズアップする時、つまりエゴイストの自己愛ばかりを発揮する時、民主主義は死ぬ。

 安倍に義理立てする謂はれは、私には全くない。そして、安倍自身に、あるいはその閣僚に未熟さが目立ち、馬鹿馬鹿しいやうな「瑣末」な問題が次々に出来したことも事実には違ひない。しかし、安倍が首相になつてから大きな失政があつたと言へるか。他方、「大勝」するに足るだけの政治的手腕なりヴィジョンなりが民主党に僅かなりとあると言へるか。

 この選挙結果を見ていると、国民がこの国を死に体にした、私にはさうとしか見えない。ヘタマゴすれば、私達は再び失はれた十年を経験し、今度こそ経済的にも政治的にも外交においても立ち直れなくなり、恐らくは中共の一部に併呑されることだらう。今、最も喜んでゐるのは彼の国と北鮮だ。民主党は青くなつて、衆議院解散が出来る限り先であることを願つてゐるだらう。

 今回の保守層の民主党への投票といふ行動こそ、「ぶつ壊さねば」ならないものだと、恐らく安倍は思つてゐるはずだ。その欺瞞的偽善的な戦後の思考をぶつ壊すことが、憲法、安全保障、拉致といつた問題を解決に導く王道だといふことだ。「お灸をすゑる」といつたしたり顔をしてみせる、「成熟した民主主義」なる嘘つぱちをぶち壊すことが、いはゆる戦後体制イコール占領後遺症からの脱出する道だと、安倍は考へてゐるのではないか。愚直なほどの、あるいはナイーブと言つてもよいその信条は正しい。が、その正しさを国民に伝へる術を持たぬ限り、安倍はそこまでの政治家だといはれても仕方あるまい。

 拉致問題、歴史認識、教科書問題、皇室典範、東京裁判等々、どれをとつても、小泉より明確に、ものが見えてゐたのは、安倍だつたではないか。拉致を、道半ば(もしくは糸口)とはいへ、解決に一歩近づけ導いたのは小泉ではない、安倍の粘りだつたとか。安倍は「美しい国」などといふ小泉流ワンフレーズ・ポリティクスを直ちに止め、GHQ下の憲法制定や皇室典範改変、あるいは教育基本法制定を「本格的」に見直すと言明すべきだ。もつと言葉を費やせ。日本を日本たらしめたい、さう、はつきりと語れ。

 最後に、今回の選挙結果だが、もしかすると実はやはり選挙民の絶妙なバランス感覚の発露かも知れぬと、私にしても、一縷の望みを繋ぎ願つてはゐる。自民大敗が、といふより、民主の大勝が小澤の狙ひのやうな、総選挙を通しての政権奪取ではなく、(いや、その段階を経てもよいのだが)、真の形での政界再編に繋がつてくれることを祈るやうな気分でゐる。さうなるならば、今回の選挙は日本救出の一大エポックと呼べるだらう。

 ただし、私達日本に、それほど多くの時間が残されてゐるとは思へない。拉致家族のことを考へてみることだ。中共の脅威を考へてみることだ。米国のブレ方を考へてみることだ。一日も早く我が国は独立しなくてはならない……。
[PR]

by dokudankoji | 2007-08-01 01:19 | 雑感 | Trackback(4) | Comments(13)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/5896325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Let's Blow! .. at 2007-08-01 13:30
タイトル : ミンスの跫(あしおと)が聞こえる(but sneak u..
ホントは、参院選分析その2ってので、ちょっとまじめに書いてみようかなと思ってたん...... more
Tracked from 博士の独り言 at 2007-08-01 19:32
タイトル : 今だ、公明党と手を切れ!
公明党と手を切れ、自民党 公明「協力区」で全滅 自公共闘、機能せず  今回の参院選で与党が大敗したひとつの原因に、自民、公明両党の選挙協力が進まなかったことがうかがえる。なかでも、産経新聞と共同通信による出口調... more
Tracked from 藪の眼には涙もでない at 2007-08-02 17:27
タイトル : 「常なる心」は残っているか?
 およそ政治とはかけ離れた世界に住み、政治家になる欲望も抱いたことのない私にも、「政治は力の駆け引きのゲーム」であるという理屈くらいは分かる。同時に政治の領域においても「理想」と「現実」は異なるし、過去の戦争を... more
Tracked from 途転の力学 at 2007-08-06 14:39
タイトル : 小沢民主党大勝の原因を探る
下馬評どおり、自民惨敗、民主大勝となりました。 もっと正確に言えば、民主大勝、他惨敗ということになるのでしょうが。... more
Commented by milesta at 2007-08-01 09:13 x
ゲーム感覚のようなものを私も感じました。自分の思うようにいかないとすぐに切り捨てたり攻撃する。オピニオンリーダーが「あっちの水は苦いぞ。」と一言言うと、我先にと甘そうな方向に動き出す。そして、ターゲットを徹底的に打ちのめす。ネットの「炎上」にも似ている気がしました。
あくまで推測ですが、携帯電話やゲーム、さらにはネットでの情報収集に慣れると、じっくり考えるということが苦手になり、拙速な態度や行動に出やすくなるのではないかとも思っています。
Commented by おれんじ at 2007-08-01 23:51 x
私も今回の選挙におけるマスコミの煽りようと結果には心底呆れましたが、これが真の意味でよい方向に向かう前兆であって欲しいと祈っております。
Commented by dokudankoji at 2007-08-02 00:22
milesta様 ゲーム気分にさせたのは、誰なのか、考へてみたいと思ひます。メディア? 自民党そのもの? 時代? 人間は自分の中に沈潜することが必要です。さうすれば、ことに当たつてゲーム感覚などになるはずはないのではないか。とすれば、やはり、責められて然るべきは有権者一人一人でせう。
おれんじ様 まさに祈るしかありませんね。風が吹いたとか、お灸とか、一寸先は闇とか、さういふ軽い言葉で日本人は、マスメディアはこの国を、さらに軽い存在にしてしまふ…。「博士の独り言」氏のいふ如く公明を切れぬ限り、よい方向には向かぬのではと危惧してゐます。
その「博士の独り言」様TB感謝、いつも興味深く拝読してをります。公明を切れと言ひ続ける遠藤浩一氏は正しい。
てっく様、二度の御紹介、多謝。持ち上げすぎないで下さい。小生、書く時はいつももがき苦しんで、ふうふう言ひながら書いてゐる体たらくです。謙遜なんかぢやありません。
Commented by 明日太郎 at 2007-08-02 11:42 x
国民にバランス感覚など最初から存在しない。
大衆はマスコミの報道に熱狂する。

あるブログのコメント欄にあったものを掲載しておきます。
私もこの意見に同感です。



ちょくちょく今までの選挙で、与党にも野党にも大きく傾くことがなく、はっきりとした勝ち負けのない事を、「日本人の絶妙なバランス感覚だ」なんて評論家がしばしば言っていますが・・・
今日のを見て、とてもそんなことは言えたもんじゃないですね。

単に多くの人がほとんど何も考えずに投票した結果、数学上の確率的な分散をしていただけの話で、別に右にも左にも傾かない絶妙なバランスで生まれた結果ではなかったわけで。

今日の結果はいかに多くの人が、どれほどマスコミに流されているかという証左になりましたね。別に自民が負けたから嘆くのではなく、民主がここまで勝ってしまうのは、心底嘆かずにはおられません・・・。

WFD 2007-07-30 05:17:58
Commented by dokudankoji at 2007-08-03 00:58
明日太郎様 バランス感覚なるものが意識の上で存在することはあり得ないでせう。ただ、例へば民社党が健在だつた頃、自民対社会の構図の中で、保守層が民社に多くを期待しての投票行動はあつたと思ひます。そこに意識下で、あるいは結果的にバランスが働いたことはあるのではないでせうか。
小泉の頃から国政選挙は衆愚のお遊び投票になり果ててゐる、その意味で、もはやバランス感覚などなくなつてゐるでせう。一縷の望みと書いたのは、九割がた、言葉の綾といふところ。民主の票の取りすぎ、小選挙区制の功罪等、考へなくてはならぬ問題が山のやうにあります。
Commented by てっく at 2007-08-03 15:56 x
福田先生
事前にお伺ひも立てずに勝手な眞似をしてしまひました。
私が、參院選以降切齒扼腕し、これでもかといくつもエントリを立てて呻吟しながらもうまく言ひ表せなかつたことをあまりにも明快に記述してをられましたので、これは一人でも多くの人に讀んでもらはねばと、ゐてもたつてもゐられずにああいふ行動に至りました。
その甲斐あつてか、當方からは700人近い方が讀みに來られてゐるやうです。
最近になく、嚙み締めることのできた、また嚙み締めるうちに何故かジーンとくる評論を讀ませていただきました。
また、かういふときはやはり正字正假名に限りますね。
Commented by dokudankoji at 2007-08-03 16:10
てっく様 御紹介本当に有り難うございます。普段のアクセスから見ると、「てっく効果」は1,500を越えて2,000近いのではないかと推測しています。
また、お褒め頂いて恐縮してしまいます。上に書いたとおり、書く時はいつも四苦八苦なのです。
正漢字を使ふことも視野に入れてはゐるのですが、いまの私のPC環境で最も手間が掛からないのは何か考へると、ハードルが高く、日本語ソフトやらエキサイト以外への移行やら頭を悩ませてゐます。
Commented at 2007-08-03 16:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by @Random at 2007-08-05 10:22 x
今回の自民大敗の原因は二つあると思ひます.小泉郵政選挙における大勝の反動と,マスコミの執拗な安倍たたきです.いづれにおいても,安倍政権があまりにも無策,無防備であったこともありますが,ご指摘の通り,いともた易くムードに流されてしまふ愚昧かつ軽薄な国民の精神構造は嘆かはしい限りです.かつて福田恆存は大衆は無知でもその方向感覚は健全であると言ふ意味のことを仰いましたが,どうやらこの言葉も当てはまらないほど日本人は劣化してしまったやうです.それでゐてその国民を叱る,あるいは窘める人はほとんどをりません.貴ブログはその意味で貴重な存在であると思ひます.
安倍首相はどうすべきか.政権を維持できる条件がある限りは維持して自分の信念を貫くべきでせう.そして頃合を見て衆院を解散する.その際,公明党との協力関係はすっぱり断ち切るべきかと思ひます.その結果自民党が一旦野に下ることがあるかもしれませんがそれはそれでよいのではないかと思ひます.

Commented by dokudankoji at 2007-08-05 18:44
@Random様 リベラル・人権・仲良し・優しさ、そして、癒し……かう並べると今の日本の欺瞞が浮かび上がるやうな気がします。占領政策に毒され、ピンボケ平和主義に染まつた人々の能天気が日本をどこに導くのか、いつその事、総選挙で民主に大勝させて、その右往左往振りを見たい気すらしてしまひます。平和など概念の上のものであり、存在し得ないから理想にもなる、そんなことすら分からないのでせうか。

 仰せの通り公明を切り捨てることしか、自民の生きる(勝つ)道は無いのですが、それが分からない人が多すぎます。公明を切つても自民が下野することはないでせう。その時こそ、国民も含め保守が目覚めるはづです。公明がくつついてゐるから自民に投票しない「無党派層」が、かなりゐると私は考へてをります。
 ブログお褒めにあづかり恐縮至極。
Commented by sesiria at 2007-08-06 11:39 x
この選挙の結果を見て不愉快でなりませんでした。
小泉時代には熱狂的に支持し、その小泉のツケが今一気に襲っているのに、ひたすらに安倍総理を「悪」に仕立て上げているマスコミと
それに易々と乗ってしまっているこの国民に対してです。
郵政民営化に賛成した時点で国民に対する絶望感は計り知れず
今また脱力するほどがっかりしています。
自民党の票が減るのは当然としても、民主党がここまで勝ってしまうとは
不安を覚えずにはいられないのです。
Commented by おれんじ at 2007-08-07 00:43 x
先日コメントさせていただきましたおれんじと申します。お返事ありがとうございます。前回書き忘れましたが、先日受けた拓大の講座で遠藤浩一先生がご尊父の福田恆存先生の占領時に書かれた記事を取り上げていらっしゃいました。実に鋭い内容で驚嘆するばかりでした。遠藤先生も絶賛していらっしゃいました。(遠藤先生はいつも情熱的ですよね!)
Commented by dokudankoji at 2007-08-07 02:09
sesiria様 おれんじ様
コメント有難うございます。選挙後のアンケートを見るとアンケートといふものあを信じないか、応へた人々の思考の支離滅裂に呆れるか、どちらかになります。

遠藤浩一先生、大変エネルギッシュでもあり、聡明な方です。独特の切れ味です。


<< 備忘――二つの「すべし」      出世払ひ >>