福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 30日

言葉について(二)~『星の王子さま』編

 「なじみになる」「絆を結ぶ」 
 この二つは、実はミクシィのある知人の記事を端緒として議論が交はされてゐた語句である。著作権が切れて雨後の筍の如く出版されたサン=テグジュペリの『星の王子さま』の邦訳に絡む話である。中に王子と狐の会話があるが、そこにこの二つの訳語の元となる語句が出てくる。原文では'apprivoiser'(≒なつく)と'créer des liens'(≒つながりを持つ)で、王子と狐との会話では、前者の単語の意味を聞かれた狐が王子にその説明をするところに後者の語句が使はれてゐるといふ(といふと書いたのは、私は仏語の原典に当たつてゐないからである)。

 コメントをしたある方が、前者の語'apprivoiser'がどう日本語に訳されてゐるか、手元にある翻訳書(十二種!)から抜書きしてゐた。その中に「なじみになる」といふ訳が三例あるさうだ。 'apprivoiser'は英語でいへば'tame'だらうが、「なつく・飼ひならされる・手なづけられる・従順な」などといふ意味合ひとならう。英仏の言葉の語義はさて措き、ここで描かれてゐる情景は王子が狐に「遊ぼう」と問ひかけるのに応へて、狐が「遊べない、あんたに'apprivoiser'されてゐないから」と言ふ。この訳語が、「飼いならされる」「仲良しになる」「なつく」などと様々に訳されてをり、それぞれの翻訳者の苦労の跡が如実に現れてゐる。

 しかし、幾らなんでも「なじみになる」はないだらう。遊女相手ぢやあるまいし、私には狐と王子が馴染みになつた姿など想像できない。我が家の愛犬(柴の雌)は私に「なついて」ゐる、「飼ひならされて」ゐる、「仲良し」といへなくもない。しかし私は愛犬と「なじみになつた」覚えは一度もない。確かに難しい箇所だとは思ふ。翻訳不可能に近いことも分かる。だが、翻訳において、ある言葉を選ぶとき、それが日本語でどういふ文脈で使はれるか、どういふ状況に使ふ言葉か、その吟味をせずに選ぶとしたら、翻訳者として杜撰といはれても仕方ない。私自身、これまでの翻訳の中で杜撰と言はれる可能性はありうる、さういふ覚悟でこれを書いてゐるが、さうであつてもやはり狐と「なじみになる」のはをかしい。文法的な誤りではないが、私には気になる。

 次の「絆を結ぶ」であるあるが、これは後者'créer des liens'の訳として、やはり数種の訳書で使はれてゐるさうだが、これもをかしい。「絆」は「結ぶ」ものではない。「絆」で「結ばれる」ものだらう。白川静の『字通』に従へば、「絆」とは、動物の、殊に馬の脚を繋ぎとめておくひも(綱)といふ言葉だといふ。日本国語大辞典に拠るとクビツナ・ヒキツナ・ツヨキツナ・騎綱などが語源と考へられるらしい。山田美妙の『日本大辞書』では息綱から出た言葉としてゐる。

 いづれにせよ、「絆」といふ語そのもののうちに、既に何かがツナで結ばれた状態が含まれてゐると考へてよい。あるいは既に何かをしつかりと結んだツナが「絆」といふことであり、従つて、結んだツナを結ぶといふ言ひ回しはをかしい。結んだツナによつて二人が結ばれてゐる、つまり固い「絆で結ばれる」といつた言ひ回しが素直であらう。おそらく、この「絆を結ぶ」といふ言ひ回しは「契りを結ぶ」との混用・混乱から始まつたのではないかと、私は推測してゐる。

 ついでにいへば、既にお分かりのことと思ふが、絆を「きずな」と書かせる現代仮名遣ひは間違つてゐる。ワープロのローマ字入力ではkizunaとスに濁点の意識で打たないと「絆」に変換されない。一方tadunaと、ツに濁点の意識で打つと「手綱」に変換される。つまり、現代仮名遣ひに従つたワープロソフトは、我々日本人に「手綱」にはツナである語意識を持てと命じ、「絆」はツナではなく、スナに濁点のズナと考へろと強要し、ツナから出た言葉であることを忘れよと命ずるらしい。生砂(キズナ)ぢやあるまいに。

 ツナといふことで言へば、「繋ぐ」は勿論「綱」の動詞化であることは言ふまでもない。手綱・絆・繋ぐ、これらがツナといふ一つの語意識で結びつかないやうな仮名遣ひは誤つてゐる。ついでに仮名遣ひの「遣ひ」もdukaiとツの濁点でよろしいらしいから、現代仮名遣ひはややこしい。

 「絆」に戻るが、「絆す」で「ほだす」とよむことは御存じだらうか。名詞形は「ほだし」となる。「ほだし」とは、まさに馬の脚などを繋ぐ縄・手かせ足かせ・束縛そのものを意味する語であり、動詞の「ほだす」は「繋ぎとめる・行動などを束縛する」といふことになる。むしろ受身にして「ほだされる」といふ言ひ回しのほうが馴染みがあるかもしれない。「女の情にほだされて」といへば、「女の心根に絡め取られて」とでもいへばよからうか、つまり、束縛した状態が「絆」で、話は元に戻つて「心根を縛り付けるような情によつて結ばれた」のが「固い絆で結ばれた」状態であり、「絆を結ぶ」のはやはりをかしいのである。

 以上、二回続けて言葉の誤用を取り上げたが、最初にも書いたやうにこれは書いてゐて恐くなるといへば大袈裟かもしれないが、単純なミスはいふまでもなく、思ひこみも含め私自身誤用を免れることは出来ない。勘違ひもありうる。人の誤用をあげつらへば、明日はわが身に降りかかつてくる。何を偉さうにといふ声すら聞こえて来さうな気がする。それでもなほ、指摘すべきは指摘しておく。勿論、自分が過ちを指摘されたなら、恥ぢて以後正すのみである。

 附記
 前回の「意表に出る」を読んで早速日本国語大辞典の第二版(平成十二年刊)を調べて下さつた方から、ミクシィ内でご教示いただいたが、案の定といふか「意表を突く」の使用例が漸く第二版に出てゐるさうだ。安部公房が最初に出てゐるとのこと、間違ひなく昭和になつてから使はれ出したのだらう。
[PR]

by dokudankoji | 2006-09-30 01:29 | 雑感


<< 『源氏十二段』――岡崎の素浄瑠璃      言葉について(一) >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項