2006年 08月 29日

ご安産を祈りつつ

 今年初めにも書いたが、紀子様ご出産を間近に控へ我々が「静謐な」環境で慶事を迎へるべきではあらうが、もう一度言つておきたい。

 お生まれになるのが親王であれ内親王であれ、私達は皇室典範の「改正」を考へなくてはならない。急ぐことはないが、早いに越したことはない。皇室の安定した存続は我が国の「アイデンティティ」の最たるものと思ふ。(私は日本が日本であるゆゑんは二つ、古来連綿と続く皇室と、万葉の時代から本質的にかはらぬ日本語だと考へてゐる)。

 囂しい女系論がまたぞろ復活することは明らかである。そこで、既に言ひ古されたこと、私自身もあちこちで発言したことの繰り返しではあるが――小泉後の内閣は、嘗ての愚かな有識者たちの「答申」とやらを一旦棚上げし、元皇族の復帰や現皇族との養子縁組によつて男系男子による継承を確かなものにするべきだ。

 二千有余年の歴史に比べれば、戦後の高々六十年など吹けば飛ぶような短時日。その間臣籍降下された方々を皇族として復活することなど造作もないことだ。女系主張などといふことの方が余程怖ろしい言動だらうが。

 紀子様ご出産後のメディアの騒ぎ方を今から「楽しみに」してゐる。

******************************************************

 実は、二週間近く体調を崩してゐる。体に何とはなしの違和感を覚えたのが丁度二週間前、単に夏バテと決め込んでゐた。どうやらさうでもないやうだと感じて医者に行くまでに数日を要し、ダウンしてからは十日近く。今日あたり漸く家の中を動けるやうになつた次第。尤も、この間、だるさと微熱に痒みと痛みのみで、高熱に苦しむわけでなし、寝転がつて気軽な読書と、CDで落語や浄瑠璃を聴くといふ贅沢な日々を過ごした。今は神様がくれた夏休みと思つて納得してゐる。ただ、原稿を一つ断らざるを得なかつた。忸怩たる思ひである。そして、雑用に忙殺される日々が再び始まりさうなのが憂鬱な昨日今日ではある。
[PR]

by dokudankoji | 2006-08-29 20:53 | 雑感 | Trackback(3) | Comments(10)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/3665854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Let's Blow! .. at 2006-09-06 09:46
タイトル : 祝・ご誕生・皇孫殿下
親王殿下がご誕生あそばしました 41年ぶりの親王殿下がお産まれになったこと、衷心...... more
Tracked from びーちぇの別館 at 2006-09-06 10:54
タイトル : 祝・皇孫殿下ご誕生
祝・皇孫殿下ご誕生皇統の末長きを祈り寿ぎ奉る... more
Tracked from びーちぇの「ヲシテのクニ」 at 2006-09-06 20:12
タイトル : 新宮さまと「アマガツ」
親王殿下のご誕生を心からお祝い申し上げます。 朝からつつがなきご誕生をお祈りし... more
Commented by patra at 2006-08-31 03:50 x
ご病気だったのですか?
どうぞ無理をなさらないでください。

私と母も元皇族方からのお血筋の復活や養子縁組など考慮することが正しい男系継承としてのあり方では!?と考えております。
Commented by dokudankoji at 2006-08-31 11:11
 はい、無縁と思つてゐた帯状疱疹。この病気が痛いものだとは知りませんでした。未だに痛みが残つてゐますが、人により発症の部位により発症の仕方も後遺症の残り方も千差万別のやうですね。
Commented by ぽち at 2006-08-31 21:26 x
1ヶ月も更新されないので、変だなと案じていました。
帯状疱疹でしたか。
1日も早くの全快をお祈りしています。
Commented by dokudankoji at 2006-09-01 02:59
ぽち様 ありがたう存じます。ただ、更新がおろそかなのは必ずしも病気のためではなく、怠惰と雑事に追はれてゐるせいもあります。週に一回のつもりで始めたブログが、平均二週に一回くらゐになつてしまつてをり、これも忸怩たる思ひです。
Commented by 世留 at 2006-09-01 10:58 x
帯状疱疹はうつらないと言われていますが、私はウツシタことがあります。
うつった同級生のマルボーリオ・吉田君の方が酷い症状でした。
又、一度罹れば、免疫ができるといわれていますが、二度罹った人を何人か知っています。
御大事にして下さい。
Commented by あび卯月 at 2006-09-01 21:42 x
御病気、いち早く御恢復されることを祈つてをります。
どうぞ、御大事にされてください。

----------

今回の記事も大変共感いたしました。
皇室の存続の為には一刻も早く臣籍降下された旧皇族の方々を皇族に復帰させることですね。
Commented by dokudankoji at 2006-09-02 22:28
あび卯月様 ありがたう存じます。情けない限りで、医者に年齢を考へたら免疫力は落ちてゐるから、などと脅かされてゐます。
安倍政権になると、皇室典範の有識者会議も一新されゼロからスタートなのではと、期待はするものの、すべて一寸先は闇です。油断は禁物。

世留様 マルボーリオは原でせう? 
私の知人でも数年に一度再罹患する人が二人ゐます。気をつけます。また、知人の娘で顔面神経痛が残り完治に三年掛かつた方もをり、失明もありうるとか。まだだるさがありますが、少しづつ現場復帰してゐます。
Commented by 世留 at 2006-09-05 12:26 x
落ち込んでおります。
そうですよ。原ですよ。
うーむ、呆けたか?(前からだ、なんていいっこなし。)
Commented by dokudankoji at 2006-09-05 23:57
世留様 で、うつされたのは原ですか、吉田ですか?
Commented by 世留 at 2006-09-06 12:20 x
吉田君です。同棲していた頃。わっ!気持ち悪い!!
ところで、提灯行列の方、どうしますか?


<< おめでたきこと      七月の芸能二題 >>