福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 13日

神が舞ひ降りる

 阿久悠氏の書くものはいつも面白く頷かせられることが多い。十日ほど前の産経新聞のコラムに書いてゐたこともさうだつた。そのコラムそのもを取り上げようといふのではないが、その中で触れてゐる事から、書きたくなつたことがある。少々長いが、まづ氏のコラムから抜粋する。

 ≪オリンピック中継を見ていたら、敗者でありながら、「満足しています」「よくやったと思います」と、胸を張ってるかに思える若者が多くて驚いた。大会前の台詞が妙に劇画的で心配していたのだが、劇画的啖呵の手前なのか、態度を変えない。/時々オリンピックには、「言葉の誤解」が生まれることがある。時代の流れの読み違えといってもいい。/アトランタの時だと思うが、やたらに「オリンピックを楽しむ」という言葉が流行り、多くの選手がそう言った。そして、ご存じのように惨敗した。誤解は「楽しむ」である。日本の若者たちは、日の丸も忘れ、記録も気にせず、自分のその時間を楽しめばいいと解釈した。気楽にのびのびとやれやれである。誰のためでもない、自分が楽しいかどうかだと。/同じ意味の言葉を世界記録保持者のアメリカのスプリンターは、「もの凄い記録を出すと神が降りて来る。それが楽しむということだ」と言い、ぼくらは蒼ざめた。オリンピックを見ると、その時代の日本人がわかる≫

 トリノでも、やはり「楽しみたい」「楽しめた」といふ言葉をメダルも何もない、そして入賞もしていない選手の口から何度か聞いた記憶がある。いつもそれに苦々しい思ひをしてゐた私には大いに共感できる一節だつた。

 それはそれとして、この「神が降りて来る」ことに立ち向かふアスリートを、多くの日本人選手は、あるいは日本人はどう考へるのだらう。単なる比喩と思ふのだらうか。この言葉を口に出来るアスリートに私は羨望を超えて嫉妬すら覚える。

 「神が降りて来る」瞬間を期するとは、どんな心境なのか。如何なる立場に立てば、如何なる職業に就けば、望み得ることなのか。我々凡人には無縁の境地なのか。あるいは誰にも一生に一度くらゐの可能性はあることなのだらうか。

 当たり前だが、残念ながら私自身にもその経験はない。ただ、阿久悠氏のエッセイにかこつけて、この記事を書かうと思ひたつたのは、少なくとも神が舞ひ降りる瞬間に、つい最近立ち会つたと信じてゐるからである。

 それは二月の歌舞伎座、夜の部の『京鹿子娘二人道成寺』(きょうかのこむすめににんどうじょうじ)のことだつた。この所作事はそもそもは一人で踊る。題の「二人」を取つた元の『京鹿子娘道成寺』(いはゆる安珍清姫の物語)は初演が宝暦三年の舞踊であるが、江戸後期になつてから何度か二人の踊り手で舞台に掛けられてゐる。今回は二年前に続けて玉三郎と菊之助の二人で踊つた。

 今まで二人で踊る時は二人の踊り手が花子と桜子といふ二人の白拍子を踊り分けるのだが、今回は花子とその分身といふ設定になつてゐる。いはば陰と陽。実の花子と花子分身=霊とも言へる。舞台の使ひ方の例で分かりやすく説明すれば、一人目の花子(陽)の出は花道から、二人目(陰)は「お化け」や死者などが使ふ花道七三にあるセリ(スッポン)からせり上がる、といつた具合である。

 正直に言つて私は舞踊物を観るのは得手ではない。今回の舞台も、二人の舞台が素晴らしいからと言はれて、二年前を見なかつたこともあり、取敢へず観ておくかといふ程の気持ちで歌舞伎座に行つた。
 
 ところが、幕が開いて暫くすると私は言葉通り「吾を忘れて」舞台に見入つてゐた。ともかく美しい。所作、舞台の流れ、何を取つても文句のつけようがない。一人でも難しい踊りをまだ若い菊之助と脂の乗り切つた円熟の玉三郎とが、見事に一体となつて一つの物語を踊り尽くしてゆく。

 玉三郎は自分を主張し続けながらも菊之助を見守り助け、菊之助に「ここまでおいで」と導き続ける。菊之助はしつかりとその姿を追ひ続ける。いはば菊之助は楷書の踊り、初々しく純粋で華やぐ。玉三郎は草書の踊りといふべきか。熟練を通り越して舞踊の極地を「陰」の世界の妖気とまではいはぬが、これ以上は望めぬとすら思はせる女方の到達点といふものを見せてくれる。しかも若い盛りの菊之助よりも美しい。菊之助よりも身体は柔らかく動きはしなやかだ。

 二人の差には歴然たるものがある。にもかかはらず二人の均衡が少しも崩れない。それどころか、素人目にも疑ひようの無い二人の経験の開きをあらはにしながら、しかも美しい調和を保つ。おそらく舞台の上の二人は相当の綱渡りをしてゐるはずだ。少なくとも玉三郎はさうであつたはずなのだ。それを余裕でこなし、菊之助の未熟さ、若さをそれとは見えないやうに援けてゐる。

 並みの役者なら自分の技術が優れてゐることを客に見せたがる。もう少し技術のある者なら相手を潰しにかかることすらあり得るだらう。五十台も後半になつた玉三郎にはさういふ選択肢もあり得たかもしれぬし、自分の贔屓筋を喜ばすことのみに専念することも可能だつただらう。が、勿論、そんな低次の舞台で玉三郎が満足しないことは明白だつた。

 その美しさは単に姿かたちの美しさではなかつた。それは、おそらく、玉三郎の心の律しやうに起因してゐるに違ひない。玉三郎は稽古場から千秋楽の舞台に到るまで、踊るたびに必死で一つのことと闘つてゐたに相違ない。他でもない、自分の芸を菊之助に伝へようとしてゐるのだ。老いて行く人間の宿命、歌舞伎の女方の、しかも舞踊の宿命をいやといふほど思ひ知つてゐる玉三郎が、あたかも人間が子孫といふ形で自分を後世に伝へようとすることにも似て、自分の芸を技術を、可能性を秘めた若者に伝へようとしてゐる姿が、私の目にはありありと見えた。

 幕が開いてから終幕に近づくにつれ、劇場全体を三階席の一番遠い席に到るまで完璧に一つの空間としつくした、紛れもない純粋な芸術空間が存在した。幕切れ、菊之助が鐘の上に腰を落とし、正面を向き見得を切って静止する、その一瞬の後、玉三郎は菊之助の後ろに立つて下手(所化のゐる方向)に顔を向け僅かに顔を突き出して見得を切る。その絶妙な一瞬の間といひ、蛇身と化したその表情と姿といひ、客席の私は文字通り鳥肌を立ててゐた。幕が閉じた後も、暫くは客席で放心状態といふか、打ちのめされてゐた。あの瞬間、舞台に「神が降りて来て」ゐたと私は信じてゐる。少なくとも、玉三郎は稽古場から千秋楽の舞台に到るまで神と対峙し続けたに違ひないのだ。

 蛇足かも知れぬが、思ひ出したことをもう一つ書いておく。十一年前の日生劇場でのこと。同じ玉三郎だが、四十台半ばを過ぎた彼が舞踊を中心にした四つのプログラムを交互に演したことがある。どれも心に残るものだつたが、中でも『夕霧』の一場面が未だに眼に焼きついてゐる。

 その舞台のどの辺りかは明確な記憶はないが、おそらくはやはり幕切れだつたのではあるまいか。遊女夕霧になりきつた玉三郎がゆつくりと体をひねり、回転させながら坐るところだつた。その沈むやうな動きが、舞台の上ではなく私の中でスローモーションとなつてゆく不思議な感覚を味はつた。まるで舞台は静止したかのやうな感覚と、舞台ではなく私の心の中で夕霧がゆつくりと一瞬も静止することなく同じ速度で螺旋を降り続けてゆくやうな感覚とでもいはうか。この時も、劇場全体が一つの空気に包まれ溶け合つてゐた。

 私の記憶では、当時やや太り出した玉三郎が、女方といふものの宿命と限界を感じ、危機感を持ち始めた時期だつたと思ふ。その危機を節制と毎日の水泳で乗り切つたのだらう。一連の舞台が、確か現在VTRやDVDで入手できる舞踊集ではなかつたか。あの時もやはり神が舞ひ降りた瞬間に自分は立ち会へたと私は勝手に思ひ込んでゐる。
[PR]

by dokudankoji | 2006-03-13 01:06 | 雑感


<< 報告      前記事一部訂正と大幅追加―― >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項