福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 04日

懲りないNHK

 前掲記事で扱つた、荒川選手「日の丸ウィニングラン」問題がネットの世界でかなり波紋を呼んでゐる。殆どは「NHKは許せぬ」といふ批判だが、中で興味深いブログを二つ見た。『玄倉川の岸辺』と日頃から敬愛するジャーナリスト花岡信昭氏のブログの二つの記事である。前者はNHKの日の丸ウィニングランをライブで放映出来なかつたのは「偏向」ゆゑではなく、NHKの「無能」ゆゑではないか、直情的に偏向報道と考へるべきではないといふ説。後者はジャーナリストらしく、確証がないものを「偏向」と決め付ける危険性を「落とし穴」としてネットの世界に慎重な対処を求めた冷静な記事。さらに花岡氏はNHKの友人から直接「取材」し、国際映像が日の丸ウィニングランの前までで終了し、その後はNHKが勝手に放映できなかつたといふ事情を書いてゐる。

 国際映像を利用せざるを得ないNHKを責めるわけには行かないといふブログは他にも散見される(さう多くを網羅的に見たわけではないが)。確かに、これらの意見は傾聴に値する。私も自分の前掲記事は軽率だつたのかなとも思ふ。で、今日は半日掛けて幾つか確認作業をしてみた。

 国際映像が三人のメダリストのウィニングランまでだつたといふ可能性を否定するやうな確証は今のところない。が、それにしても疑問は氷解しない。もし、国際映像がそこまでだつたとしたら――

① なぜ、刈屋アナウンサーはその断りを言はないのか。(「申し訳ありませんが、国際映像の契約上、ここからはVTRをご覧頂きます……」)
② なぜ、VTRを流してゐる間のリンク上の出来事をラジオの如く実況で報道しないのか。(「今、荒川選手が関係者から日の丸を受け取りました…ウィニングランです……日の丸を羽織ってウィニングランです、日の丸を振つて総立ちの観客に笑顔で応へてゐます……客席でも沢山の日の丸が翻つてゐます……!」)
③ 上のやうなことを一切言はないのに、5分以上経つてからカメラマンの要望に応へ荒川選手がリンク上を「あちこち」移動してゐること、「出口のところでカメラマンに捕まつて動けない」とか、「ファンに呼ばれてリンクの反対側に行つてしまひまいした」などのみ伝へてゐるのはなぜか。
④ 少なくとも、総集編では日の丸ウィニングランを思ひ切り流してもよいではないか。

 といふわけで、上記の冷静な記事に触発されたこともあり、3日の夕刻(18:30近く)NHKのコールセンターに質問した。最初の女性は判で押したやうな応答。直ぐに代はつた「上の者」とやらとの応答、概略以下の通り。

 国際映像がそこまでだつたと言ふ答へは予想通りだつた。このことには、先に述べた通り現段階で確証はない。あるいは事実なのかもしれない。その点では「偏向報道」と決め付けてはならないいふ花岡氏の冷静さに脱帽する。

 しかし、NHKの「上の者」、その後が頂けない。国際映像が無いなら、なぜ音声で実況放送をしなかつたのか問ふた私に、「映像がないのに解説したら変でせう」と答へた。さらに、国際映像が途切れる事を断ればよいではないかといふ質問にも同じ返答である。この答へ、答へになつてゐるだらうか。さらに実況してゐた「刈屋アナウンサーがリンクの見えるところにゐたかどうか、分からない」とまで言つてのけた。呆れて、こちらは一瞬言葉に詰まつたほど。繰り返し同じ事を聞いたが、はっきり何度も「分からない」と応答した。そんなことが分からないわけが無い。

 少なくとも、抗議電話が殺到してゐるらしい現在、こんないい加減な返答をすること自体、無防備といふか視聴者を馬鹿にしきつてゐるとでも思はざるを得ない。花岡氏の友人の言を信ずるなら、NHKとしてはこの問題に火がついた26日から今までに、なんら統一見解を出してゐない、行き当たりばつたりの応対をしてゐるといふことだらう。それはこのサイトの「電突報告」の項をクリックして見れば、NHKの応対が相手次第、応対したもの次第でかなりブレてゐることも分かる。

 さらに、私が「その後、ニュースなどで」放映したか尋ねると、「何回も」流したといふ。「それは、いつか」―「ちょっと待つてくれ」……「当日の正午のニュースだ」「その一回か」「28日3月1日のニュース10でも」「その二回だけですか」「二回だけつて、強調しなくてもいいぢやないですか」「あなたが、何回もって強調したから。では27日夜の総合1chの総集編では流したのか、28日1日夜の衛星第1の総集編はフィギュアに30分も費やしたが、そこでは流したか」といふ質問に、答へて曰く「そんなのは編集権の問題ですよ」。

 またもや、開いた口が塞がらなかつた。この「編集権」はしつこく口にしてゐた。さうなるとこちらも、受信料を払つてゐる立場の要望権・視聴権・不払権……なんでも持ち出したくなつたが、下らぬ電話に時間を費やすのがばかばかしく、10分ほどで電話を切つた。件の人物、電話の冒頭から相当に怒つてゐる様子で、しかもかなり居丈高、威圧的。こちらに腹を立ててゐるといふ感じがありありと思つたのはこちらの「偏見」か。

 以上、異常なNHK、懲りないNHKの報告だが、ついでに正確を期すために付け加へるが28日1日の衛星第1の総集編では、実は日の丸ウィニングランを僅かだが放映してゐる。これは私自身が留守中にVTRで残して確認したから間違ひない。したがつて少なくとも3回は放映したわけだが……。

 いづれにしても、上のやうな応対が多くのブロガーやネット上に、却つてNHK不信や「偏向報道」といふ「先入観」を巻き起こし、無用の(?)騒ぎを引き起こしてゐることも否めなからう。もし、NHKが偏向報道と言はれたくないなら、日本が獲得した唯一つの、しかも多くの国民が期待してゐる荒川のメダル、しかも金メダルなのだから、少なくとも地上波の総集編で、その演技・表彰式・式後のリンクの熱狂を日の丸ウィニングランを含め存分に報道する責務は、公共放送として、あるであらうが。

 それをしないNHK自体、「編集権」などといふ言葉を一視聴者に向つて口にする体質自体に、私は「偏向」の臭ひを嗅ぎ付けてしまふのだが。
[PR]

by dokudankoji | 2006-03-04 02:52 | 雑感


<< 前記事一部訂正と大幅追加――      信じがたいNHKの偏向 >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項