2005年 04月 12日

人生とは―その2

人生に意味はあるか――目的はあるか、ありはせぬ。にも拘らず我々が生きてゐられるのは、欺瞞に安住する才能を授かつてゐるからに他ならない。

その欺瞞の奥底を見据ゑた時、人間はニヒリズムに陥るか、信仰に縋るか。さもなければ、「これは欺瞞ではないぞ」といふ、さらなる欺瞞の螺旋階段を下り続けるほかあるまい、最後の一日に辿りつくまで。
[PR]

by dokudankoji | 2005-04-12 02:18 | 雑感


<< ホリエモンの辿る道      永平寺と『道元の月』――報告 >>