「ほっ」と。キャンペーン
2012年 12月 12日

自民党圧勝ですか?~~選挙報道の怪

 この数日といふか選挙に突入して以来、マスコミ各社が流す予測には多くの方々が疑問もしくは違和感を抱いてゐるのではあるまいか。自民・公明の圧勝、民主の激減、第三極の伸び悩み(自滅)。どの報道も世論調査と称して、このやうな傾向を指摘してゐる。

 私個人は民主主義を否定するものではないから、次善の策として(つまり最善はあり得ない。それは、想定外を想定することが論理的に不可能なのと同じくらゐ自明のことだから)、次善の期待としては安倍自民が政権政党になること望む。

 序でに言へば、そこで政界再編が小規模といへども生じて、自民が公明を切り捨て(民主が日教組や自治労を切ることと同じ)、必ず起こるはずの日本維新の会のゴタゴタ(分裂)に乗じてその一部を取り込むことになれば、かなり最善に近い。それ以上の「真正保守」の結集といふ最善は、起こるとしても想定外(あり得ないでせう)。従つてそこまでは私も期待しないが、ほんの少しでも骨のある政権政党の誕生を望むし、それには安倍が総理になるしかない、教育・軍備・外交・経済・憲法改正等々、あらゆる面でせめて安倍自民に期待するしかないと考へてゐる。

 といふわけで、冒頭の各メディアの世論調査や報道の結果は、取敢へず私には「満足」なはずであるのだが。しかし、この種の報道を目にする度に、そんなに自民が圧勝するか、するならその要因はなにかと訝つてしまふ。民主党への幻滅と第三極の合従連衡とも呼べないやうな、醜悪な選挙互助行動に国民がしらけた目を向けてゐるといふ解説も成り立つのだらうか。

 私には、それほどこの国の今といふ時代にまともな民意があるとは信じられない。民主党に一度任せてみて目が醒めたと、もつともらしいことをいふ御仁も多くみられるが、私はさういふ人物を信じない。任せてみたこと自体既にそれらの人々の浮薄は極めつき、目が醒めてもほぼ間違いなくそれらの票は未来永劫浮動票に過ぎない。

 それらの票が今回、ワッと自民圧勝への投票行動に結びつくなら、そのこと自体憂慮すべきことで、何度も言つて来たが、それらの票は、郵政民営化・政権交代のキャッチフレーズに乗せられた時同様、選挙後一年も経たぬうちに、再び、今度は「自民党に勝たせ過ぎた」といふフワッとした民意を形成するだらう。そんな民意が一番恐ろしい。無定見といふ言葉にぴつたり。それはやがて、右であれ左であれフワッとした英雄待望・全体主義に流れる。(小泉進次郎や橋下徹の一時の人気を思ひだすとよい。)

 以上の浮動票的投票行動への私の危惧とは別に、同じくらゐ恐ろしいのは、今の各メディアの世論調査が、恣意的なものだとしたらといふ可能性である。これはフェイスブックなどのネット上では、既に多くの保守的な人々、つまり自民シンパがほぼ100%疑つて掛かつてゐる。いはゆる「負け
犬効果」を狙つて、メディアが自民に勝たせないために、日本人の判官贔屓を当て込んで、殆ど売国的な民主党や日本未来の党に肩入れしてゐるのだらうといふ見方。これはこれで、その可能性があることは十分予想が付く、これこそ想定内の話かもしれない。しかし、それはそれで、日本のメディアの衰退といふ嘆かはしい現実に我々が直面してゐる事にもなる。これも恐ろしい光景と言はねばならない。

 以上、分析でも何でもなく、私がこの一週間余り感じてゐる違和感を書きつけたまでなのだが、自民公明圧勝の予測が事実になるのであれば、私はその結果に対しては一応の快哉を叫ぶことにする。だが、それが浮動する民意の結果に過ぎないといふ点においては、限りなく憂鬱になるだらうといふこと。

 もしも、自民が200議席強で終はり、民主が100議席は維持したとすれば、現在の報道が如何に恣意的であるか又は分析能力がないか、といふことになり、やはりメディアの衰退を憂慮せねばならず、報道通りの結果が出たとすれば、民意の浮動を歎かねばならない。どちらにしても、再起不能のこの国の姿を反映してゐるやうな気がしてならないと、私は結局憂鬱になるわけだ。

 最後にもう一点、郵政民営化・政権交代の二回の選挙と、今回の自民圧勝の予測がその通りの結果が産まれたとするなら、一刻も早く小選挙区制の是非を我々は問ふべきであらう。死に票が多過ぎる。そして三度に亙つてお祭り選挙をしてゐては、この国は三等国になり下がるだけだ。ま、格差が無くなり、国民のほぼ9割が貧乏人といふのも、それはそれで悪くはないが。
[PR]

by dokudankoji | 2012-12-12 17:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/17413115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「約束の日」~安倍晋三試論      「絶対」と「孤独」――幕の降り... >>