福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 16日

芝居の稽古~「明暗」余録

 芝居の稽古をしてゐると、いつも同じ思ひに駆られる。ひと山越えてあそこが頂上と思つて、そこまでたどり着くとさらに先に峰が聳えてゐる。いつも同じである。そこで昨年の「堅塁奪取」から、役者や他のスタッフはさておいて、自分の中で初日を一週間くらい前倒しで設定する。

 今回の「明暗」でも同じ作業をしてゐる。従つて俳優の生理を無視して稽古初日から結論を急ぐ。俳優との間に齟齬が起こることもなくはないが、あくまでダッシュする。役者たちがそれに乗つてくれればしめたもの、最後の十日か一週間は余裕で短い稽古時間で切り上げる。明日(金曜日)は稽古休み。その後、計8回の稽古場での稽古がある。私は、この8日間はいはば余禄のつもりでゐる。

 もちろん、完璧はあり得ぬわけだから、恐らく他人の目には隙だらけなのだらう。しかし、性格だらうか、この稽古の進め方、私には向いてゐるやうだ。明後日からはせいぜい緻密な細かい手直しに入るつもり。観に来て下さる方に、なんだ口ほどにもない、と思はれぬやう、余禄の8日間を余禄以上のものにしてみたいと、切に思つてゐる。ただ、演出家にはどうにも手の貸しやうのない範疇といふものがある。これも配役したのはこちら。その範疇も含め出来不出来は私の責任だらう。
[PR]

by dokudankoji | 2012-11-16 00:56 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/17173940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「絶対」と「孤独」――幕の降り...      「明暗」~稽古たけなは >>