「ほっ」と。キャンペーン
2012年 09月 20日

お知らせ~「福田恆存とその時代」

 すっかり更新が間遠になり恐縮の限り。今日のお知らせはフェイス・ブックやツイッターではかなり周知できたと思ふのですが、こちらに出すのが遅れました。

 9月30日、新宿紀伊国屋サザンシアター(新宿駅南口)にて、標題の講演・パネル・ディスカッションを催します。玉川大学から刊行中の「福田恆存対談・座談集」刊行記念と生誕100年を兼ねたものです。大正元年の生まれですから、生誕100年といふ事は、明治が終つて100年といふ事を意味する、つい最近、そのことに思ひ至り、感慨深いといふか、明治天皇、乃木将軍没後100年でもあること、これはそのこと自体、我々が一度考へなくてはならぬ問題と思つた次第。

 さて、当日のスケジュール。
13:30~16:00
第一部 講演 「福田恆存を読む」 山田太一
第二部 パネル・ディスカッション 「いま、福田恆存から考えること」
     遠藤浩一・新保祐司・中島岳志・福田 逸 

料金:1500円

 当日券は、残念ながら、十分ありさうです。政治の世界や世界情勢ほどにも劇的な変化は起こらないでせうから。

 詳細、電話予約等はこちらをご覧ください

 一人でも多くの御参加をお待ち申し上げます。

 なお、いずれ告知しますが、現代演劇協会の『明暗』の公演も、同じ劇場で11月下旬からです。こちらも何とぞよろしく。
[PR]

by dokudankoji | 2012-09-20 00:23 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/16844375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-09-20 22:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 唐澤 浩 at 2012-09-29 15:17 x
福田恆存先生生誕百年記念のイベントの開催、まことにおめでたうござゐます。風雲急を告げる時節、意義深いものを感じます。ご盛況、お祈り申し上げます。
Commented by dokudankoji at 2012-09-30 01:15
唐澤様 ありがたう存じます。お元気で。
Commented by dokudankoji at 2012-09-30 01:16
m様 残念です、お会いできなくて、秋の舞台は是非ご覧ください!


<< 御礼      上方の言葉に思ふ >>