福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 02日

恆存対談・座談集 第三巻より

 久しぶりの更新を以下殆ど引用で誤魔化したら、やはり皆さんから叱られるだらうか、刊行前に余り引用しては拙いと玉川大学の出版部から文句を言はれさうだが、10月刊行予定の福田恆存対談集・座談集第三巻に収めた、三田文学の昭和43年12月号収録の秋山駿との対談「文学を語る」より――

 そこで、チャタレイ裁判の弁護をした折に、法曹界の人々に文学の世界の言葉が通じないことにショックを受けたといふ話が出るが、続けて次のやうに語る。

 ≪福田 さっきの体制側というのもそうでしょう。大人というのは体制側でしょう。自民党支持という意味ではないですよ。社会生活の体制を築いているのは大人ですから。ところが、ことに戦争直後は大人が戦争を起こしたので、大人を否定したり、青春謳歌でずっときておりますから、日本の文学が青春文学だから、ますますそうなっちゃった。社会性をいつまでも獲得しない。小説の中で政治や社会を結構扱いながら、そういう人がいつになっても結局は枠を出られないというのは、そこに原因があるのじゃないか。≫

 福田は続けて、自分の教養のない父親や母親に代表される一般人と同じ土台で話が出来なくてはいけない、文学の社会化(自分の家庭に通じるという意味で)家族化が大事だといふ。すると秋山が、それが「一番むずかしい」と受ける。続けて――

 ≪福田 一番強敵です。ほかのものは、読者は、選べるでしょう。家族は選んだものじゃないのです。おふくろとか親父とか自分の息子とか。女房はある程度まで選ぶことができるけれども。もっともそこまで選んでもなかなか自由にいかない。(笑)ともかく、自分が選んだものでないもの、それをいつでも意識しているということですね。それはどこまでできるかは別問題ですね。だがいつでもその人の存在を意識している。どうも今の文学者でも知識人と言われる人達は、みんな読者や、つきあいの相手を自ら選んで、それ以外の人間は全部シャット・アウトしてしまう。宿命という観念はないのですね。≫

 物を書いたり訳したり、評論であれ小説であれ、さういふ世界に携はつてゐる方々で、ギクッとする方はゐないだらうか。「宿命」から逃げる人間が多い、逃げるのは楽だ。そして福田はかう言ふ。

 ≪日本なら日本、日本の歴史、家族とかいう共同体、そういうものが、宿命だという意識がどうも足りないのじゃないだろうかという気がするのです。≫

 さらに、「家」という観念について語った後――

 ≪福田 僕はいよいよ保守反動の本領を発揮する。一番理想的な生活は親子三代が一つ家にに住むこと……(中略)
 ところが近来は、だんだん上を切り、下も切って、子供はなるべく少ないのがいい。出来れば夫婦二人だけ、もう一歩進めてみれば、何も一緒に住む必要はない、ということになる、そのようなマンマルな人間に育つ、いっそ一人一人べつべつにしておいたほうが便利じゃないかということになってくる。それこそ憲法で夫婦は必ず別居すべしというふうにやっておけば、歌い文句の「個人の自由」がもっと生かされたでしょうね。≫

 いかがですか。夫婦別姓の行き着く先は、いやいや、別姓などといふなら結婚などしなければよい。そもそも個人が一人で生きるなどといふことは不可能事であり、共同体を否定した時、我々は個人の存在を否定したことになる。

 ≪僕は偽善と感傷というのがなにより嫌いなんです。感傷というのは偽りの感情、偽善というのは偽りの道徳観ですね。それがみんな通用しちゃう。昔は偽善者と言われると、ギョッとしたものです。偽善者はみんな自分が偽善をやっているという意識がある。私は自分がやっていることはいかに善とかけ離れているかという気があるから、偽善者と言われると内心ギョッとしますが、今の人は、偽善をやっているという意識がない。自分はほんとうに天下、国家のためを思って、エゴイズムなどちょっともないきれいな人間と思い込んでいるから、「偽善者め」と言っても、てんで通じない。
 そこで道徳観もあやふやになり、人間の感情もあやふやになつて……≫

 さて、自分は偽善者ではないと言ひ切れる人間が、この世にどれだけゐるのだらうか。前首相は偽善者つてどういふ人ですか、と本気で言ひさうである。自分のことを「泥臭いどじょう」とお呼びの現首相は、偽悪者ぶつてもちんまりとした欺瞞家。

 ≪福田 ……今の日本人の道徳観や感情が歪んじゃって、にせ物になっているということは一番危険なのですがね。僕はそのことが一番心配なんですよ。
秋山 偽善をはっきり知ってやっているならばいいけれども、意識しないで偽善になっているのはもっと悪く奇妙なことだ、というときには、何かその人のいろいろの言っていることの言葉だけの内容より、言い方、考え方、やり方のそこに何かが現れるとお考えになっているのですね。先ほどの文体というのはそこに通ずるわけですね。
福田 論文だって自分が真実だと思ったことを表現するでしょう。そういうときには礼儀があるでしょう。論争のときは相手をめちゃくちゃにやっつけてもいいが、ほんとうは論争の相手はその読者であって、とうの相手じゃないのですから、その読者にこの文章を渡すというそれだけの礼儀はあるので……≫

 さう、文章も言葉も人に渡すにはそれ相応の礼儀がある。美しいことを語る言葉ほどウソ臭い。人命尊重、平等平和、これらの美辞麗句はウソ臭い。あへて今の時期に言ふなら、「がんばろう、日本」。否定できない、善意の押しつけ、人間が真善美のみで出来あがつてゐるがごとき言辞は耐へられぬ。「がんばろう、日本」、それもよからう。しかし、さう言ふとき、俺は頑張りたくない、さう言ふ自分もゐるかもしれない、せめてそのことだけは注意しておいた方がよい。上の引用の数ページ先で福田はかういふ言ひ方もしてゐる。

 ≪自分の中のケチな根性とかエゴイズムとかに気付かないということが、僕にとっては不愉快ですね。目というのは、外側だけをみるものじゃないのだ。言葉というものは自分の裏側を見る目ですからね≫

 自分の裏側を見る目を持つた人間が、今の言論界にどれだけゐるのか、甚だ疑問でもあり、不安でもある。
[PR]

by dokudankoji | 2011-09-02 15:31 | 雑感


<< 承前~「対談・座談集」にかこつ...      トラックバック禁止にしました >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項