福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 21日

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

 WSJの社説が毎回面白い、リンクして紹介しておく。いつも皮肉が利いてゐる。たとへば、≪菅直人首相は、こうした場合の長年の政治手法だった「舞台裏取引」が苦手だとお見受けする。民主党は、何をしたいのかについて本当に混乱しているようだ。彼らは、緊迫した記者会見やインタビューのカメラを前にして、「党内」議論をやっている≫産経新聞ではないかといふくらゐ、意地の悪い書き方。

 また、東電を破産させないのは「社会主義」国家と断じ、自由市場原理からいへば文句なく破産させて当然といふ発想である。私にはことの是非を論ずる資格もないが、JALについてもTEPCOについても、日本は常に護送船団的社会主義国家であることは事実に思へる。

 そのことはさておき、確かめたわけでもないが、この社説、原文は英語だと睨んでゐる。翻訳調がかなりある。さもなければ、帰国子女が英語脳で考へて日本語で書いてゐるに違ひない。悪文の好見本と言つたら言ひ過ぎか。リンクした社説の最後の一文(そしてその一段落全部)をご覧いただきたい。何度読み直してもここだけはピリッとしない。頭にすんなり入らない。恐らく翻訳が悪いのだらう。

 褒めたいのか貶したいのか、自分でも分からなくなつた、この辺で止めておく。
[PR]

by dokudankoji | 2011-05-21 23:26 | 雑感


<< お報せ二つ      御冥福を祈る >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項