福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 17日

必見のサイト紹介

 東電には任せておけない? 私がこの一月の間に気になつて、頭の隅でもやもやしてゐたことを、専門家の立場から、しかもわかりやすく書いてあります。M8近い余震が福島原発を襲つたらどうなるか……ずつと気になつてゐたことです。取り越し苦労であることを祈るばかり。

 おそらく、国民の誰もが口に出さずにゐたことかもしれません。それも天命とどこかで考へるのが日本人かもしれません。しかし、この問題を、少なくとも東電と政府は「想定」してゐると思ひたいのですが……。

 多くの学者が放射能の人間に与へる危険性ばかり論じてゐますが、さらなる最悪の事態回避をどうして議論しないのか、議論などしなくてもよいから、対策を立て実行しないのか、上に紹介したサイトを読む限り、東電上層部と政府への怒りが湧くばかりなのです。私の怒りが頓珍漢であり、上掲サイトがいい加減なサイトであればありがたいが……。きりがないので、一部のみ以下に抜粋。

≪日本では、原子力、地震、防災といろいろな分野別の専門家がいるが、全体をまとめて考える
人や組織が決定的に不足しています。学問が個別の分析的(要素還元論)な方向しか見ていな
い弊害です。原発のあれだけの惨状を見れば、個別ではなくトータルな原発の状況について考
え、何処に持って行くのか全体戦略を立てる専門家が必要なのですが、誰もどうしようという
発想がないように見えます。危機や激動時に、この様にトップ不在の状況では、いくら優秀な
ボトムアップも意味がありません。そして、最大の鍵を握る当事者である東京電力には事実上
トップが正常に機能しているとは思えません。資材部門出身の社長の下で、現場には寝具も食
料も欠乏し、線量計の手当も出来ない組織とは、何でしょう。≫
[PR]

by dokudankoji | 2011-04-17 03:25 | 雑感


<< さらにもう一つ紹介      レベル7と菅政権 >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項