福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 08日

続編~山雀の芸

 こんな映像を見つけました。大きな余震の緊張をほぐして下さい。この「おみくじ芸」ですが、この映像を発見して懐かしいといふか。昔、子供のころから大学のころまで、毎年元旦に鎌倉の鶴岡八幡宮に家族で行きました。毎年、境内で山雀の御神籤をするのが楽しみでした。

 今でもどこかの神社で御正月にやるのでせうか。この映像をご覧になると、私の手に来て餌を持つて行くなぞ、当り前といふか、私が凄いのでも何でもないのが分かるでせう。一月二月の寒さを我慢して外気に当たり放射能を浴びる覚悟があれば何でもありません。

 さて、もう一つ発見。これは私の手ではありませんよ。皆さん、やつていらつしやるんですね。私の6日付の記事より、次の映像の方が感じが分かるでせう。


 次回からはまた震災やら原発やらに戻りませうか。さういへば、朝日新聞で池澤夏樹さんが、今次の災害に纏わる文章で、「なじらない」「あおらない」と決めてゐると書いてゐました。わざとらしいなぁ。私は「なじる」「あふる」としませうか。たとへば、コメント欄に書いた方があるけれど、義捐金て、そもそも胡散臭いところがある、少なくともさういふ弊害を内包せざるを得ない。いや、人類・人間の「善意」そのものもまた胡散臭い……。これも「全体」と「部分」との関りで書けるとよいのですが。難しい。この歳になると、私は自分の中の善意や情をも、眉に唾をつけて眺めるのです。ましてや、他人の……不穏な発言も今夜はここまで。
[PR]

by dokudankoji | 2011-04-08 18:00 | 雑感


<< いつまで続く……      山雀(やまがら) >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項