福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 31日

防災服だか作業服だか

 首相以下閣僚たちの作業服姿、既に批判してゐる方たちも大勢ゐるやうだが、尻馬に乗つて一言。閣僚にとどまらず、民主党の全議員から秘書まで濃紺の作業服を御揃ひで着るらしい。だつたら、被災地に出掛けて瓦礫の片付けでもしたらいい。

 あの作業服姿、メディアを通して海外に伝はる。どういふメッセージとして伝はるのだらうか。我が国が混乱してゐるといつたイメージだけを必要以上に伝へてしまはないだらうか。

 被災地に足を踏み入れるなら別だが、永田町や霞が関を(しかも多分公用車で)うろうろするのに、あるいは議員会館と議事堂の地下通路を行き来するのにあの服が必要か? あの連中、原発で決死の作業をしてゐる現場や被災者のことを本当に慮つてゐるとは到底思はれぬ。 

 揃ひの作業服を作る金があるなら、義捐金にしたらいかがか。
[PR]

by dokudankoji | 2011-03-31 17:26 | 雑感


<< 前記事追記      政府とメディアが生み出す風評被害 >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項