福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 04日

白河の清き流れに魚住まずもとの濁りの田沼恋しき

 秋から更新が滞つてゐるのは、単に怠け癖と言ひたいところだが、大学やら何やらの平常時の「雑用」に加へ、やたらに舞台を観歩いてゐるせいもある。来年、再来年を見据ゑてのことだが、結果はどうなることやら、元の木阿弥かもしれない。

 それはさておき、最近周五郎の「栄花物語」を読んだ。田沼意次と松平定信のイメージを逆転させた面白い小説。田沼を通説とは反対に、質素倹約の世界に住ませ収賄から無縁のところにおいた作品である。読みながら私の脳裏を去来したことを書く。

 「政治とカネ」「海老蔵事件」「角界の八百長」――メディアはどこまで、いい気になるのか? そのメディアに乗せられて綺麗事をほざく人々を私は信じない。他人の上げ足を取り、非難することは簡単だ。が、その非難や批判のうちに、自らを神のごとき裁き手にする傲岸がありはしないか。

 自分だけは、悪事からも違法からも虚偽からも自由だと言へる人間がこの世にゐるのか。自分だけはカネに踊らされないと言へる人間などゐるのか。酒に飲まれないと自信があり、愚かな行為をしないと言へる人間が? 人生、いかなる場面にも慣れ合いの八百長がないと断言できるか? 「罪なきものまず石を投げよ」。

 政治家、歌舞伎役者、相撲取り、なにゆゑこれらの人々のみが責められ、「庶民」やら「一般人」は責められずに済むのか? 政治家は清廉を求められる職業? 冗談ぢやない。歌舞伎役者の有名税? タレントにしたのは誰だ。 相撲は「フェアネス」を求められる「スポーツ」? 相撲はスポーツの概念より遥かに長い歴史を持つ(これは3日付けの朝日の朝刊の記事に「フェアネス」と外国語で角界を論難してゐたので)。

 メディアに踊らされるな。一緒になつて悪党探しはやめよう、それは魔女狩りと変りないではないか。人間、正義を振りかざした時、己の偽善にこそ気づくべきだ。

 改めて考へてほしい。民主党に308議席を取らせた国民は、「清き」水を求めたのではなかつたか? そして、そんなものありはせぬと、しみじみ思ひ知らされたのではなかつたか。政治が「存在」する限り、カネは必ず、未来永劫付きまとふ。相撲に八百長など、みんなが知つてゐたことではなかつたのか? 歌舞伎役者の御乱行など、400年の昔から知れたことではないか。(酒の席のいざこざなど、世にゴマンとあらうが。)一方で彼らの華やかな世界に憧れてのことか、やたらにチヤホヤしておき、なにを今さら。

 綺麗事をぬかして我々は何かを失ふ。失つてから、田沼の濁りを懐かしんでも、遅い。平等だ自由だ平和だと、さう念仏を唱へ続け、踊り続けて60余年、我々は今何を手にしたか?

 改めて言ふ、「白河の清き流れ」を称揚するメディアに踊らされるな。いつの世も、清廉もあれば汚濁もある。そんなことはまさに私達の方が十分承知してゐることではなかつたか。タブロイド版の夕刊紙やスポーツ紙ごときが騒ぐ程度の話題に、NHKや全国紙が飛びついてゐはしないか。そんなメディアに騙されないことだ。正義を振りかざすメディアを疑へ。(思ひつくままに20分で書きなぐつた雑文、お許しあれ。)
[PR]

by dokudankoji | 2011-02-04 02:13 | 雑感 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/12812985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 世留 at 2011-02-05 15:27 x
どうも「給金相撲」という言葉も知らない人たちが殆どみたいですよ。
高齢化社会における互助の精神を称揚しながらです。
あれは嘘なのでしょうか?嘘であるなら、やはり社会補償制度など信じるべきではありません!なら、引っ込めオバマ!となぜ言わないのでしょう!
何からなにまで解らないことばかりです。「解ってたまるか!」と仰るか!菅首相!!
Commented by at 2013-02-23 20:43 x
白河の清き流れに魚住まず濁る田沼の水ぞ恋しき と習ったのですが間違いだったのでしょうか?それともどちらでも良いのかなぁ?詠んだ人に聞かなきゃわからんのかもねッ!
Commented by dokudankoji at 2013-02-25 23:45
「白河の 清きに魚の 住みかねて もとの濁りの 田沼恋しき」というのもあります。どれでも言わんとすることは同じですね。いづれにしても、今の私は民主党政権時代を永遠に恋しいとは思はないでせうね。


<< 民主党政府の見識      対談・座談集の刊行 >>