福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 25日

脱力メモ

 いやはや呆れた。何といふ脱力感か。中国人船長の釈放と来た。前日前原外相との会談でクリントン国務長官が、米国の今までの曖昧な態度から「尖閣諸島も安保の対象」と表明し、腰ぬけ日本を応援してくれたといふに……。田中真紀子の金正男事件以来(以上)の衝撃。

 このニュースに心がへし折れる気持ちを抱いた日本人も多からう。だが、しつこく書いておく。民主党を政権につけたのは誰だ? 今になつて小沢の方がましだと言ひ出すのは誰だ? 

 今回の釈放「事件」、日本は中国の属国なりと世界に発信したといふこと、それが分らぬ国民なら領土もろとも海に沈んだがよい。中国はやがて市民を称する人間を尖閣に上陸させ、その中国国民を守るためと言つて警察官を常置させ、それを守るためと称して、海軍を周辺に配備する。それを防ぐ唯一の盾が、上記クリントンの安保対象発言しかないのか。それなら、この国はやはりアメリカの属国である。いづれにしても、やはり独立国ではないわけだ。さう世界に向けて表明したことになる。

 レアアースで脅され、「フジタ」の社員の拘留で腰が砕けたかどうか知らぬが、沖縄地検のみの判断で船長釈放はありえない。政府首脳(仙谷・菅)の意志であり、おそらく背後に中国に弱い財界の圧力があると考へて間違ひはなからう。世界の各国が中国から東南アジアに工場をシフトする流れに乗り遅れて、未だに中国は勢ひがあるなどと寝言をいふ財界人を憐れむしかない。勢ひだけで国を見ては判断を過つ。民族の「性格」を見よ。

 いづれにせよ、ここまでの弱腰は政権支持率に見事に撥ね返るのではないか。さうでなかつたら、私は本気で絶望しようか。それにしても、クリントンもオバマも唖然としてゐるのではあるまいか……。

 ついでに評論家宮崎正弘氏のメルマガから、引用しておく。

≪フジタの社員四人を「軍事施設を撮影した」と難癖をつけて拘束した。もともと日本に責任のない化学毒ガス兵器の処理をさせられているわけで、これを口実に「管理は中国にあるわけで日本の善意で処理してきたが、あとはお任せ」と言って堂々と日本へ帰る口実ができた。
 毒ガス兵器の処理をなぜ日本のカネと技術で行わなければいけないのか誰もが不思議に思ってきた。正しくは日本軍の「遺棄」ではなく武装解除後、目録もつけて、ちゃんとソ連軍と中国軍に引き渡したものであり、日本に管理責任はない。しかも現在日本が処理している兵器の大半がソ連製、中国製である。
 レアアース輸出中止。これも通商を自ら拒否したわけで、WTOに訴える手もあるが、日本はハイテク設備、部品の輸出をすべて中断する口実ができた。たとえば自動車鋼板に協力している日本人エンジニアは全員を引き上げさせよ!≫

 以上引用。外交・駆け引きとはさういふものだらう。

 思ひ出した、これでも鳩山は友愛を語り、自民党の福田は「お友達の嫌がることは……」と寝言をいふのだらうか。閣僚全員で明日靖国に参拝なさい。中国がどう出るか、みものといふか楽しみだ。それよりも、海自が自衛艦を「粛々」と尖閣に向けて発進したら、あのお国どう出るのか、見てみたい気がする。

 上の宮崎氏の言によれば、≪風呂敷を広げ始めたらとまらない。しかも風呂敷は畳めない。畳む能力がないのが中国人の特色である。≫とか。一連の温家宝の発言をみてゐると、宮崎氏の言葉、妙に納得が行くが、自衛艦が東シナ海に向けて航行しただけで日中戦争勃発なのだらうか。

 一触即発、そんな言葉が日本語にあつたが、私の記憶にある限り、この国はそんな事態を経験してゐないが、それは本当に幸せなことなのか、疑問なしとしない。私なんぞ、日常あちこちで一触即発の事態を切り抜けてゐる。それはそれで緊張を強いられるが、それだからこそスリリングでエキサイティングでもあるのだが。

 戦争待望論を書いてゐるのではない。経済も外交も戦争そのものなのだといふ単純な事実をまるで理解しない政治家や官僚には退いてもらひたい。経済戦争などといふ言葉を使ふのもよさう。経済そのものが戦ひであるといふ認識がない財界人は外国と付き合ふのを止めて頂きたい。金のみを基準に商売をするのはコンビニかスーパーまでにしてほしい。国を背負ふ気概なく、国益の何たるかを知らずに利潤のみを追求する企業は必ずしつぺ返しを食ふ。

 書きかけの中途半端だが、取敢へず、ここまで。いつまた書くか分らぬが、以上、脱力メモ。
[PR]

by dokudankoji | 2010-09-25 02:10 | 雑感


<< 欺瞞と虚言      政界再編を、そして…… >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項