福田 逸の備忘録―独断と偏見

dokuhen.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 04日

真逆!

 先日家人が、「マギャク」といふ言ひ回しは何ごとだと言ひだした。横にゐた娘が「ずいぶん前から流行つてゐるよ」と答へてゐた。私は一言、「汚い、厭な言葉だね」と。

 ところが驚いた。東洋学園大学准教授の櫻田淳氏が二日付の産経新聞正論で、これこれしかじかの「言葉に現れたものとは真逆の風景である」などと書いてゐる。付き合ひ切れない。一応評論家であり、大学で教鞭を取る身であらう。

 いくら書いてゐる内容がまともであつたとしても、これは酷すぎないか。「正反対」では何故いけないののだらう。櫻田氏はいつ頃から「マギャク」といふ言葉を口にするやうになつたのだらう。子供のころから? そんなお若くもないだらう。手書きで原稿をお書きなのだらうか? ワープロソフトで「magyaku」もしくは「まぎゃく」と入力すると「真逆」と変換してしまふソフトがあるなら、それは即刻お止めになることをお奨めする。

 皆さんも、一時の流行語を若者に媚びるがごとく使ふのはおやめになつた方がよいだらう。その媚びそのものゆゑに、軽蔑されるだけだ。少なくとも「まとも」な若者はさういふところを見抜く。

 今日、異国の知人からメールが来た。以前久しぶりに帰国した時、「お名前様を頂戴してよろしいですか?」と聞かれたと言ふ。異国暮らしが長いため、この言ひ方が間違つてゐると思ひつつ、どこか不安だつたらしい。勿論、とんでもない誤りであるといふ返事を出した。人間ならぬ人の名前に「様」を附けられる鈍感に開いた口がふさがらない。ついでに言へば、「お名前、頂戴してもよろしいですか?」も私は拒否する。やらんぞ、私の名前は、と返したくなるのだが、この私の感覚、をかしいのだらうか。「お名前、頂けますか?」も頂けない。 

 では何と言ふのか、と聞かれると、実は答へにくいのだが、前後関係で、色々言ひやうはあるだらう。「お名前、お教へ下さいますか?」「~~お教へ願へますか(頂けますか)?」などなど。名前は人にやつたり貰つたりするものではない。こんなことまで書かなくてはならぬとしたら、世も末。
 
[PR]

by dokudankoji | 2010-06-04 00:51 | 雑感


<< やはり衆愚の国、ニッポン……      消えて欲しい「民主」と「みんな」 >>


記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項