2010年 06月 03日

消えて欲しい「民主」と「みんな」

 鳩山退陣について、いろいろ気になることはあるが、あまりに見え透いてばかばかしいのが、二日間に亙る会談に輿石が当然のごとくにゐること。参院選前だから参院会長が同席したといふ事かもしれぬが、それでは選挙対策ゆゑのこの時期の辞任決断だといふことが丸見えなわけだ。しかも小沢と刺し違へ。これまた分かり易過ぎる。要は「政治とカネ」で、国民に、ナンダ自民党だけではなくて民主党もカネに汚い政党かと思はれたのを、少しでも払拭しようといふだけのことではないか。
 
 日教組の親分のごとき輿石が選挙に勝つために、鳩山だけを切り捨て、普天間迷走ゆゑの支持率低下を食ひ止めようとしたら、鳩山から「ナラ、小沢さんも辞めてよ」と言はれたか、あるいは、すべて覚悟の上の鳩山が民主のイメージアップのために、もともと嫌ひで反りが合はなかつた小沢を道連れにしたのか。おそらく、後者だらう。後継は管?
 
 まあ、これらはどうでもよい。問題は「民意」。国民の投票行動。今回のいはゆる意表に出た二人の代表の電撃辞任で、もしも浮動票が民主に戻るなら、この国はやはり軽薄なる政治家と蒙昧の愚民によるポピュリズムの国と言つて差し支へない。民主も自民も新党にしても、何の発信力も説得力も実行力も伴はない。にも拘らず、国民は郵政民営化で小泉自民党、政権交替で小沢民主党、普天間迷走・政治とカネで、今度はみんなの党へ?……これを民意の漂流と言はずして何と言ふ。

 仮に今回の揃ひ踏み辞任がなかつたとして、最近の世論調査ではみんなの党が支持を急激に伸ばして来てゐる事実をどう考へるか。このやうな「民衆」の「動向」も蒙昧、愚劣といふ他ない。雑誌「正論」六月号の記事を読むまでもなく、みんなの党の選挙公約は驚くほど民主党のマニフェストに似てゐる。みんなの党のどこに期待するのか。「子ども手当」ならぬ「子育て手当」が月に2~3万円とか。これでは月2.6万円の民主党より無定見。教育も現場に任せてしまふといふ杜撰なもの。嘘だと思ふなら、上記リンクでみんなの党の選挙公約をご覧頂きたい。道州制まで出てきてゐる。

 ちなみに、民主党の2.6万円の「子ども手当」、年間総額が防衛予算の年間総額を遥かに上回つて5兆円を超える。今年の歳入は確か37兆にまで落ち込んだはずだ。しかも歳出は92兆だつたと思ふ。370万の年収の家族が一年で920万使つてしまふといふ話。それができるのはせつせとみんなで国債を買つてゐるからといふわけで、それを担保してゐるのが、死んだ親達からの遺産(貯金)と考へたらよからう。

 ついでに、子ども手当も子育て手当も、現在の税収から考へたら、当の子供たちに「あんたら、これだけカネ掛けて育てるから、後は自分たちで何とかして」と言つてゐるやうなもの。こんな公約だかマニフェストだか知らぬが、それだけとつてみても、民主も「みんな」も政党として幼く信用できぬことは明瞭白々といふもの。

 民主党の新代表はおそらく菅で決まるのだらうが、マニフェストを一度塗り替へてくれぬ限りは、今までと何も変はらない。いや、塗り替へても政策INDEX2009がある限り、日本解体を目論む政党であることは言を俟たない。参院選の結果、ねじれが起きても、「みんなの党」を連立に組み込み結局は左翼政権の完成といふわけだ。

 それもこれも、ピューリタン的道徳的日本人気質のなせる業かと、諦めるほかないのか。さう、道徳的、正義好き、生真面目、自由と平等、民主主義と友愛、そして心情的な左翼、みな平仄が合ふ。しかも、これらが、今やすべて上つ面の上滑りと来てゐる。

 それにしても、自民党の体たらくは何なのだらう。ほぼ崩壊寸前の痴呆状態といつてもよい。いや、政治家ばかりではない、言論人にしても、いはゆる保守といふ言葉を振り回す人々は、何を体現し、何を保守しようといふのか、私にはまるで見えない。保守といふ「特殊な空間」のみで握手して国を思ふ気持ちの昂りをぶつけ合つて、悦に入つてゐても、この国はどこにも進まぬ。最近、幾つかの保守派の会合に顔を出してつくづくさう感じてゐる。

 とりあへず、中途半端な書き散らしの書きさしで終へるが、新首相が誰であれ、民主は小沢に牛耳られる、そは許されぬとて、みんなの党に民意が流れても、それは民主の補完にしか――つまり、民主の補強にしかならない。さういふ結果が生まれるなら、国民が左翼政権を欲したといふことなのだ。
[PR]

by dokudankoji | 2010-06-03 02:00 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/11235368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 真逆!      美しい >>