2009年 09月 04日

首の振り方


 ブルガリアの首都ソフィアに着いて三日目、異民族のジェスチャーの違ひは承知してゐるつもりだが、戸惑ふのが「はい」と「いいえ」。

 エレベーターに乗ろうとして、矢印が上を指してゐるので、確認のつもりで中にゐる人に「上?」と聞くと、にこやかに首を横に振りながら「上」と言ふ。かなりの違和感を感じた。肯定の時に首を横に、否定の時に縦に振るらしい。

 ふと考へたのだが、世界各国といふか各民族を調べたら、この縦横の首の振り方と肯定否定の関係はどうなつてゐるのだらう。どちらが多数派か、あるいは既に何らかの統計があるのかもしれない。ちよつと興味あるところだが。どなたかご存じだらうか。

 これから劇場へ行き、いよいよこちらの最後の詰めに入るが、十分な舞台稽古の時間が取れさうもない。ぶつつけ本番を覚悟してゐる。 今後、ブルガリアの旅の日記をアップする時間が余りあるとも思はれない、書ける時には書くつもりだが、その程度のものと期待なさらないで頂きたい。(ソフィア時間午前十一時過ぎ記)
[PR]

by dokudankoji | 2009-09-04 17:10 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://dokuhen.exblog.jp/tb/10183584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 世留 at 2009-09-07 12:46 x
噂によると、ブルガリアは道を行く女のひとが、ヨーグルトのおかげで全員若くてキレイなんだそうですね。ほら、やっぱり。
首を振っている。
Commented by dokudankoji at 2009-09-09 04:02
世留様 「女の人が全員若くてキレイ」といふことはありません。「若い女の人が全員キレイ」といふこともありません。しかし、キレイな人が大変多い、これは否定し得ぬ現実です。スタイルも見事としか言ひやうのない女性(男性も)が多いことも否定しがたい現実です。歴史を見れば分かりますが、多くの人種の入り混じつた結果なのでせう。稽古はそつちのけで客席の女性の姿を眼で追つてゐる演出家を叱責する毎日です。


<< 首の振り方 2      チェーホフと谷崎 >>